レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 リハビリ本新刊情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能障害科学入門

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

機能障害科学入門

【内容】

●リハビリテーション医療の治療ターゲットである機能障害を、セラピストの視点から再考
●各種機能障害の病態や発生メカニズムを、最新の研究知見から解説
●各種機能障害を理解するうえで必要となる機能解剖学的知識を、各章に網羅
●リハビリテーション医療に限らず、現在行われている医学的な治療戦略を紹介
●シンプルな単文と豊富な図表(カラー口絵あり)で、学生の理解をサポート

【目次】

1.炎症
2.急性痛
3.慢性痛
4.創傷
5.靱帯損傷
6.腱損傷
7.骨折
8.筋損傷
9.末梢神経損傷
10.筋委縮
11.関節可動域制限
12.麻痺
13.筋トーヌス異常
14.強調運動障害
15.意識障害
16.高次脳機能障害


索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

神経難病

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
神経難病
【内容】
理学療法士が携わることの多いパーキンソン病,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症などの神経難病について,新人・若手理学療法士がどう対処するかを1冊のMOOKにまとめた.各疾患についてのとらえかた,治療アプローチの原則,理学療法(介入)の実際,患者対応で注意すべきことについて解説.また,看護師・医師・作業療法士からの提言も含まれている.理学療法士の評価・治療については,ICFの分類を考慮し,構造・機能障害,活動制限および参加制約に分けて説明しているので,学生にもわかりやすい内容になっている.

【本シリーズの特色】
実践MOOK・理学療法プラクティスは,卒後間もない新人・若手理学療法士が臨床現場で知るべき臨床思考,知識,技術,手技,ノウハウを若い人向けに工夫された紙面,目次構成でわかりやすく伝達するシリーズ.今後,定期的に有益なテーマと多彩なアプローチで続々と刊行予定.

【目次】
I.神経難病のとらえ方
 1.神経難病とは?
 2.神経難病の診断のポイント
  (1)パーキンソン病の場合
  (2)脊髄小脳変性症の場合
  (3)筋萎縮性側索硬化症の場合
 3.神経難病に必要な理学療法評価とその実際
  (1)構造・機能障害の評価
   a.バイタルサインを含む全身状態の評価
   b.運動機能の評価
   c.感覚機能の評価
   d.自律神経機能の評価
   e.言語機能の評価
   f.咀嚼・嚥下機能の評価
   g.呼吸機能の評価
  (2)活動制限の評価
  (3)参加制約の評価
II.神経難病に対する治療アプローチの原則
  :ICFでみた治療目標の設定と理学療法技術─適応と治療技術のポイント─
 1.構造・機能障害に対する治療アプローチの原則
 2.活動制限に対する治療アプローチの原則
 3.参加制約に対する治療アプローチの原則
III.障害学的特徴からみた理学療法(介入)の実際
 1.パーキンソン病の場合
 2.脊髄小脳変性症の場合
 3.筋萎縮性側索硬化症の場合
IV.患者対応で注意すべきこと
V.私はこうしている
 1.看護師の立場から
  (1)在宅での工夫とは?
  (2)筋萎縮性側索硬化症患者の在宅ケアは?
 2.医師の立場から
 3.作業療法士の立場から


索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション-下肢・関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション-下肢・
(2008/09)
整形外科リハビリテーション学会

商品詳細を見る

【内容】
整形外科疾患に対する運動療法は,観血的治療であればその手術が決して一つではなく,各手術に応じて適切に展開される必要がある。また保存療法であっても,急性外傷,変性疾患,スポーツ障害等,時期に応じた病態考察と,病態に見合った運動療法の選択が,良好な結果を生む。また同じ診断名であっても,症例ごとにバリエーションが非常に多く存在し,その対応には多くの知識とともに,症例を通して考察し治療した豊富な経験が必要である。「症例から学ぶ」ことは最も基本的なスタイルであり,症例を通して何を学ぶかが,臨床家としての成長に必要なのである。本書では,治療に必要な整形外科的知識,治療,能解剖学の応用,具体的な運動療法の技術と留意点について,症例解説を通して学ぶことができる。

【序文】
 整形外科リハビリテーション学会は,1991年8月に発足した整形外科リハビリテーション研究会を前身とし,2007年1月に正式な手続きの後,晴れて「学会」としての第一歩を踏み出しました。整形外科リハビリテーション学会では,研究会時代から一貫して,「1症例を丁寧に診る」ことをベースに,症例検討を中心とした定例会,講演会,技術研修会などを月1回のペースで継続してきました。病態考察の基本には常に機能解剖学を置き,基礎医学である生理学,病理学を意識しながら「症例をいかに治療するか?」を考え,そして「治療成績」を意識した集団として大きく成長してきたのです。
 整形外科リハビリテーション学会のルーツに少し触れると,約20年前にさかのぼります。本書の編集に当たった碧南市民病院理学療法士の浅野昭裕先生と私との飲み会での雑談がすべての始まりでした。学生当時から麻雀仲丘であった私たちは,浅野先生が名古屋市,私が津市で勤務しており,互いに行き来しては美味しいものを食べ,色々な情報交換をしていました。それがいつしか自分たちの担当している症例の疑問をぶつけ合う場となり,互いの工夫や考え方,それにより症例はどのように治っていったかを,半分自分の自慢話のように語り合っていました。特に浅野先生が臨床2年目に中部労災病院へと異動し,そこで整形外科疾患を多く担当するようになってから,我々の飲み会の回数は飛躍的に増えたように記憶しています。整形外科としての知識は,私の師匠である整形外科医の加藤明先生にいち早く教えを頂いていた関係で,最初は浅野先生から質問されることが多かったように思いますが,碧南市民病院の開設とともに本格的に整形外科運動療法をスタートしてからは,浅野先生の深い洞察と観察,そしてきっちりとした解剖学,生理学,運動学にその根拠を求める真摯な姿勢に,途中からはむしろ私の方が浅野先生に引っ張って頂いた感がありました。このような経緯で我々が臨床6年目に,同じく編集を担当して頂いた岸田敏嗣先生の協力を得て整形外科リハビリテーション研究会を発足させたのでした。
 整形外科リハビリテーション学会の治療に関するコンセプトは,私の師匠である加藤明先生の教えを抜きには語れません。私が臨床1年目より指導をいただき,医療の基本とともに「治す」ということへの揺るぎないハートを植え付けて頂きました。当時は知識,技術とも未熟で,本当に思ったように患者は回復せず,総回診のたびに患者の前で叱られ,その後患者から「私が頑張らなかったからだから林先生のせいじゃないよ!」と言われるたびに,よけいにつらかったことを未だに覚えています。今思えば,理論的に良くなる症例だけを,私の実力をみながら処方されていたわけですが,それに気づいたのは2~3年経過した頃でした。手術がないときは常にリハ室で患者とともに私のへたくそな技術をみて頂き,少し勉強して症例についての会話が整形外科学の中で多少出来るようになってきた頃からは,さらに実践的な知識や根本的な治療の考え方を教えて頂きました。現在の学会の知識ならびに技術の根底には「加藤イズム」が脈々と流れていることを若い先生方には知っていてもらいたいのです。整形外科運動療法を実践していく上で私が教えられた6つのコンセプトを紹介します。

 1.骨は曲がったり捻ったりすれば折れます。
 2.骨は骨折以外はほとんど痛みません。
 3.筋肉は線維方向にしか収縮しません。
 4.萎縮した筋肉は引っ張っても伸びません。
 5.靭帯は引っ張ったら切れるだけです。
 6.神経は理学療法ではよくなりません。

 これらのことが本当に解ってきたとき,すばらしい整形外科リハビリテーションを実施しているあなたがいるはずです。

 おかげさまで『運動療法のための機能解剖学的触診技術』が好評のうちに世の中に受け入れられ,今度は触診技術をマスターできたセラピストに役に立つ企画が必要となりました。ふと気づくと,整形外科リハビリテーション研究会の時代に検討した症例や学術集会で発表された症例は数百に及んでいました。これらを掘り起こし,若いセラピストが症例を担当する際に,最低限知っておくべき知識,症例を通した治療経過と成績,症例を治すためにポイントとなる技術を『上肢』『下肢・体幹』の2冊にまとめることになりました。整形外科では同じ上腕骨頚部骨折でも,選択される治療方針により行われるべき運動療法は異なります。このあたりが臨床の難しさであり,面白さでもあります。本書が整形外科運動療法に携わる若いセラピストの道しるべとして,そしてさらに深い知識と高い技術を求めるきっかけとしてお役に立てば幸いです。今後はさらに整形外科リハビリテーション学会で検討されたり学術集会で発表されたりする症例も追加していく必要があるでしょう。そのために会員の臨床成績へのこだわりと情熱を,そして臨床から生まれた生きた記録を,積極的に発表して頂くことを期待します。
 最後になりましたが本書の発刊の機会を与えて頂きましたメジカルビュー社,ならびに編集企画においてご協力頂きました編集部の安原範生氏にお礼申し上げるとともに,今回執筆して頂いた多くの整形外科リハビリテーション学会の会員諸氏,そして大変な編集作業に尽力頂いた碧南市民病院の浅野昭裕先生,国立病院機構東名古屋病院附属リハビリテーション学院の岸田敏嗣先生,中部学院大学の鵜飼建志先生に心より感謝申し上げます。

 2008年8月
整形外科リハビリテーション学会代表理事
中部学院大学リハビリテーション学部教授
理学療法士 林 典雄
引用
【目次】
股関節   
 1 梨状筋症候群に対する運動療法 
  梨状筋症候群における神経絞扼(entrapment)の解剖学的ポイント 
  股関節外旋筋群と股関節運動軸との関係 
  Case Study 両側性股関節殿筋内脱臼に梨状筋症候群を併発した1例 
 2 大腿骨頚部骨折に対するハンソンピンによる骨接合術後の運動療法 
  大腿骨頭の栄養血管 
  大腿骨近位部の骨梁構造 
  Case Study ハンソンピンによる骨接合術を行った大腿骨頚部骨折の1例 
 3 大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術後の運動療法 
  大腿骨頚部骨折における分類 
  バイポーラ型人工骨頭の理論 
  Case Study 人工骨頭置換術を施行した大腿骨頚部骨折の1例 
 4 変形性股関節症に対する機能的運動療法 
  大腿骨頭の被覆と骨頭安定化の関係 
  股関節外転角度の違いによる中殿筋収縮と剪断力との関係 
  Case Study 変形性股関節症に対し機能的骨頭被覆訓練が有効であった1例 
 5 人工股関節全置換術後の運動療法 
  THAにおける脚延長と神経障害発生の関係 
  坐骨神経の走行解剖と運動に伴う神経緊張の変化 
  Case Study 術後坐骨神経障害が出現したTHA後の運動療法の1例 
 6 変形性股関節症に対する寛骨臼回転骨切り術後の運動療法 
  RAOの手術法の概略 
  Powelsの理論とRAO 
  Case Study 変形性股関節症に対しRAOを施行した1例 
 7 両側変形性股関節症に対する人工股関節全置換術後の運動療法 
  変形性股関節症の病期分類 
  中殿筋機能の見方-トレンデレンブルク歩行とデュシェンヌ歩行 
  Case Study 両側変形性股関節症に対しTHAを施行した1例 
 8 寛骨臼回転骨切り術後の運動療法 
  股関節の関節包,靱帯の解剖と臼蓋回転に伴う緊張の変化 
  股関節周辺靱帯,関節包の運動による緊張の変化 
  Case Study 股関節屈曲制限の改善に難渋したRAO後の1例 
 9 大腿骨転子下骨折に対する運動療法 
  転子下骨折が不安定な骨折とされる理由 
  プレート固定術に伴う侵襲と解剖学との関連 
  Case Study ロングプレートにより骨接合を行った転子下骨折の1例 
 10 大腿骨転子部骨折に対する運動療法 
  大腿骨転子部骨折の分類(Evansの分類) 
  大腿骨転子部骨折に用いられるラグスクリュー(lag screw)の理論 
  Case Study 著明なテレスコーピング現象により疼痛が生じた大腿骨転子部骨折の1例 
膝関節   
 1 脛骨外側高原骨折(分裂陥没型)に対する運動療法 
  脛骨高原骨折(Hohlの分類とHohlの治療成績評価基準) 
  膝関節屈曲に伴う脛骨顆部と大腿骨顆部の接点の変化(roll back機構) 
  Case Study 脛骨外側高原骨折(分裂陥没型)に対する運動療法の1例 
 2 膝関節授動術後の運動療法 
  関節鏡視下授動術の一般的な手順と拘縮の好発部位 
  膝蓋上嚢の癒着によるROM制限の病態 
  Case Study 膝関節授動術後の運動療法の1例 
 3 大腿骨顆部開放骨折に対するプレート固定術後の運動療法 
  大腿骨顆部・顆上骨折に対するAOの分類 
  AOの分類タイプC2に対するプレート固定 
  Case Study 遠位骨片の伸展転位を伴った大腿骨顆部開放骨折の1例 
 4 大腿骨骨幹部骨折に対する髄内釘骨接合術後の運動療法 
  大腿骨骨幹部骨折の分類 
  大腿骨骨幹部骨折の際の周辺筋群による骨片転位の方向 
  Case Study 髄内釘による骨接合術が行われた大腿骨骨幹部骨折の1例 
 5 顆間隆起骨折に対する運動療法 
  顆間隆起骨折の分類 
  膝蓋骨の周辺組織の解剖と瘢痕化に伴う膝蓋骨の運動制限 
  Case Study 顆間隆起骨折に対しギプス固定による保存療法が行われた1例 
 6 開放性膝蓋靱帯断裂に対する運動療法 
  膝蓋靱帯断裂 
  膝関節屈曲に伴う膝蓋骨の運動軌跡について(骨運動学) 
  Case Study 刈払機により受傷した開放性膝蓋靱帯断裂の1例 
 7 膝蓋骨骨折に対するZuggurtung法(tension band wiring法)後の運動療法 
  膝蓋骨骨折の概要 
  Zuggurtung法の理論と運動療法との関連性 
  Case Study Zuggurtung法を用いた膝蓋骨骨折の1例 
 8 膝蓋骨および下腿開放粉砕骨折に対する運動療法 
  開放骨折の分類 
  開放骨折に対する整形外科的初期治療 
  Case Study 膝蓋骨および下腿開放粉砕骨折の1例 
 9 膝関節拘縮予防を目的に実施された下肢直達牽引中の運動療法 
  股関節脱臼骨折に対する下肢直達牽引の目的と実際 
  関節の固定に伴う膝周辺組織の病理的変化 
  Case Study 膝関節拘縮予防を目的に下肢直達牽引中から運動療法を実施し得た1例 
 10 floating knee fracture(Fraser I型)に対する運動療法 
  floating knee fracture(Fraserの分類)と各タイプの機能予後 
  Fraserの分類の違いによる整形外科的治療の違い 
  Case Study floating knee fracture(Fraser I型)に対する運動療法の1例 
 11 膝関節屈曲拘縮に対する新しい持続伸張法 
  膝関節屈曲拘縮の解剖学的要因 
  本持続伸張法の理論的背景 
  Case Study 膝関節屈曲拘縮に対し新しい持続伸張法を試みた1例 
 12 外傷性大腿四頭筋血腫後の膝関節可動域制限に対する運動療法 
  筋挫傷の分類(Jacksonらの分類) 
  アイシングの生理的メカニズム 
  Case Study 外傷性大腿四頭筋血腫後に膝関節ROM制限を呈した1例 
 13 腸脛靱帯炎を合併した分裂膝蓋骨に対する運動療法 
  有痛性分裂膝蓋骨の分類と病態 
  分裂部に作用する力学的要因 
  Case Study 分裂膝蓋骨に腸脛靱帯炎を合併した1例 
 14 膝深屈曲可動域制限に対する運動療法 
  膝深屈曲時の運動学 
  深屈曲ROM制限因子 
  深屈曲ROM獲得方法 
  Case Study 膝関節における深屈曲ROM制限に対する運動療法の1例 
 15 膝関節鏡視下手術後の膝蓋大腿関節障害に対する運動療法 
  膝関節鏡視下手術の概要 
  膝関節鏡視下手術後の膝蓋大腿関節痛の解釈 
  Case Study 膝関節鏡視下手術後に膝蓋大腿関節痛を呈した1例 
 16 腸脛靱帯炎に対する運動療法と足底挿板療法 
  腸脛靱帯の解剖学的特徴 
  腸脛靱帯炎の疼痛誘発テスト 
  Case Study 運動療法と足底挿板が有効であった腸脛靱帯炎の1例 
 17 膝前面打撲後の膝窩部痛に対する運動療法 
  後外側支持機構(PLS)の解剖とPLRIの病態 
  PLRIと膝窩筋痛との関係 
  Case Study 膝前面打撲後に膝窩部痛が出現した1例 
 18 Osgood-Schlatter病に対する運動療法 
  Osgood-Schlatter病の整形外科的基礎知識 
  大腿四頭筋による脛骨粗面の牽引力 
  Case Study 運動療法が有効であったOsgood-Schlatter病の1例 
 19 変形性膝関節症に対する運動療法 
  変形性膝関節症の病期分類 
  アライメントの評価 
  Case Study 変形性膝関節症に対する保存療法として運動療法が有効であった1例 
 20 前十字靱帯再建術後の免荷時期の運動療法 
  ACLの解剖学と機能 
  ACL損傷における徒手的検査法 
  Case Study ACL再建術を施行した1例 
 21 前十字靱帯再建術後の荷重時期の運動療法 
  膝関節における回旋不安定性と筋による制動(安定化)作用 
  スポーツ復帰のためのトレーニングの実際と工夫 
  Case Study ACL再建術を施行した1例 
 22 膝内側側副靱帯損傷後の膝蓋大腿関節痛に対する運動療法 
  膝関節内側側副靱帯の解剖と機能 
  膝関節内側側副靱帯損傷の損傷グレードと徒手検査法 
  Case Study 膝内側側副靱帯損傷後に膝蓋大腿関節痛を呈した1例 
 23 後十字靱帯付着部裂離骨折に対する運動療法 
  PCLの解剖と機能 
  PCL損傷に特徴的な臨床所見と徒手検査 
  Case Study PCL付着部裂離骨折に対する運動療法の1例 
 24 後十字靱帯損傷後のanterior knee pain症状に対する運動療法 
  Q-angleを増大させる要因とAKPの発生 
  関節肢位とQ-angleの関係 
  Case Study PCL損傷後,AKP症状を呈した1例 
 25 一般的な人工膝関節全置換術に対する運動療法 
  TKA後の運動療法 
  膝屈曲時の皮膚の伸張と滑走 
  Case Study 一般的なTKAに対する運動療法の1例 
 26 TKAコンポーネントの違いと運動療法 
  TKAコンポーネントのタイプと特徴 
  各種TKAのキネマティクス(kinematics) 
  Case Study TKAコンポーネントの違いと運動療法 
 27 人工膝関節置換術術後感染による再置換術後の運動療法 
  TKA再置換術について知っておくべき整形外科的知識 
  初回置換術と再置換術の術式の違い,目的の違い 
  Case Study TKA術後感染により再置換術を施行した1例 
 28 反復性膝蓋骨脱臼に対する運動療法 
  膝蓋骨の脱臼分類と診断 
  膝蓋骨の安定性における機能解剖 
  Case Study 反復性膝蓋骨脱臼に対する運動療法の1例 
 29 半月板部分切除後の歩行障害に対する運動療法 
  半月板損傷の分類と診断 
  半月板の運動に関わる機能解剖学 
  Case Study 半月板部分切除後に歩行障害を呈した1例 
 30 アライメント異常が原因で生じた鵞足炎に対する運動療法 
  鵞足炎に対するトリガー筋鑑別テスト 
  鵞足構成筋と膝関節安定性との機能解剖学的関係 
  Case Study アライメント異常が原因で生じた鵞足炎に足底挿板が有効であった1例 
足関節・足   
 1 足外側側副靱帯損傷に対する運動療法 
  足LCL損傷に特徴的な理学所見と整形外科的治療 
  足LCLのバイオメカニクス 
  Case Study 足LCL損傷に対する運動療法の1例 
 2 Morton病に対する足底挿板療法 
  特徴的な理学所見と一般的な整形外科的治療法 
  前足部横アーチと指神経の機能的関係 
  Case Study 足底挿板療法を施行したMorton病の1例 
 3 アキレス腱断裂縫合術後の運動療法 
  アキレス腱断裂の特徴と臨床所見 
  アキレス腱における縫合法と組織修復過程 
  Case Study アキレス腱断裂縫合術後の運動療法の1例 
 4 シンスプリントに対するタイプ別足底挿板療法 
  シンスプリントに関する整形外科的知識 
  後足部のタイプ分類と疼痛の発生メカニズム 
  Case Study シンスプリントに対するタイプ別足底挿板療法 
 5 下腿開放骨折後の遷延治癒による歩行障害に対する足底挿板療法 
  長管骨骨折遷延治癒例において考えられている原因と整形外科的対策 
  toe out歩行において生じる力学的負荷に対する生体の反応 
  Case Study 下腿開放骨折後の遷延治癒例に生じた歩行障害に対し足底挿板が有効であった1例 
 6 急性下腿コンパートメント症候群に対する運動療法 
  下腿コンパートメント症候群 
  下腿コンパートメント症候群の臨床所見と治療 
  Case Study 打撲に伴う急性下腿コンパートメント症候群により著明な背屈制限を呈した1例 
 7 第I・II楔状骨間離開に対する運動療法 
  リスフラン関節周辺の解剖と報告されている各種スポーツ障害 
  第I・II楔状骨間離開の発症メカニズム 
  Case Study ジャンプの着地時に発生した第I・II楔状骨間離開の1例 
 8 踵骨骨折に対する運動療法
  踵骨骨折の分類 
  踵骨骨折に対する北田法の理論的背景 
  Case Study 踵骨骨折に対し北田法が施行された1例 
 9 足関節脱臼骨折に対する運動療法 
  足関節背屈制限の要因 
  歩行に必要な足関節ROM 
  Case Study 補高により背屈制限の改善をみた足関節脱臼骨折の1例 
 10 Lauge-Hansenの分類SAタイプに対する運動療法 
  Lauge-Hansenの分類SAタイプ 
  SAタイプにおいて考えられる軟部組織損傷 
  Case Study Lauge-Hansenの分類SAタイプに対する運動療法の1例 
 11 Lauge-Hansenの分類SER IV型に対する運動療法 
  Lauge-Hansenの分類SERタイプ 
  三角靱帯の機能解剖 
  立位時アーチ機構への機能的意義 
  Case Study Lauge-Hansenの分類SER IV型に対しギプス固定中から運動療法を実施し得た1例 
 12 Lauge-Hansenの分類PER IV型に対する運動療法 
  Lauge-Hansenの分類PERタイプ 
  ankle ringに基づくLauge-Hansen分類の理解とPER Ⅳ型骨折 
  Case Study Lauge-Hansenの分類PER IV型に対する運動療法の1例 
 13 足関節三果骨折後の底屈位ギプス固定に対するギプス開窓下での早期運動療法 
  三果骨折における骨接合術と固定の原則 
  底屈位ギプス固定における足関節周囲軟部組織の緊張と拘縮要因 
  Case Study 足関節三果骨折後の底屈位ギプス固定に対しギプス開窓下早期運動療法を実施し
   得た1例 
 14 Pilon骨折に対する簡易装具療法 
  Pilon骨折の分類(Ruediの分類)と一般的な成績 
  距骨と下腿遠位部の解剖学的特徴とPilon骨折への関与 
  Case Study Pilon骨折に距骨体部骨折を合併した例に対し角度調節可能な簡易夜間装具が有効
   であった1例 
 15 内果骨折後生じた足根管症候群に対する運動療法 
  足根管症候群の病態と鑑別 
  本症例における足根管症候群の発症メカニズムと機能解剖学的解説 
  Case Study 内果骨折後に生じた足根管症候群に対する運動療法の1例 
 16 足舟状骨脱臼骨折後にみられた歩行時痛に対する運動療法 
  舟状骨脱臼骨折の分類(Sangeorzanの分類)と発症メカニズム 
  舟状骨を中心として捉えた足部アーチ構造の解剖学的説明 
  Case Study 足舟状骨脱臼骨折後にみられた歩行時痛に対する運動療法の1例 
 17 距骨頚部骨折に対する運動療法 
  距骨骨折の特徴 
  距骨における骨外血行と骨内血行 
  Case Study 距骨頚部骨折に対する運動療法の1例 
体幹   
 1 思春期腰椎分離症新鮮例に対する運動療法 
  思春期腰椎分離症(思春期分離)の診断 
  思春期分離における椎弓骨折のメカニズム 
  Case Study 思春期腰椎分離症新鮮例に対する運動療法の1例 
 2 腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法 
  MRI像によるLDHの分類 
  各種姿勢における椎間板内圧の違い 
  Case Study 座位姿勢における腰下肢痛を主訴とするLDHに対する運動療法の1例 
 3 腰部変性後彎症に対する背筋訓練 
  LDKに伴う間欠性腰痛の診断基準 
  姿勢変化に伴う背筋内圧の変化 
  Case Study LDKに対し背筋訓練が有効であった1例 
 4 慢性腰痛に対する運動療法 
  椎間関節の神経支配と多裂筋の解剖学的関係 
  腰椎における椎間関節の形態的特徴と著明な回旋制限 
  Case Study 20年来の慢性腰痛に対し運動療法が有効であった1例 
 5 仙腸関節性梨状筋症候群に対する運動療法 
  仙腸関節障害を示唆する徒手検査 
  仙腸関節における運動学 
  Case Study 股関節障害を基盤として発症した仙腸関節性梨状筋症候群の1例 
 6 馬尾性間欠跛行に対する運動療法 
  脊柱管内静脈の解剖学 
  姿勢変化に伴う硬膜外圧の変化 
  Case Study 股関節の屈曲拘縮により発症した馬尾性間欠跛行に対する運動療法の1例 
 7 伸展型腰痛に対する運動療法 
  hip-spine syndromeの定義 
  腰椎骨盤リズムと股関節屈曲拘縮との関係 
  Case Study 股関節ROM制限に起因し発症した伸展型腰痛に対する運動療法の1例 

付録1   
 1 小転子骨折を合併した大腿骨転子部骨折の1例 
 2 ポリオによる麻痺側の高位脱臼股に対してTHAを施行した1例 
 3 多発骨折に膝複合靱帯損傷を合併した1例 
 4 後内側骨片を有した脛骨高原骨折の1例 
 5 脛骨近位骨端線損傷の1例 
 6 大腿骨転子部骨折に対するCHS術後に生じた膝前面痛の1例 
 7 創外固定器を用いた小児大腿骨骨幹部骨折の1例 
 8 血管移植を行った大腿骨骨幹部開放骨折の1例 
 9 ギプス固定中からの運動療法を実施し得た脛骨高原骨折保存療法の1例 
 10 脛骨粗面裂離骨折を伴う高原骨折の1例 
 11 術後2年フォローした膝蓋靱帯断裂の1例 
 12 外傷性大腿血腫後骨化性筋炎の1例 
 13 膝蓋支帯断裂を伴った膝蓋骨骨折の1例 
 14 ランニングおよびサイドキック時に縫工筋痛を訴えた1例 
 15 腸脛靱帯炎を呈した中距離ランナーの1例 
 16 Sever病に対する足底挿板療法の1例 
 17 有痛性外脛骨障害に対する足底挿板療法の1例 
 18 長母指伸筋腱断裂修復術後の1例 
 19 母指MTP関節背側脱臼の1例 
 20 足関節前方のimpingement exostosisの運動療法 
 21 足根洞症候群に対する足底挿板療法の1例 
 22 馬尾性間欠跛行と仙腸関節痛が混在した1例 
 23 腰椎分離すべり症に馬尾性間欠跛行が出現した1例 
付録2   
 1 足関節果部骨折後ギプス固定角度がその後の可動域改善に及ぼす影響 
 2 下腿外旋制動テーピングが内側広筋斜走線維に及ぼす影響 
 3 足底テーピングが足部内在屈筋力に及ぼす影響 
 4 荷重位足部X線の背底像と側面像との関係 
 5 フットプリント上での異常所見と荷重位足部X線像との関係 
 6 内側広筋における筋線維角の特徴 
 7 中足骨横アーチと足指屈筋力との関係 
 8 内側膝蓋支帯と膝関節包の間に存在する滑液包 
引用
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

banner2.gif

8月のリハビリ新刊書籍入荷しました。

正式HPはコチラです。覗いて見て下さいね。
リハビリテーションライブラリー


高齢者のための転倒予防10種運動 (シニアライフ・シリーズ 21)高齢者のための転倒予防10種運動 (シニアライフ・シリーズ 21)
(2008/08)
小林 量作

商品詳細を見る
運動器リハビリテーションクルズス―スペシャリストを目指す人のために運動器リハビリテーションクルズス―スペシャリストを目指す人のために
(2008/08)
岩谷 力黒沢 尚

商品詳細を見る



壊れた福祉壊れた福祉
(2008/08/01)
中里 憲保

商品詳細を見る



ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際
(2008/08)
伊藤 利之鎌倉 矩子

商品詳細を見る



リウマチ上肢の再建手術―満足するADL・QOLを獲得する手技のコツ (OS NOW Instruction整形外科手術の新標準 No. 7)リウマチ上肢の再建手術―満足するADL・QOLを獲得する手技のコツ (OS NOW Instruction整形外科手術の新標準 No. 7)
(2008/08)
金谷 文則

商品詳細を見る



高齢者のための転倒予防10種運動
運動器リハビリテーションクルズス―スペシャリストを目指す人のために
壊れた福祉
ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際
リウマチ上肢の再建手術―満足するADL・QOLを獲得する手技のコツ
新刊5冊を入荷しました。




カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。