レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 脳画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PT・OT・STのための脳画像のみかたと神経所見

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

PT・OT・STのための脳画像のみかたと神経所見

【内容】

あなたにはどう見える? あなたは何を考える?
脳血管障害、頭部外傷、頭蓋内腫瘍のなかでも特にPT・OT・STがかかわることの多い脳血管障害を重点的に取り上げた自学自習書の改訂第2版。学生や若手セラピストの方々が画像の読影力を養い、脳内の変化と症状の関連を理解することを目的とし、CD-ROMによる画像問題演習を重視した初版をさらに使いやすく再構成した。

【序文】

第2版の序

 CT・MRIを主とする脳画像診断が進歩した現在,これらの診断機器がなければ神経疾患の診断・治療は不可能といっても過言でない.
 著者の一人(森)はこれまでコメディカル,特に理学療法士・作業療法士を目指す学生に神経学の講義を行ってきた.限られた時間の講義で,「いかにして神経所見をつかみ,脳画像所見と結びつけ,患者の持つ障害を評価し,その障害を最小限にくいとめるか」を学習目標としてきた.
 最近,講義の際に,学生諸君から比較的新しい脳画像検査について質問を受けるようになった.脳の新しい画像検査法が用いられるようになると当然,画像所見のみかたと同時に,検査の進めかたも解説しなければならない.そこで,脳画像検査の新しい情報を盛り込んだテキストの必要を感じるようになった.
 今日の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は,チーム医療のスタッフとして早期から脳疾患の治療に介入するため,患者の病態を画像により評価し治療に役立てることが求められている.このような事情から執筆したのが,既刊『PT・OTのための脳画像のみかたと神経所見(ハイブリッドCD-ROM付)』の改訂版である本書である.この改訂版でも初版の執筆方針を踏襲したが,脳画像の正常解剖については読者からの要望もあり,CT・MRIの各断層像の解剖を詳しく述べることにした.今版も臨床で遭遇する頻度の高い脳神経外科の三大疾患である脳血管障害(脳卒中),頭部外傷(脳外傷),頭蓋内腫瘍(脳腫瘍)の3つを重点的に取り上げ,症例の中で古い機種で撮像された画像はできるだけ新しい機種で撮像した質のよい画像に替えた.そして,初版で多くを取り上げられなかった脳卒中の中でも遭遇する機会が多くなった脳梗塞については急性期に重点を置いて,その画像検査に関して詳しく解説することにした.
 最近は画像検査の主流はCTからMRIへと変わったが,まだMRIが導入されていない施設もある.そのような際,CTのみでどのように病態をつかむかについても触れた.
 本書では,画像のみかたの入門編として,画像所見と神経所見が一致しやすい限局性病変を呈する疾患を集めて解説した.鶴見先生には脳画像の理解がなぜ大切なのかを冒頭(はじめに)で述べていただき,脳神経疾患の理学・作業・言語聴覚療法のポイントを11章としてまとめていただいた.自学自習では付録CD-ROMを大いに活用していただきたい.
 また,画像診断学の発展的な知識はcolumnとして取り上げ,CD-ROM内で解説した.

 今回の改訂にあたって,もみのき病院内田泰史理事長,森木章人院長,主任放射線科技師水口紀代美さん,高知医療センター脳神経外科森本雅徳部長,福井直樹医長,島津病院島津栄一理事長,三宅 晋院長に新しい脳画像を提供していただいたので,ここにお礼を申し上げます.
 また,医学書院書籍編集部の坂口順一氏,菅 陽子氏,制作部の岡田幸子氏には大変お世話になりました.ここに感謝申し上げます.

 2010年7月
 高知大学名誉教授
 森 惟明

【目次】

はじめに なぜ脳画像の理解が必要なのか

I 基礎知識編
 1.脳神経疾患と画像診断
 2.脳画像をみるために必須の神経解剖
 3.脳画像検査の種類と特徴
 4.神経所見のとらえかた

II 症例編
 症例画像をみる前に
 5.脳血管障害(脳卒中)〈症例数49〉
 6.頭部外傷(脳外傷)〈症例数6〉
 7.頭蓋内腫瘍(脳腫瘍)〈症例数5〉
 8.その他の神経疾患〈症例数3〉

III 治療編
 9.薬物療法
 10.手術療法・低侵襲治療
 11.理学・作業・言語聴覚療法

付録
参考文献
索引


にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

脳機能画像解析入門

正式HPはリハビリテーションライブラリー覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
脳機能画像解析入門脳機能画像解析入門
(2007/04)
不明

商品詳細を見る

【内容】
機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による,脳画像解析の入門的解説書.実践編・理論編に分け,画像解析を行うためのSPM(ソフト)の使いこなし方を平易かつビジュアルに紹介.
【目次】
刊行にあたって(米本恭三)
 はじめに(著者一同)
実践編
1章 fMRIの使いこなし方(妹尾淳史)
 1 fMRIの実験概要
  fMRIとは何か/fMRIで何がわかるのか/fMRIの実験手順/fMRIの実験デザインと撮像
 2 fMRIに関する注意事項
  fMRIの一般的な注意事項/fMRIの禁忌事項/被験者に対するインフォームドコンセント
 3 fMRIの実験に必要な機材
  視覚刺激実験に必要な機材/聴覚刺激実験に必要な機材/運動刺激実験に必要な機材
 4 fMRIの撮像
  用語説明/fMRI撮像の手順/画像データの転送・保存
 5 画像保存形式の変換
  テキストファイル形式とバイナリファイル形式/画素あたりの情報量と階調度との関係/画像ファイルの構造/画像の保存形式と形式変換の必要性について
 6 SPMによるDICOM形式からAnalyze形式への画像変換
 7 MRIcroによるDICOM形式からAnalyze形式への画像変換
  MRIcroのダウンロードとインストール/DICOM形式からAnalyze形式への変換次元画像から3次元画像への変換(ボリュームデータへの切り出し)
2章 SPMの使いこなし方(菊池吉晃)
 1 SPM2を使うために
  SPM2をダウンロードする/SPM2を用いたfMRIデータ処理のための準備/SPM2を起動する
 2 SPM2による前処理(Preprocessing)
  脳画像の動きの補正(Realignment)/fMRIデータの標準脳への変換(Spatial Normalization)/fMRIデータの空間的平滑化(Spatial Smoothing)
 3 脳の賦活画像の作成
  個人解析/デザインマトリクスの作成(Model Specification)/デザインマトリクスにデータを組み込む(Data Specification)/各条件の重みを推定する(Estimation)/コントラストの作成と結果の表示(Contrasts)
 4 集団解析
  個人解析から集団解析へ/集団解析のための準備/変量効果による集団解析
3章 拡散テンソルの解析方法(妹尾淳史)
 1 拡散テンソル解析の概要
  拡散現象とは何か/拡散テンソル解析で何がわかるのか
 2 拡散強調画像の撮像
  拡散強調画像の撮像手順/拡散強調画像の撮像パラメータ/拡散強調画像の歪み補正/拡散テンソル画像からのFAマップの計算/FAマップの解剖と正常値
 3 SPMの操作による健常例および疾患例―FAマップの標準化とグループ化
  FAマップのグループ化の概要
 4 SPMによる拡散テンソル解析の実際
  健常例データベースと疾患例の比較の実際
4章 fMRIの応用―言語系と運動系(安保雅博,渡邉 修,米本恭三)
 1 言語系
  Brodmann's areas(BA),領域名,解剖学名/話す・読む・書くについて/発話について/失語症のfMRI/自験例の紹介/今後の失語症のfMRIの方向性
 2 運動系
  随意運動における神経基盤の解明/脳の可塑性に関する研究
理論編
5章 fMRIと拡散テンソル解析の理論(妹尾淳史)
 1 MRIの理論
  MRIとfMRIの違い/MRIの理論/fMRIの解析法の変遷/fMRIの安全性
 2 拡散テンソル解析
  ブラウン運動と拡散との関係/拡散強調撮像法の理論/拡散テンソルとは/拡散テンソルの算出法/ADCとFAの算出法/SPM以外の拡散テンソル解析
6章 SPMの理論(月本 洋)
 1 SPMの概要
 2 前処理
  位置補正/標準化/平滑化
 3 一般線形モデル
  一般線形モデルとは/fMRIデータで一般線形モデルを解説する
 4 検定
  基礎事項/fMRIデータで検定を解説する/t検定/F検定
 5 分散分析
 6 回帰分析
  1変数の回帰分析(単回帰分析)/多変数の回帰分析(重回帰分析)/回帰式に関するt検定
 7 ランダム場理論(random field theory)
  多重比較問題とボンフェローニ(Bonferroni)補正/空間的相関と独立な値の数/ランダム場理論を用いた手順/FWEとFDR
 8 変量効果解析(random effects analysis)
7章 先端的な解析手法(月本 洋)
 1 独立成分分析
  独立成分分析とは/独立成分分析のfMRIデータへの適用
 2 論理回帰分析
  SPMの問題点とその解決法/論理回帰分析の概要/ノンパラメトリック回帰分析/ルール抽出/左手タッピングの実験/人工データを用いた実験
 3 fMRIと拡散テンソル画像の融合(論理回帰分析の展開)
  fMRIの問題点とその解決法/聴覚課題の実験
索引

CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 第1巻 頭部・頸部

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 第1巻 頭部・頸部CT/MRI画像解剖ポケットアトラス 第3版 第1巻 頭部・頸部
(2008/04/03)
町田 徹

商品詳細を見る


―目次―

頭部 CT
 頭部 CT 軸位断(眼角耳孔線基準) 
 頭部 CT 血管支配領域(軸位断) 
 頭部 CT 神経機能系(軸位断) 
 側頭骨錐体 CT 軸位断 
 頭部 CT 冠状断 
 顔面骨区域 冠状断 
頭部 MRI
 頭部 MRI 軸位断(水平面) 
 頭部 MRI 血管支配領域(軸位断) 
 頭部 MRI 矢状断 
 頭部 MRI 血管支配領域(矢状断) 
 頭部 MRI 冠状断 
 頭部 MRI 血管支配領域(冠状断) 
 頭部 MRI 神経機能系(冠状断) 
 頭部 MRA 動脈 
 頭部 MRA 静脈 
頸 部
 頸部 軸位断 
 頸部リンパ節 軸位断 
 頸部組織間隙 軸位断 
 喉頭 軸位断 
 頸部 矢状断 
 頸部組織間隙 矢状断 
 頸部 冠状断 
引用

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。