レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 評価、検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリテーションに役立つ骨関節X線像のみかた

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

リハビリテーションに役立つ骨関節X線像のみかた

【内容】

●月刊「Clinical Rehabilitation」の2009年11月号~2010年10月号に連載し好評を得た「リハビリテーションに役立つ骨関節X線像のみかた」12回分をまとめた書籍.
●整形外科的疾患をみる機会の多いリハビリテーション医療者にとって,画像診断は必須である. CT,MRI,超音波など画像技術は日々格段の進歩を遂げているが,画像の基本となるX線の重要性はいまにいたるまでも変わってはいない.
●本書では,関節ごとのX線写真を中心に,そのみかたなどについて詳細に解説した.リハビリテーション医療者にとって必要なポイントを理解したうえでX線写真を読みとることができ,ついには総合的な診断につなぐことができるようになることをめざした.
●リハビリテーション医,PT,OT,整形外科医,およびその他リハ・スタッフの方々に,ぜひ手にとっていただきたい一冊

【目次】

序文(白倉賢二)
1 手指(CM関節を含む)(酒井昭典)
 外傷
 変形性関節症
 炎症性疾患
 骨軟部腫瘍・その他
2 手根骨(柿木良介)
 解剖
 手関節部X線の撮影
 各手根骨について
 単純X線像の読影法
3 肘関節・前腕(伊藤恵康 岩部昌平 古島弘三 三村聡男)
 正常肘関節像
 小児のX線像読影のポイント
 スポーツ障害:いわゆる野球肘
 骨折・脱臼後の変形,拘縮
 変形性肘関節症
 先天異常
4 肩関節(中川照彦)
 肩関節X線撮影方法
 正常肩関節X線所見
 肩関節疾患および外傷の各論
 リハビリテーション施行上の注意点
5 脊椎(1)頸椎(木村慎二)
 頸椎X線撮影方法
 正常頸椎X線所見
 頸椎X線像における計測値
 頸椎X線像における異常所見
 リハビリテーション施行上の注意
6 脊椎(2)胸椎,側弯症を含む(今釜史郎 松山幸弘)
 X線前後像
 X線側面像
 代表疾患:脊柱側弯症
7 脊椎(3)腰椎(矢吹省司)
 腰椎X線検査の位置づけ
 どこをみるか
 腰椎X線検査の後に何をする必要があるか
8 股関節(成人の股関節疾患)(助崎文雄)
 読影の手順
 主な疾患のX線像の特徴
9 膝関節/小林龍生(三尾健介 金子大毅)
 大腿脛骨関節
 膝蓋大腿関節
 顆間窩
10 足関節(下腿を含む)(神戸克明)
 下腿の外傷
 下腿の障害
 足関節の傷害
 距骨骨折と踵骨骨折
11 足部足趾(森田定雄)
 骨折
 慢性疾患
12 骨系統疾患(芳賀信彦)
 骨密度と易骨折性
 管状骨の短縮と低身長
 骨端異形成と変形性関節症
13 骨軟部腫瘍(柳川天志)
 良性骨腫瘍
 悪性骨腫瘍
 軟部腫瘍
14 小児(宮嵜 治)
 骨格の発生と成長
 先天性股関節脱臼,臼蓋形成不全
 骨髄炎および化膿性関節炎
 ペルテス病
 大腿骨頭すべり症

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

リハビリテーション評価ポケットマニュアル

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。


リハビリテーション評価ポケットマニュアル

【内容】

●臨床現場で日常使われているスタンダードな評価法を中心に取り上げた!
●評価法のポイント,解釈を明快,簡潔にまとめ,ひと目で理解しやすいレイアウト!
●忙しい臨床現場で,いつでもどこでも読めるハンディなポケットサイズ.
●リハビリテーション科研修医や専門医を目指す医師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,看護師など,リハビリテーションスタッフに共通の必携書!

【目次】

I.評価の目的と重要性(正門由久)
 1.リハビリテーションにおける評価とは
  国際疾病分類 国際障害分類
 2.評価に必要な視点
  評価法の選択 評価法選択のポイント
 3.情報の読み取り方
II.行動観察の方法(正門由久)
 1.面接,問診の方法
  面接 問診 評価
 2.ベッドサイドでの評価,リハビリテーション室での評価
  ベッドサイドでの評価 リハビリテーション室での評価
III.障害の診断および評価法
 1.意識障害(正門由久)
  GCS(Glasgow Coma Scale) JCS(Japan Coma Scale)
 2.関節可動域測定(正門由久)
  関節可動域表示ならびに測定法
 3.徒手筋力検査(正門由久)
  徒手筋力検査(MMT;Manual Muscle Test)
 4.痙縮(正門由久)
  MAS(Modified Ashworth Scale)
 5.嚥下障害(正門由久)
  RSST(反復唾液飲みテスト;Repetitive Swaliva Swallowing Test) 改訂水飲みテスト(MWST;Modified Water Swallow Test)
 6.成長と発達(問川博之,高橋秀寿)
  DENVER「(デンバー発達判定法) 遠城寺式・乳幼児分析的発達検査 津守式乳幼児精神発達質問紙 新版K式発達検査2001 Motor-Age Test(運動年齢テスト) NBAS(ブラゼルトン新生児行動評価;Neonatal Behavior Assessment Scale)
 7.知能
  成人の知能(早田信子,三村 將)
   MMSE(Mini Mental State Examination) HDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール;Hasegawa Dementia Rating Scale-Revision) WAIS-III(ウェクスラー成人知能検査第3版;Wechsler Adult Intelligence Scale-3rd Edition) RCPM(レーブン色彩マトリックス検査;Raven's Colored Progressive Matrices)
  小児の知能(竹埜未紗,三村 將)
   WISC-III(ウェクスラー式児童用知能検査 第3版;Wechsler Intelligence Scale for Children-3rd Edition) 田中ビネー知能検査V フロスティッグ視知覚発達検査(DTVP;Developmental Test of Visual Perception) WPPSI(ウェクスラー幼児用知能検査;Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence)
 8.高次脳機能障害
  注意障害(豊倉 穣)
   仮名ひろいテスト(浜松方式高次脳機能スケール) PASAT(Paced Auditory Serial Addition Task) CPT(Continuous Performance Test)
  半側空間無視(繁野玖美,三村 將)
   線分二等分試験 BIT行動性無視検査日本版(Behavioural Inattention Test)
  前頭葉機能障害(小西海香,田渕 肇)
   WCST(Wisconsin Card Sorting Test) Modified Stroop Test Word Fluency Test TMT(Trail Making Test A&B) BADS(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome) Tower of Hanoi(ハノイの塔)
  記憶障害(小西海香,田渕 肇)
   三宅式記銘力検査 Benton視覚記銘検査 リバーミード行動記憶検査(RBMT;Rivermead Behavioural Memory Test) ウェクスラー記憶検査(WMS-R;Wechsler Memory Scale-Revised) コース立方体組み合わせ検査 Reyの複雑図形(ROCFT;Rey-Osterrieth Complex Figure Test)
  失行(繁野玖美,三村 將)
   標準高次動作性検査
  失語(浦野雅世,三村 將)
   標準失語症検査(SLTA;Standard Language Test of Aphasia) WAB失語症検査(WAB;Western Aphasia Battery)
 9.心理(先崎 章)
  うつ
   ベック抑うつ質問票(BDI-II;Beck Depression Inventory-II) SDS(Zung Self-rating Depression Scale) GDS(Geriatric Depression Scale)
  不安・気分
   STAI(State-Trait Anxiety Inventory) MAS(顕現性不安尺度;Manifest Anxiety Scale) POMS(Profile of Mood States)
  人格検査
   YG(矢田部・Guilford性格検査) ロールシャッハテスト
 10.疼痛(正門由久)
  VAS(Visual Analogue Scale) MPQ(McGill Pain Questionnaire)
 11.日常生活動作
  ADL(正門由久)
   Barthel Index(BI) FIM(Functional Independence Measure)
  小児のADL(問川博之)
   WeeFIM(Functional Independence Measure for Children) PEDI(Pediatric Evaluation of Disability Inventory)
 12.IADL(高橋秀寿)
  FAI(Frenchay Activities Index)
 13.参加制約(社会的不利)(高橋秀寿)
  CHART(Craig Handicap Assessment and Reporting Technique) CIQ(Community Integration Questionnaire)
 14.QOL(高橋秀寿)
  SF-36(Medical Outcome Study Short-Form 36 Item Health Survey) SIP(Sickness Impact Profile) EuroQol
IV.主な疾患の評価
 1.脳卒中(正門由久)
  重症度
   NIHSS(National Institute of Health Stroke Scale) JSS(Japan Stroke Scale) mRS(modified Rankin Scale)
  機能障害
   SIAS(Stroke Impairment Assessment Set) Fugl-Meyer Assessment(FM) Brunnstrom Stage Motoricity Index
  バランス
   BBS(Berg Balance Scale) Trunk Control Test(TCT)
  上肢機能
   STEF(簡易上肢機能検査;Simple Test for Evaluating Hand Function) 脳卒中上肢機能検査(MFT;Manual Function Test)
 2.脳外傷(菊地尚久)
  Glasgow Outcome Scale(GOS) Galveston Orientation and Amnesia Test(GOAT) Disability Rating Scale(DRS) Functional Assessment Measure(FAM)
 3.脊髄損傷(菊地尚久)
  ASIA(American Spinal Cord Injury Association;Standard Neurological Classification of Spinal Cord Injury) Frankel分類 Zancolli分類
 4.骨関節疾患(児玉三彦)
  頚椎疾患
   頚髄症治療成績判定基準〔改訂17(-2)点法〕
  肩関節疾患
   日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準 日本語版DASH(Disabilities of the Arm,Shoulder and Hand)
  腰椎疾患
   日本整形外科学会腰痛疾患治療成績判定基準 RDQ(Roland-Morris Disability Questionnaire)日本語版
  股関節疾患
   日本整形外科学会股関節機能判定基準(JOA Hip Score)
  変形性膝関節症
   日本整形外科学会OA膝治療成績判定基準 WOMAC(Western Ontario and McMaster Universities) JKOM(日本版膝関節症機能評価尺度;Japanese Knee Osteoarthritis Measure)
 5.関節リウマチ(水落和也)
  クラス分類(関節リウマチの機能分類基準) ステージ分類(関節リウマチの病期分類) ACRコアセット(ACR Core set) DAS(Disease Activity Score)
 6.脳性麻痺(問川博之)
  GMFM(粗大運動能力尺度;Gross Motor Function Measure) GMFCS(粗大運動能力分類システム;Gross Motor Function Classification System)
 7.二分脊椎(水落和也)
  Hofferの分類
 8.パーキンソン病(正門由久)
  Hoehn and Yahr重症度分類 UPDRS(Unified Parkinson's Disease Rating Scale)
 9.呼吸・循環器疾患(花山耕三)
  Borgスケール Fletcher-Hugh-Jones分類 MRC(Medical Research Council)息切れスケール NYHA(New York Heart Association)分類
V.介護保険(正門由久)
 介護保険
  障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準 認知症(痴呆性)老人の日常生活自立度判定基準

 索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ

【内容】

●脳性麻痺に対する最新の評価法や介入法を,症例報告の中で具体的に展開した画期的な実践書! ●最初に,本書の軸となる介入プロセスの説明,脳性麻痺の人々の家族の理解などの重要情報を解説. ●第2~4部は有用な症例報告を収載.乳児から45歳の症例を取り上げて,これまでの成書では扱われることの少なかった幅広い年齢層までについて解説を展開.

【目次】
監訳者の序文
 執筆者
 序文
第1部 背景:脳性麻痺の人々に対する治療計画の重要点
  第1章 クリニカルリーズニングアプローチについての導入
  第2章 脳性麻痺とはなにか?
  第3章 家族の全体像への理解:脳性麻痺の子どもの子育て
  第4章 治療の概説
第2部 就学以前
 0歳のころ
  第5章 複雑なニーズのある幼児
 2歳のころ
  第6章 早期段階
  第7章 幼児への変法麻痺側上肢集中訓練
 就学への準備
  第8章 活動遂行への目標指向的トレーニング
  第9章 下肢に対するA型ボツリヌス毒素の注射療法の役割
第3部 就学期
 はじめよう
  第10章 複数箇所同時手術後の理学療法
  第11章 上肢手術後の作業療法
 中学校への移行期
  第12章 学校基盤型ニーズの解決と中学校のための技術的サポート
 自立
  第13章 青年期の筋力トレーニング
第4部 成人期
 旅立ち
  第14章 成人期への移行期
 地域交流
  第15章 重度重複障害の青年
 健康維持
  第16章 成人期

 付録 脳性麻痺の人を対象とした評価法



索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

結果が出る!高齢者の運動機能評価とトレーニング

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。


結果が出る!高齢者の運動機能評価とトレーニング

【内容】

適正な介護予防トレーニングを行うのに必要な知識と、運動器機能向上を図るための安全で効果的な手順を、図やイラストを使ってやさしく解説した入門書です。リハビリテーションの専門職である理学療法士や作業療法士の数は10万人を超えましたが、リハビリ難民という言葉が聞かれるほどまだまだ環境が整っていないのが現状です。そこで本書では、リハビリテーションや介護予防トレーニングが必要な人、サポートする家族や介護士、ケアマネジャーなどを対象に、適正なトレーニングを行うために必要な運動器の仕組みなどの知識や、評価測定の行い方、具体的なトレーニング方法を解説しています。漫然としたトレーニングはもうやめて、この本で安全・効果的に進めましょう!

【目次】

第1章 意外と知らない「身体を動かすしくみ」のウソ・ホント
1―1 「運動器」って何?
1―2 運動器のトラブルって?
1―3 筋トレで全ては解決しない!
1―4 向上させやすいバランス機能
1―5 目標の設定が成功の鍵を握る!
1―6 視点を変えて別のトレーニングに
1―7 良いストレスと悪いストレス
1―8 自主トレーニングは有効か?
1―9 効果を出すには評価測定が重要
1―10 移動能力が社会参加を左右する
コラム 麻痺は「筋力低下」?
第2章 トレーニング前の重要な動きのチェック「評価測定」
2―1 そもそも評価測定って何?
2―2 どうやってすすめればいい?
2―3 まずは動きをよーくみてみる
2―4 いろいろと聞くのも大切
2―5 評価測定の項目を選択しよう
2―6 確認作業で合意形成
2―7 筋力を計る① 基本
2―8 筋力を計る② 瞬発的な筋力
2―9 筋力を計る③ 筋肉の持久力
2―10 バランスを計る① 基本
2―11 バランスを計る② 座っている時
2―12 バランスを計る③ 立っている時
2―13 バランスを計る④ 歩いている時
2―14 体力を計る① 基本
2―15 体力を計る② 持久力
2―16 関節可動域を計る① 基本
2―17 関節可動域を計る② 動かずに計る
2―18 関節可動域を計る③ 動いている状態で計る
2―19 麻痺を計る① 基本
2―20 麻痺を計る② 程度を分類する
2―21 痛みやしびれを計る① 基本
2―22 痛みやしびれを計る② 話を聞く
2―23 痛みやしびれを計る③ 道具を使う
2―24 手の機能を計る① 基本
2―25 手の機能を計る② 観察する
2―26 手の機能を計る③ 道具を使う
2―27 姿勢を計る① 基本
2―28 姿勢を計る② 姿勢から考えること
2―29 移動能力を計る① 基本
2―30 移動能力を計る② 歩行を計る
2―31 日常生活の動作を計る① 基本
2―32 日常生活の動作を計る② トイレ
2―33 日常生活の動作を計る③ 入浴
資料 代表的な関節可動域
第3章 データからみえてくること「課題分析」
3―1 課題を分析して目標を設定する
3―2 生活不活発で長距離が歩けない時
3―3 変形性膝関節症で長距離が歩けない時
3―4 生活不活発で転倒が多発している時
3―5 骨折等によりだんだん歩けなくなった時
3―6 片麻痺でだんだん歩けなくなった時
3―7 立ち上がりができなくなった時
コラム 短時間かつ効率的に対象者をみるコツ
第4章 いよいよトレーニングに突入!
4―1 トレーニング以前の注意点
4―2 最大筋力をアップさせるには
4―3 長い時間使える筋力を作るには
4―4 筋肉の使い方を変化させるには
4―5 座っている時のバランスをアップさせるには
4―6 立っている時のバランスをアップさせるには
4―7 歩行中のバランスをアップさせるには
4―8 持久力をアップさせるには
4―9 ストレッチの原則
4―10 ストレッチで動きを増やすには
4―11 関節の動きを増やすには
4―12 痛みやしびれを変化させるには
4―13 手や腕の使い方を変化させるには
4―14 姿勢を変化させるには
4―15 寝返り動作を変化させるには
4―16 立ち上がり動作を変化させるには
4―17 すり足歩行を変化させるには
4―18 トイレ動作を変化させるには
4―19 入浴動作を変化させるには
4―20 課題となる動きを変化させるには
コラム マシントレーニングのメリットデメリット
第5章 トレーニング効果を検証する
5―1 「改善する」ということ
5―2 トレーニング中にやるべきこと
5―3 期間をあけて再チェック
5―4 結果責任と説明責任
5―5 どこまで改善させるか
コラム 数値の違いは変化か誤差か
第6章 効果と人気がアップするトレーニングの進め方のコツ
6―1 目標はより具体的に
6―2 行動変容へ導くために
6―3 こだわりをしっかり把握
6―4 運動にこだわらない
6―5 結果を評価し、伝える
6―6 多彩な視点・多彩なサービス
6―7 営利の枠を越えることも必要
6―8 自主トレーニングの使い方
6―9 失敗をプラスに変える術
6―10 運動の専門家をうまく使う術
コラム 良いサービスを見極めるコツ



索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

アトラス骨・関節画像診断〈3〉外傷

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

アトラス骨・関節画像診断〈3〉外傷

【内容】

整形外科領域の代表的疾患画像を網羅する「アトラス 骨・関節画像診断」シリーズ.その「外傷」編.医療がきわめて細分化された現代においても,運動器を扱う整形外科医にとり,骨・軟部組織に関する外傷学がすべての根幹にあることは変わらない.中でも,日常診療で遭遇する頻度の高い50項目を厳選し,それぞれのエキスパートが執筆した.すべての整形外科医の診察室の机上にあって,診療を強力にサポートしうる1冊である.


【目次】

Chapter 1 上肢

 A 肩関節,肩甲帯
  鎖骨骨折 〈中川泰彰〉2
  肩甲骨骨折 〈佐藤克巳〉4
  肩関節脱臼 〈小林 勉,高岸憲二〉7
  肩鎖関節脱臼 〈柴田陽三〉10
  胸鎖関節脱旧 〈柴田陽三〉13
  胸骨骨折 〈岩堀裕介〉16
  上腕骨近位端骨折 〈吉川勝久,玉井和哉〉19
  大胸筋断裂 〈望月 由〉22
  
 B 上腕,肘,前腕
  上腕骨骨幹部骨折 〈細川 哲〉24
  上腕骨顆上骨折 〈信田進吾〉27
  上腕骨外顆骨折 〈伊藤恵康〉30
  上腕骨内側上顆骨折 〈根本孝一〉34
  肘頭骨折 〈藤岡宏幸,田中寿一〉37
  橈骨頭(頸部)骨折 〈高原政利〉39
  肘関節脱臼 〈今谷潤也〉42
  肘関節靱帯損傷 〈今谷潤也〉46
  肘離断性骨軟骨炎 〈齋藤育雄,岡 義範〉50
  前腕骨骨幹部骨折 〈浅見昭彦〉53
  Galeazzi骨折 〈笹 益雄,別府諸兄〉56
  モンテジア脱臼骨折(小児/陳旧性) 〈中村恒一,加藤博之〉59
   1.小児モンテジア脱臼骨折 59
   2.陳旧性モンテジア脱臼骨折 61
  
 C 手関節,手指
  橈骨遠位端骨折 〈関口昌之〉63
  三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷 〈中村俊康〉67
  舟状骨骨折 〈藤  哲〉70
  手根骨脱臼 〈佐々木孝〉73
  中手骨骨折(母指を除く) 〈澤泉卓哉〉76
  母指骨折 〈坪川直人〉78
  指節骨骨折 〈池上博泰〉82
  
Chapter 2 下肢
  
 A 骨盤,股関節
  骨盤骨折,寛骨臼骨折 〈澤口 毅〉86
  股関節周囲の裂離骨折 〈浜田良機〉90
  股関節脱臼・脱臼骨折 〈白正博〉94
  大腿骨頸部骨折 〈中村正則〉98
  大腿骨転子部骨折 〈大橋俊郎〉102
  大腿骨転子下骨折 〈佐藤 徹〉105
  
 B 大腿,膝
  大腿骨骨幹部骨折 〈白正博〉108
  大腿骨遠位端骨折 〈生田拓也〉110
  膝関節脱臼 〈香取庸一〉113
  膝蓋骨脱臼 〈櫻庭景植〉116
  膝蓋骨骨折 〈反町武史〉120
  脛骨近位端骨折 〈王寺享弘〉124
  
 C 下腿,足関節,足部
  下腿骨骨幹部骨折 〈内野正隆,糸満盛憲〉127
  脛骨天蓋骨折 〈宮島久幸〉130
  下腿筋(腓腹筋・ヒラメ筋)断裂 〈林 光俊〉134
  アキレス腱皮下断裂 〈古府照男〉137
  足関節靱帯損傷 〈大関 覚〉143
  足関節果部骨折 〈藤井唯誌,田中康仁〉146
  距骨骨折 〈須田康文〉151
  踵骨骨折 〈大本秀行〉154
  ショパール関節,リスフラン脱臼,骨折 〈羽鳥正仁,伊勢福修司〉157
  中足骨骨折 〈関口昌之〉159
  趾骨の骨折・脱臼 〈寺本 司〉162

索引 166


にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。