レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 脊髄損傷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画で学ぶ脊髄損傷のリビリテーション

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
動画で学ぶ脊髄損傷のリビリテーション

【内容】
117本もの豊富な動画により、脊髄損傷患者へのリハビリテーション実施に必要なすべての技術をDVD‐ROMに収載。DVD‐ROMには動画目次、画像目次、損傷高位別到達可能ADL一覧表、索引をはじめ、文中にもリンクを張り巡らせ、見たい・知りたい内容がすぐにわかる。医師や療法士をはじめとしたリハビリテーションスタッフに必要な情報を網羅した脊髄損傷リハビリテーションの決定版。
【目次】
第1編 評価法
1 脊髄損傷の標準神経学的分類法(ASIA)
2 関節可動域(ROM)の評価
3 FIM
第2編 訓練方法
A. 総論
B. 各論
1 マット上動作
2 ベッド上動作
3 移乗
4 車いす
5 起立・歩行
6 日常生活
C. 損傷高位別到達可能ADL
第3編 治療・管理法
A. 総論
1 主な合併症の医学的評価と管理
B. 各論
1 褥瘡
2 痙縮
3 呼吸
第4編 車いす・機器・自助具
1 車いす
2 移乗介護機器
3 ECS(環境制御装置)
4 自助具
5 家屋改造
索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

中途肢体障害者における「障害の意味」の生涯発達的変化―脊髄損傷者が語るライフストーリーから

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

中途肢体障害者における「障害の意味」の生涯発達的変化―脊髄損傷者が語るライフストーリーから中途肢体障害者における「障害の意味」の生涯発達的変化―脊髄損傷者が語るライフストーリーから
(2007/10)
田垣 正晋

商品詳細を見る

【内容】
中途肢体障害者は自分の障害をどのように意味づけ、変化してゆくのか。生涯発達において、「喪失」はどのような意義をもつのか。障害者の「語り」から迫る。
【目次】
第1章 身体障害者を理解する方法としてのライフストーリー研究の意義
第1節 中途障害者とは
第2節 人間のとらえ方としての生涯発達
第3節 中途障害者の心理社会的問題への生涯発達的観点の導入
第4節 ライフストーリー研究とは
第5節 障害者のライフストーリー研究の現状
1.社会文化的文脈重視・援助貢献型の研究 / 2.社会文化的文脈重視・脱援助型の研究 / 3.個人重視・援助貢献型の研究 / 4.個人重視・脱援助型の研究
第6節 本研究の目的
第7節 本研究の構成

第2章 脊髄損傷者が語る障害の意味の長期的変化
第1節 問題と目的
第2節 方法
1.対象 / 2.調査手続 / 3.分析手続
第3節 結果と考察
1.話し手全体の通時的変化 / 2.話し手全体の現状 / 3.代表事例
第4節 総合考察
1.話し手全体に関する意味づけ / 2.ⅠとⅡの話し手の意味づけの変化プロセスの特徴 / 3.Ⅲの話し手の意味づけの特徴 / 4.まとめ

第3章 「元健常者」としてのライフストーリー
第1節 問題と目的
1.「自分から障害を差し引く」 / 2.「障害を肯定し自分に取り込む」 / 3.目的
第2節 方法
1.対象 / 2.調査手続 / 3.分析手続
第3節 結果と考察
1.Gのライフストーリー / 2.Eのライフストーリー
第4節 総合考察「元健常者」というライフストーリー
1.語りのまとめ / 2.「元健常者」としてのライフストーリー / 3.「元健常者」というテーマの「生涯発達における喪失の意義」という観点への示唆 / 4.障害者援助における留意点

第4章 障害の意味の長期的変化と短期的変化の比較研究
第1節 問題と目的
第2節 方法
1.対象 / 2.調査手続 / 3.分析手続
第3節 結果と考察
1.話し手全体の通時的変化 / 2.話し手全体の現状 / 3.長期と短期の話し手それぞれの代表事例
第4節 総合考察
1.長期と短期の話し手それぞれの特徴 / 2.話し手全体に関する考察 / 3.まとめと課題

第5章 研究のまとめとライフストーリー研究の今後の展開
第1節 研究のまとめ
1.通時的変化 / 2.現状の肯定的意味づけ / 3.現状の障害に伴う不利益への意味づけ / 4.当事者コミュニティの役割
第2節 中途障害者のライフストーリー研究の方向性
1.唯一の望ましいストーリーを決めるのではない / 2.肯定的意味づけと障害に伴う不利益の同時存在 / 3.本研究の障害受容研究への示唆
第3節 障害者のライフストーリー研究の今後の課題
1.語りなおしへの注目 / 2.ライフストーリー研究の限界 / 3.フィールドワークにおける研究者と対象者との相互作用の記述の必要性 / 4.研究対象:問題構成型研究と問題再検討型研究 / 5.障害の分類の規格化とライフストーリー研究

引用文献

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。