レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 構音障害・ディサースリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳卒中・神経難病による発音・発声の障害―ST・家族・医療福祉専門職のためのディスアースリア・ガイドブック

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51hUCk3AFYL._SL500_AA300_.jpg

【内容】

脳卒中や神経難病になると、しばしば発音・発声の障害があらわれます。
脳卒中の場合は、発症直後の悪い状態から自然回復やリハビリによって、少しずつ改善していきますが、改善の程度は個人差があります。
神経難病の場合、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などには必ずあらわれます。病気の進行とともに発音・発声の障害も徐々に進行し、リハビリでは障害の進行を遅らせるか現状を少しでも維持することが目的になります。

このような発音・発声の障害について、訓練・指導の現場を踏まえた総合的なアプローチをまとめたのが本書です。編著者らはST(言語聴覚士)として医療現場で長年、この分野の訓練・指導に携わってきました。臨床で得られた経験知や方法を盛り込んだ本書には、下記のような特色があります。

◆本書の特色

脳卒中、神経難病の患者さんの発音・発声の障害について、言語聴覚士(ST)をはじめ、幅広い医療・福祉の専門職や家族にもわかりやすく解説している。

発音・発声の障害の原因となる疾患と各種の検査方法、呼吸および発声機能の評価法について総合的に説明している。

従来の言葉のリハビリに関する訓練・指導に加えて、さまざまな新しい方法を提案している。例えば、呼吸訓練、発音・発声を促す体操、自律訓練法、音読・読経を含む音楽療法、指圧療法などの実践的な取り組みが注目される。

発音・発声の障害にとどまらず、生きることの質(QOL)にかかわるコミュニケーション支援に言及し、闘病に役立つ情報を提供している。

付録資料の「言語聴覚士法概説」では、この分野の専門家である言語聴覚士の歴史や法律について、諸外国や他の医専門職と比較しながら解説している。さらに増補改訂版では、本書を理解し、ディスアースリアを学ぶのに便利な「リハビリ用語集」が充実している。

【目次】

第1章 ディスアースリアの定義と分類
第2章 原因疾患と指導上の留意点
第3章 検査
第4章 全体評価および指導方針の立て方
第5章 訓練・指導方法
第6章 補助代替コミュニケーション
第7章 生きることの質に関わる支援
第8章 インフォームド・コンセント(クライエントへの説明と同意)



索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

ケースで学ぶディサースリア

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
ケースで学ぶディサースリアケースで学ぶディサースリア
(2008/03/08)
西尾 正輝

商品詳細を見る


【内容】
●第1章ではタイプごとのディサースリアの典型的な事例について、第2章では多様なディサースリアの事例について、関連する周辺知識を含め系統的に、タイプごとの鑑別・診断・評価・治療プログラムの立案まで、重要なプロセスを学べるように編集しました。
●事例ごとにキーポイントを丁寧に解説。
●言語聴覚士待望の実践テキスト!

【目次】
第1章 タイプごとの典型的なケース
CASE1 弛緩性ディサースリア
CASE2 痙性ディサースリア
CASE3 失調性ディサースリア
CASE4 運動低下性ディサースリア
CASE5 UUMNディサースリア
CASE6 混合性ディサースリア(ALSに伴う)

第2章 多様なケース
CASE1 呼吸機能の低下を主症状とする筋萎縮性側索硬化症に伴う混合性ディサースリア
CASE2 ギランバレー症候群に伴う弛緩性ディサースリア
CASE3 ウィルソン病に伴う混合性ディサースリア
CASE4 急速に進行する球型ALSに伴う混合性ディサースリア
CASE5 重度の摂食・嚥下障害を合併した弛緩性ディサースリア
CASE6 神経変性疾患とともに社会に生きるケースへの長期的支援
CASE7 重度の認知機能と運動機能の障害を合併した頭部外傷後のディサースリア
CASE8 脳血管障害後に重度の運動麻痺を合併した重度ディサースリア
CASE9 強制的な発話速度の調節法から開始したUUMNディサースリア
CASE10 重度の嗄声と自然度の改善にフィードバック法が著効を奏したディサースリア
CASE11 半側空間無視を呈した重度ディサースリア例に対する縦置きペーシングボードの活用
CASE12 末梢性顔面神経麻痺を主症状とする弛緩性ディサースリアに対するCIセラピーの効果
引用
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。