レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 ADL訓練、介助テクニック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常生活活動学テキスト

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

日常生活活動学テキスト

【内容】

日常生活活動(動作)は通常,ADLと呼ばれ,食事,整容,更衣,排泄,入浴,移動,コミュニケーションを内容とし,理学療法では,重要な中心的な概念である.本書は,ADLの概念を,ADL評価のとらえ方,理学療法プログラムにおける練習・指導の考え方と具体的方法,さらにチーム医療におけるADLまでを系統的にまとめた

【目次】

1.総論
2.ADL評価とその実際(1) ADL評価とは
3.ADL評価とその実際(2) 日常生活活動の動作分析の視点
4.ADL評価とその実際(3) バーセルインデックス(BI)
5.ADL評価とその実際(4) 機能的自立度評価法(FIM)
6.補装具(移動補助具を中心に)
7.起居・移動動作(1) 総論
8.起居・移動動作(2) 起居動作
9.起居・移動動作(3) 歩行動作
10.起居・移動動作(4) 床上移動動作
11.身の回り動作
12.ADLを支援する機器
13.住環境整備
14.ADL練習・指導の考え方
15.疾患別ADL(1) 脳卒中
16.疾患別ADL(2) 脊髄損傷
17.疾患別ADL(3) 関節リウマチ
18.疾患別ADL(4) 大腿骨頸部骨折
19.疾患別ADL(5) 大腿切断
20.疾患別ADL(6) 変形性膝関節症
21.疾患別ADL(7) 高齢者

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

日常生活活動(ADL) 新版―評価と支援の実際  伊藤 利之 (著)

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
日常生活活動(ADL) 新版―評価と支援の実際 (著)伊藤 利之
【内容】
●最近のニーズを網羅して,臨床経験の浅い読者に日常生活活動の概念から,障害別活動訓練の実際までのADLの全般がみえるように,評価法支援技術などの実践的知識について,図版・写真を多用して解りやすく解説.
●WHOの新たな国際生活機能分類に基づく内容や,高次脳機能障害などの詳細についても解説している.
【目次】
新版の序
 第3版の序
 第2版の序
 初版の序
第1章 日常生活活動の概念・意義・範囲(上田 敏)
 はじめに─人生の質向上のための日常生活活動
 1.日常生活活動小史
  1)ADLの誕生
  2)ADLの発展─障害の重度化への対応
  3)反省期─ ADLへの批判とQOL思想での受けとめ
  4)ADLの再出発─ QOL向上のためのADLをめざして
 2.日常生活活動の概念・定義・範囲
  1)ADL概念の再検討の必要性
  2)初期の概念・定義
  3)ADLの範囲─初期から最近まで
  4)ADLの概念・定義・範囲のまとめ
 3.日常生活活動の概念・範囲の拡大を考える
  1)ADLに関するリハビリテーション医学会調査の興味ある結果
  2)生活関連動作,手段的ADLなど
  3)家事と基本的ADLとの比較を通して考える
  4)ICFの「活動」全体を対象に
 4.日常生活活動(とその他の活動)の意義と実際
  1)日常生活活動(とその他の活動)の評価の意義
  2)活動指導(活動向上プログラム)の実施
  3)プログラム終了時評価とフォローアップ
第2章 生活関連活動(伊藤利之)
 1.生活関連活動の概念とその範囲
  1)日本リハビリテーション医学会評価基準委員会の見解(1976年)
  2)IADL・EADLの概念
  3)ADLの範囲規定
  4)APDLの活動項目
 2.意義と評価の視点
  1)家屋内の活動
  2)庭および自宅周辺の活動
  3)公共交通機関を利用した活動
 3.法制度の整備と街の環境
 4.介入の実際
  1)炊事
  2)洗濯
  3)掃除
  4)電話の利用
  5)金銭の出納
  6)服薬および服薬管理
  7)庭仕事
  8)日用品の買い物
  9)交通機関の利用
  10)社会参加
 5.今後の課題
第3章 国際生活機能分類(上田 敏)
 1.はじめに
  1)ICF:WHO保健関連国際分類の中心分類
  2)ICIDHからICFへ
  3)ICIDHの「遺産」
  4)生活機能モデルの重要さ
 2.国際生活機能分類の概略
  1)生活機能の3 つのレベル
  2)健康状態と背景因子
 3.国際生活機能分類の基本的特徴と日常生活活動
  1)プラスの包括概念としての生活機能
  2)生活機能の階層構造
  3)要素間の相互作用:相互依存性と相対的独立性
  4)「統合モデル」に立ったICF
 4.「活動」と日常生活活動
  1)ICFにおける「活動」の範囲
  2)ADLの位置づけ
  3)活動の評価点
 5.おわりに
第4章 評価(伊藤良介,梅村文子,久保義郎)
 1.日常生活活動評価の目的
  1)ADLそのものを評価する
  2)ADL評価結果を他の目的・指標のために利用する
 2.評価に望まれる条件
 3.代表的な評価法
  1)ADLそのものを評価するもの
  2)ADL評価を他の目的のために利用するもの
 4.評価法の選択
 5.代表的な評価
  1)FIM(機能的自立度評価法)
  2)Barthel index(バーセル・インデックス)
 6.評価の実際
  1)治療目的で行うADL評価の原則と評価表
  2)ADL評価表の改訂と検討
  3)評価の実際
第5章 自助具(宮永敬市)
 1.自助具とは
 2.自助具の歴史
 3.自助具の位置づけ
 4.自助具の範囲
 5.自助具の目的・視点
  1)失われた身体機能の補助
  2)できるだけ自分自身で行う生活の獲得
  3)自助具は個別性の高いもの
  4)簡単な操作で使用できること
  5)比較的安価であること
 6.共用品・共用サービス
 7.自助具と法的責任
 8.自助具導入の流れ
  1)ニーズの把握
  2)評価
  3)他の改善方法の検討
  4)自助具の検討
 9.自助具の選定の考え方
  1)一般的な生活便利品の活用
  2)市販自助具の活用
  3)既製品の改良
  4)個々の障害状況に合わせて製作
 10.自助具製作のポイント
  1)材料の選び方
  2)よく用いられる材料
  3)材料を加工する主な道具
  4)製作上の注意点
 11.自助具の分類と紹介
  1)食事動作に使用される自助具
  2)整容動作に使用される自助具
  3)更衣動作に使用される自助具
  4)排泄・入浴動作に使用される自助具
  5)家事動作に使用される自助具
  6)コミュニケーションに使用される自助具
  7)その他の動作に使用される自助具
  8)余暇活動に使用される自助具
  9)製作自助具
 12.市販自助具の情報収集・入手先
  1)介護実習・普及センター
  2)福祉用具販売事業所
  3)インターネット
第6章 支援機器と住環境(渡邉愼一)
 1.支援機器とは
 2.起居・移乗・移動を支援する機器
  1)起居動作を支援する機器
  2)移乗動作を支援する機器
  3)移動を支援する機器
 3.コミュニケーションを支援する機器
  1)呼びベル
  2)文字盤
  3)キーボード型機器
  4)パソコンおよびパソコン入力装置
  5)意思伝達装置
  6)環境制御装置
  7)障害者用電話
 4.入浴,排泄を支援する機器
  1)入浴
  2)排泄
 5.住環境の整備
  1)基本的考え方
  2)手順
  3)住宅改修の実際
第7章 コミュニケーション(伊藤元信)
 1.コミュニケーションとその障害
 2.成人のコミュニケーション障害の種類と特徴
  1)失語症
  2)運動性発話障害
  3)器質性発話障害
 3.コミュニケーション障害の評価
  1)失語症の評価
  2)ディスアスリアの評価
  3)AOSの評価
  4)器質性発話障害の評価
 4.コミュニケーション障害者への接し方・支援方法・訓練
  1)基本的な接し方
  2)日常生活活動上での問題点と対応
  3)地域での支援方法
  4)失語症の訓練
  5)ディスアスリアの訓練
  6)AOSの訓練
  7)構音器官の欠損・損傷・変形などによる構音障害の訓練
第8章 障害別日常生活活動訓練の実際
 I 片麻痺(前田真治,清水 忍)
  1.障害の概要
  2.評価
   1)健側上肢による代償
   2)高次脳機能障害
   3)高齢者
  3.訓練上の留意点
  4.基本動作・応用動作訓練の実際
   1)食事動作
   2)整容動作
   3)更衣動作
   4)起居動作
   5)移乗動作
   6)移動動作
   7)トイレ動作
   8)コミュニケーション
  5.在宅生活における諸々の工夫
   1)ADLにおける工夫
   2)生活関連活動の工夫
 II 脊髄損傷(橋元 隆)
  1.障害の概要
  2.基本的評価
   1)損傷レベルと残存能力の把握
   2)症状,随伴症状,合併症の把握
   3)個人の基礎的能力の把握
  3.日常生活活動の評価表
  4.必須基本プログラム
   1)関節可動域の維持・改善
   2)呼吸の管理・指導
   3)血圧調整の指導
   4)起立の訓練
   5)筋力の強化指導
   6)バランス訓練
   7)皮膚の管理・指導
   8)排泄の管理・指導
   9)不全麻痺筋へのアプローチ
  5.日常生活活動の実際
   1)体位変換
   2)起居動作
   3)移乗動作
   4)車いす
   5)歩行
   6)身の周り動作
  6.社会参加
   1)自動車の運転
   2)就労・就学
   3)スポーツ,レジャー活動
   4)結婚生活
   5)二分脊椎症
  7.脊髄損傷リハビリテーションの今後
 III 切断(陳 隆明,柴田八衣子,大籔弘子)
  1.上肢切断者の日常生活活動
   1)はじめに
   2)義手の操作性を高める手先具と手継手
   3)能動義手の問題点
   4)切断レベルに応じたADL
  2.下肢切断者の日常生活活動
   1)はじめに
   2)下肢切断者のADLを補完するもの
   3)切断レベル別のADL
   4)スポーツレクリエーション
  3.結語
 IV 関節リウマチ(水落和也,坂本安令,鴻井建三)
  1.障害の概要
   1)病態
   2)診断
   3)治療
   4)障害像の特徴
  2.機能評価
   1)総合的機能評価
   2)臨床での具体的な機能評価
  3.基本訓練・応用訓練
   1)関節保護法の指導
   2)ADL指導の実際
   3)患者教育のエビデンス
   4)装具療法
  4.在宅生活における諸々の工夫
 V 筋萎縮性疾患(小林 庸子)
  1.はじめに
  2.デュシェンヌ型筋ジストロフィー
   1)疾患の概要
   2)機能障害の概要と評価
   3)DMDのADL評価と推移
   4)ADLへのアプローチ・環境整備の実際
   5)社会参加に向けた活動
  3.小児期発症で急速に進行する疾患
  4.成人期発症・成人期進行の筋萎縮性疾患
   1)疾患の概要
   2)評価
   3)アプローチの実際
  5.筋萎縮性側索硬化症
   1)疾患の概要
   2)進行の特徴と評価
   3)ADLへの対応と留意点
   4)ALSでとくに留意すること
 VI 脳性麻痺(乳幼児期~学童期)(朝貝芳美,明田 繁,神戸 治)
  1.障害の概要
   1)病態
   2)診断
   3)訓練のあり方
  2.日常生活活動の評価
  3.訓練の実際
   1)行動発達とADL
   2)基本訓練
   3)応用訓練
  4.指導・援助の基本的な考え方
  5.在宅生活における日常生活活動と地域との連携
 VII 脳性麻痺(成人期~)(曽根川達司)
  1.成人期の障害特性
   1)加齢による問題と二次障害
   2)予後予測に基づいた指導・訓練・支援
  2.日常生活活動の評価
   1)ADL評価の目的,意義
   2)評価法
   3)ADLにかかわる環境因子の評価
  3.日常生活活動の特性と具体的支援
   1)食事
   2)排泄
   3)更衣
   4)入浴
   5)コミュニケーション
付章I 在宅障害者(小林宏高,伊藤利之)
 1.はじめに
 2.障害の概要
 3.障害の評価
  1)ADLの障害
  2)評価の留意点
  3)評価の実際
 4.在宅障害者の実態
  1)ADLに関するニーズ
  2)障害の原因疾患とADL
  3)移動能力とADL
  4)家屋環境とADL
  5)介護者とADL
 5.日常生活活動指導の留意点
  1)介護者とADL
  2)介護者の調整
  3)福祉用具の選定と利用
  4)在宅障害者に対する指導
付章II 高次脳機能障害(江藤文夫)
 1.高次脳機能障害とは
  1)高次脳機能障害支援モデル事業
  2)医療の対象としてのアクティビティ(活動)
  3)高次脳機能と人間の活動
 2.日常生活活動の階層構造と老化に伴う経過
  1)医療における日常生活での活動性重視
  2)ADLの分類と構造
  3)退行過程におけるADLの崩壊
 3.個別症候と日常生活活動指導
  1)記憶障害のある人への支援
  2)注意障害のある人への支援
  3)失行のある人への支援
  4)失認のある人への支援
  5) 遂行機能障害等のある人への支援
 4.認知症の日常生活活動経過
  1)認知症とは
  2)アルツハイマー病の臨床経過
 5.認知症の日常生活活動指導,活動中心の支援とケア
  1)治療の基本方針
  2)残存機能と現実見当識の強化
  3)活動参加への支援

日本語索引
 外国語索引

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています
ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際ADLとその周辺―評価・指導・介護の実際
(2008/08)
伊藤 利之鎌倉 矩子

商品詳細を見る

【内容】
学生にも臨床家にも役立つ、ADLとその周辺を網羅した基本の1冊
ADLの視点から疾患や障害を捉え、評価の方法や指導・介護の実際をイラストや写真を用いてわかりやすく解説する教科書。すでに定評があった初版に昨今の制度的変遷も踏まえて内容を充実させ、各章の項目立ても読者が理解しやすいよう大幅な改訂を行った。リハビリテーションの世界に漕ぎ出していく学生はもちろん、経験を積んだ臨床家にも役立つ、ADLとその周辺を網羅した基本の1冊。
【目次】
総論
1.日常生活活動(ADL)の概念とその範囲
2.ADLの評価
3.ADLの支援システム
 
各論
1.脳卒中(片麻痺)
2.脊髄小脳変性症
3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
4.頸髄損傷
5.胸腰髄損傷
6.関節リウマチ(RA)
7.上肢切断
8.下肢切断
9.筋ジストロフィー ― Duchenne(デュシェンヌ)型を中心に
10.脳性麻痺(乳幼児期)
11.脳性麻痺(学童期)
12.重症心身障害
13.コミュニケーション障害―失語症を中心に
14.高次脳機能障害
 半側無視
 視覚失認
 Balint症候群
 Gerstmann症候群
 失行症
 前頭葉性の動作障害
15.認知症(老年期)
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。