レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 スポーツリハビリテーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下肢スポーツ外傷のリハビリテーションとリコンディショニング

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

下肢スポーツ外傷のリハビリテーションとリコンディショニング

【内容】

アスリートの下肢スポーツ外傷に対する安全かつ効果的なリハビリテーションとリコンディショニングの実践に必要となる身体構造と機能,外傷の発生機序と治癒過程,診断とリハビリテーションとリコンディショニングのテクニック,動作分析から発生予防・再発予防に関する正確な知識と技術について,臨床経験の豊富な整形外科医と理学療法士により,多くの図とともに分かりやすく解説.

【目次】

Ⅰ.下肢の構造と機能
 1.大腿部・膝関節の構造と機能
 2.下腿部・足関節・足部の構造と機能
II.理解しておくべきスポーツ外傷の基礎知識
 1.大腿部と下腿部のスポーツ外傷
 2.膝関節のスポーツ外傷
 3.足関節・足部のスポーツ外傷
III.リハビリテーションとリコンディショニングの実際
 1.大腿部の筋損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 2.ACL損傷に対する標準的リハビリテーションの実際
 3.ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションの実際─アジリティ獲得を目的とした手法
 4.PCL損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 5.MCL損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 6.半月板・関節軟骨損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 7.膝蓋大腿関節障害に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 8.下腿部の筋腱損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 9.足関節の靱帯損傷に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
 10.足関節・足部の骨折に対するリハビリテーションとリコンディショニングの実際
IV.スポーツ外傷の運動分析
 1.発生機序の分析
  ①実験室内での3次元動作解析
  ②ビデオ映像を用いた分析
 2.下肢スポーツ外傷に対するリハビリテーション動作の分析
Ⅴ.スポーツ外傷の予防・再発予防
 1.国内外の研究・調査の動向
 2.予防・再発予防の介入効果
 3.予防・再発予防のためのスクリーニングテスト
FURTHER READINGS
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

ひざのスポーツ障害を自分で治す本

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

ひざのスポーツ障害を自分で治す本

【内容】

スポーツ障害のなかでもとくに発症頻度が高く、重傷化しやすい「ひざのスポーツ障害」。そのセルフケアとトレーニング法をコンディショニングの第一人者とスポーツドクターがイラストを使ってわかりやすく紹介。ひざの回復レベルに合わせたトレーニングメニューを選べば、必ず現場に復帰できる! ひざのスポーツ障害を克服した体験者の手記も満載。

【目次】

第1章 ひざのスポーツ障害とは
第2章 ひざのスポーツ障害の治し方
第3章 ひざを鍛えるトレーニングメニュー
第4章 ひざのスポーツ障害を克服した体験者の報告

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

復帰をめざすスポーツ整形外科

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

復帰をめざすスポーツ整形外科

【内容】


整形外科の日常診療には,さまざまなスポーツ外傷・障害の患者が来院する。患者は障害・外傷が治癒することはもちろん,できれば早期に受傷前と同様にスポーツをしたい,と望む場合が多い。すなわち,スポーツ復帰が患者にとっての「ゴール」となるのである。
スポーツにはそれぞれに特有の動きがあり,同じ部位の同じ障害であってもその的確な治療法は異なる。適切な治療を行うには個々のスポーツをよく理解し,その性質に応じた診断・治療の技術を身につけることが重要である。
本書では,野球,バスケットボール,バレーボール,テニス,陸上競技,水泳,サッカー,ラグビー,アメリカンフットボール,相撲,柔道,スキー,スノーボードの種目ごとに,整形外科医が知っておきたい各スポーツの基礎知識,診断・治療,リハビリテーションを,ケースレポートによる「治療の流れ」を中心に据えて解説する。さらに小児のスポーツ外傷・傷害の対処法,スポーツ整形外科の基礎知識も掲載している。また,各スポーツの診断・治療に関する「TOPICS」,スポーツ復帰のための「復帰のツボ」,受傷・再受傷しないための「予防のツボ」を随所に取り上げている。

【序文】
スポーツによる外傷や障害の治療においては,復帰をできるだけ早く,できるだけ高いレベルで実現することを常に求められる。健康のためのスポーツもあるが,スポーツ選手の多くは競技で勝つための世界に生きている。その際,治療を担当するドクターの経歴や知名度は選手にとって本質的に意味はない,結果がすべての厳しい世界である。その治療に携わる醍醐味が,スポーツ整形外科に取り組む私にとっての魅力である。
 その厳しい世界で生きるためには,治療の方向性とステップごとの進歩を明らかにし,治療結果を確実に示す必要がある。そのためにはスポーツ競技とその競技に特異的な外傷・障害をよく知っておかなければならない。同じ病名,同じ手術でも競技が異なれば,時に違うアプローチが必要である。高い早い復帰に様々な工夫が必要となる。
 さらに競技に無事に復帰しても再び外傷や障害を起こしたとすれば,治療側としては十分な治療を行ったといえない。外傷・障害を繰り返さないこと,外傷・障害の予防が初回治療と同じくらい重要性を持つ。そのためには競技種目や競技レベルばかりでなく,選手の身体的,精神的,チーム事情と選手の立場を十分に捉え,適切に指導する必要がある。
 これらのスポーツの臨床は,私にとって終わりのないやりがいのある仕事である。学ぶべき知識,要求される技術・技能には際限がない。何とか少しでも自分のものにしたい。また多くの関係者に身に着けてもらいたい。
 本書はそんは私のスポーツ整形外科医としての要求に応えるためにまとめた書物である。欲張った計画を満たすために総勢約170名,700ページに迫る大作になってしまった。種目別,専門家によるリハビリの記載,スポーツ整形外科に関連するトピック。同じ項目でも種目が異なれば意味が違う。全身を診ること,復帰へのリハビリを十分に理解すること,さらに再発予防を強調した。多くの症例を紹介していただき,図と症例を理解すればかなり知識や技術が身につくことを目指した。また復帰のツボ,予防のツボとして要点を抜出し,繰り返しななめ読みをすることを容易にした。
 スポーツ整形外科の類似書物は少なくないが,これだけの力作は類を見ないと確信する。
 最後に本書を出版社の厳しい立場から完成まで導いてくれたメジカルビュー社の藤原さん,苅谷さんに深謝するとともに,いろいろなアイデアを出してくれた東京医科歯科大学運動器外科学の大学院生八木茂典氏にお礼を申し上げたい。

2011年1月
宗田 大

索引
  
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

続きを読む

アスレティックリハビリテーション

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。


アスレティックリハビリテーション

【内容】

このワークブックは,ATとして必要とされる知識・技能を効率的に自宅学習できるための学習ツール.〈公認アスレティックトレーナーのための専門科目テキスト〉の本体をもとに,穴埋め,論述,実技,フローチャートの4形式を設けた問題・課題形式となっており,各自で知識の整理やその理解を深められる内容構成となっている.全7冊.
なお,〈専門科目テキスト〉第1巻の「アスレティックトレーナーの役割」と第9巻の「スポーツと栄養」を除いて,基本的に〈専門科目テキスト〉に対応した形で7分冊になっています.ただし,第2巻の「運動器の解剖と機能」と第3巻の「スポーツ外傷・障害の基礎知識」はあわせて1冊に,また〈専門科目テキスト〉にはない「スポーツ科学」についてはワークブックを作成し,自宅学習を補助するための原稿を新たに書き起こして掲載しています.

【目次】

A.アスレティックリハビリテーションの考え方
 1.アスレティックリハビリテーションの定義
 2.アスレティックリハビリテーションの概要
 3.機能評価の考え方
 4.リスク管理の基礎知識
B.運動療法(アスレティックリハビリテーションにおけるエクササイズ)の基礎知識
 1.アスレティックリハビリテーションにおけるエクササイズの目的
 2.筋力回復,筋力増強エクササイズの基礎知識
 3.関節可動域回復,拡大のエクササイズの基礎知識
 4.神経筋協調性回復,向上エクササイズ
 5.全身持久力回復,向上エクササイズ
 6.身体組成の管理に用いるエクササイズ
 7.再発予防,外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズ
C.物理療法と補装具の使用に関する基礎知識
 1.物理療法
 2.温熱療法
 3.寒冷療法
 4.電気刺激療法
 5.超音波療法
 6.鍼,灸,マッサージの有効利用方法
 7.補装具の使用目的
 8.装具
 9.テーピング
 10.足底挿板
D.外傷ごとのリスク管理に基づいたリハビリテーションプログラミングと実践─体幹─
 1.頚椎捻挫へのアスレティックリハビリテーション
 2.腰部疾患へのアスレティックリハビリテーション
E.外傷ごとのリスク管理に基づいたリハビリテーションプログラミングと実践─上肢─
 1.肩関節前方脱臼へのアスレティックリハビリテーション
 2.投球障害肩へのアスレティックリハビリテーション
 3.外傷性肘MCL損傷へのアスレティックリハビリテーション
 4.上腕骨内側・外側上顆炎,非外傷性肘内側側副靱帯損傷
 5.手関節捻挫
F.外傷ごとのリスク管理に基づいたリハビリテーションプログラミングと実践─下肢─
 1.足関節捻挫へのアスレティックリハビリテーション
 2.膝内側側副靱帯損傷へのアスレティックリハビリテーション
 3.膝前十字靱帯損傷へのアスレティックリハビリテーション
 4.大腿屈筋群肉ばなれへのアスレティックリハビリテーション
 5.扁平足障害(過回内足障害)へのアスレティックリハビリテーション
 6.脛骨過労性骨障害へのアスレティックリハビリテーション
 7.鵞足炎へのアスレティックリハビリテーション
 8.膝蓋大腿関節障害へのアスレティックリハビリテーション
G.競技種目特性に基づいたリハビリテーションプログラミング
 1.アスレティックリハビリテーションにおける競技種目の特性
 2.競技種目における動作特性と体力特性
解答編

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

スポーツにおける肘関節疾患のメカニズムとリハビリテーション

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

スポーツにおける肘関節疾患のメカニズムとリハビリテーション

【内容】

■SPTSシリーズ第5巻では,MRIや超音波エコーによる診断技術の進歩に加え,関節鏡視下手術の導入によりその治療法が大幅に進歩した「肘関節」を取り上げた。
■特に,肘関節障害が多く日常問題となっている野球とテニス競技を種目別に取り上げ,その動作と結びつけて障害発生メカニズムやリハビリテーションなどについて検討した。
■第1章では,肘の運動に作用する筋の機能と肘の関節運動や関節軸についてまとめた。筋機能としては,解剖学的特徴やモーメントアーム,筋活動などの面から最新の話題を含めて整理した。肘関節の運動については,近年確立されつつある精度の高い計測方法によって報告された肘の関節運動や屈伸軸などについてまとめた。
■第2章では,反復した投球動作により肘関節周囲に発生する,野球肘に関する研究報告をバイオメカニクス,評価診断,治療の3つに分けて文献的に考察を行い,各項の最後に,現在までに明らかになっている知見と,今後さらに明らかにすべき課題を提示した。
■第3章では,病態から発症メカニズムが多岐にわたるテニス肘について,それぞれの病態・分類に応じた評価・検査および治療法の必要性が再認識できるよう,バイオメカニクス,疫学・病態・診断・評価,手術療法と保存療法についてまとめた。
■第4章ではいままであまり注目されていなかった「肘関節脱臼」をテーマとして,その病態,診断,治療法と後遺症などを詳しく述べた。これは画期的なことで,いままでスポーツによる肘の脱臼をこれほどまでに深くレビューした企画はない。
■最後に第5章では,第1~4章において得られた野球肘,テニス肘,肘関節不安定症についての知識を臨床に活かすうえで何らかのヒントを得るべく,いくつかの治療概念を紹介した。本章とこれまでの章を併読していただくことにより,肘関節治療の現状についてより深い示唆が得られる。

【目次】

第1章 肘関節のバイオメカニクス
 1.肘関節の運動
 2.アライメント
 3.肘関節の内側支持機構
 4.肘関節の外側支持機構

第2章 野球肘
 5.投球動作のバイオメカニクス
 6.野球肘の疫学・病態・診断・評価
 7.野球肘の手術療法と保存療法

第3章 テニス肘
 8.テニス動作のバイオメカニクス
 9.テニス肘の疫学・病態・診断・評価
 10.テニス肘の手術療法と保存療法

第4章 肘関節脱臼
 11.肘関節脱臼の疫学および受傷機転
 12.肘関節脱臼の病態・診断・評価
 13.肘関節脱臼の手術療法と保存療法

第5章 肘関節疾患に対する私の治療-臨床現場からの提言-
 14.野球肘に対する私の治療
 15.テニス肘に対する私の治療
 16.体操競技における肘関節損傷のリハビリテーション



索引


にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。