レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 アロマセラピー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識ゼロからのアロマテラピー入門


正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

知識ゼロからのアロマテラピー入門

【内容】

香りが心と体の調子を整える。200種類の植物からとれる100%天然の精油。好きな香りできれいになるレシピも満載。

【目次】

1 アロマテラピーってどんなもの?
2 精油のプロフィール
3 アロマテラピーを楽しみましょう
4 アロマで心身を癒す極上レシピ
5 オリジナルを手作りするナチュラルな暮らし
6 女性にうれしいアロマレシピ

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

プロフェッショナルのためのアロマテラピー 第3版

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
プロフェッショナルのためのアロマテラピー 第3版
【内容】
大好評の初版を引き継ぎ、
第3版では現代の保健・医療・福祉の現場に即した明確で信頼性の高いアロマテラピーの最新情報を読者にお届けします。
アロマテラピーの情報は常に推移しています。これらの知識や各自の経験を活かし個々の患者に最適なトリートメントを施すことは重要です。本書は大幅にページを増やし初版全体に改訂を加え、アロマテラピーの知識を実務に活かしたいと考えているプロフェッショナルのセラピストに必要な知識すべてを提供します。
〈第3 版では以下の主な箇所を含め初版を〈大幅改訂・増補〉〉 ○新たに追加された24種類を含む全精油プロフィールの更新
○健康および安全性に関する情報の更新
○図表の更新と改訂および新しい研究結果と参考文献の追加
○キャリアオイルとハイドロラット(芳香蒸留水)に関する章の拡張と更新
○「タッチとマッサージ」および「世界のアロマテラピー」の章の全面改訂
○精油成分や効能効果から検索が可能の詳細な索引
【目次】
第1部 精油の科学
精油の起源/精油の化学/品質と安全性/効果と危険性/伝統的使用、現代的研究
第2部 実技の基礎
精油はいかにして体内に取り込まれるか/ハイドロラット(芳香蒸留水)/タッチとマッサージ/芳香、精神、そして身体/アロマティックメディシン
第3部 種々の状況下におけるアロマテラピー
アロマテラピーと初期医療/ストレスおよび救急ケア/妊娠と出産/学習障害と自閉症/高齢のケア、特に認知症について/緩和ケアおよび支持ケア
第4部 方針と実施
イギリスにおけるアロマテラピー/国民保健サービス(NHS)におけるアロマテラピー/
世界のアロマテラピー〈追補、用語解説、役に立つ住所〉

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

アロマテラピーのすべてがわかる事典

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
アロマテラピーのすべてがわかる事典
【内容】
アロマテラピー初心者はもちろん、本格的に楽しんでいる方にも楽しんでいただける1冊です。人気の精油や植物油などの基材のプロフィールを詳しく解説し、セルフマッサージの方法、手作り化粧品やアロマグッズの作り方なども写真で丁寧に解説しました。
【目次】
牽引ステップ1 精油大事典
ステップ2 アロマテラピーをはじめましょう
ステップ3 プロに学ぶ「香り」のブレンドテクニック
ステップ4 精油を活かす基材のパワー
ステップ5 精油を使った 悩み別ホームケア
ステップ6 精油を使ったシンプルスキンケア
ステップ7 精油を使ったハンドメイドの楽しみ
別冊 目的別・香りのブレンドレシピブック
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

香りとタッチングで患者を癒す臨床アロマセラピストになる―命のそばで寄り添うケアリングとは

正式HPはamazonリハビリテーションライブラリー
覗いて見て下さいね。
amazonでリハビリ本を1000冊以上取り揃えています
香りとタッチングで患者を癒す臨床アロマセラピストになる―命のそばで寄り添うケアリングとは香りとタッチングで患者を癒す臨床アロマセラピストになる―命のそばで寄り添うケアリングとは
(2008/09)
相原 由花

商品詳細を見る

【内容】
臨床アロマセラピストを目指す人のためのテキスト。ナラティブ(語ること)の大切さ、仕事内容、著者がセラピストになるまでのプロセス、患者さんとの関わり、臨床アロマセラピストに期待されることなどを説明する。
引用
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。