レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 認知症のリハビリテーション本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症の正体

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

認知症の正体


【内容】

高齢社会の中で増え続ける認知症。その正体はどこまで分かったか。日本各地の臨床医、医学研究者、福祉従事者に広く取材し、近年、急速に進歩した認知症の医学・医療をめぐる最前線のホットで役立つ情報を提供する。治る認知症やアルツハイマー病、最近注目されているレビー小体型認知症、若年性認知症などを解説。さらに新しい治療薬やワクチン、漢方薬、原因タンパクを分解する酵素の話題にまで目配りされている。読者待望の書籍化。新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議・JCJ賞、ファイザー医学記事賞の大賞、日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞特別賞受賞作。

【目次】

第1章 どこかおかしい
第2章 どんな病気か
第3章 検査と診断
第4章 予防するには
第5章 アルツハイマー病
第6章 レビー小体型認知症
第7章 前頭側頭葉変性症
第8章 脳血管性認知症
第9章 若年性認知症
第10章 明日に向けて

牽引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント 快一徹!脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント 快一徹!脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう

【内容】
専門知識をわかりやすく記述し,医師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,看護師,保健師,ケアマネジャー,ソーシャルワーカー,ケアワーカーなど,認知症に関心をもつすべての医療・ケアスタッフの方々のニーズに応じて読んでいただけるよう,第1部では「認知症の概要と基礎知識」について,第2部では「認知症の症状とそのケアのポイント」について,第3部では「脳活性化リハビリテーションの理論と実践のポイント」について,第4部では「評価,診断,関連疾患,治療,食生活など」について,それぞれまとめています.また,認知症の方と共に暮らす家族の方々にもお読みいただける内容となっています.
このたびの改訂版では,原因疾患に応じたケアの重要性が認識されてきていることに照らし,第1部と第4部では認知症の病態・診断・薬物療法に関する記述を充実させ,第2部では個々の症状とそのケアをペアにして解説しました.第3部の脳活性化リハの実践についても大幅に加筆しています.
【目次】
第1部 認知症の基礎知識
 1.認知症とは
  1-1 「認知症とは?」の問いに答えよう
  1-2 認知症の本態
  Step Up ! 脳の階層性と機能局在
 2.認知症の原因疾患
  2-1 認知症の原因疾患
  2-2 原因疾患の頻度
  2-3 原因疾患の重複や合併症
  Step Up ! 認知症と脳老化
 3.アルツハイマー病とは
  3-1 用語
  3-2 概念と特徴
  Step Up ! アルツハイマー病の病態と脳病理
 4.脳血管性認知症とは
  4-1 概念と診断
  4-2 臨床的特徴
  Step Up ! 脳血管性認知症の背景
 5.軽度認知障害(MCI)の臨床
  5-1 軽度認知障害(MCI)とは
  5-2 MCIの臨床所見の特徴
  5-3 MCIの診断
  5-4 MCIの治療と今後の展望
  Step Up ! 軽度認知障害(MCI)の脳病理

第2部 認知症の症状と能力を生かすケア
 1.総論:認知症の症状とパーソンセンタードケア
  1-1 認知症状と行動・心理症状
  1-2 認知症ケアの基本:パーソンセンタードケア
  Step Up ! 認知症ケアマッピング
 2.総論:アルツハイマー病の症状と経過
  2-1 アルツハイマー病の病期
  Step Up ! 行動観察による進行度評価:FAST
 3.認知症状:記憶障害
  3-1 エピソード記憶の障害
  3-2 作動記憶(ワーキングメモリー)の障害
  3-3 保たれる手続き記憶
  Let’s try ! 記憶障害のケア
  Step Up ! 私は誰になっていくの?
 4.認知症状:見当識障害
  Let’s try ! 見当識障害による不安へのケア─行動・心理症状緩和の基本─
  Step Up ! バリデーション・セラピー
 5.認知症状:思考・判断・実行(遂行)機能の障害
  Step Up ! 鏡現象
  Step Up ! 人形現象
  Let’s try ! 思考・判断・実行(遂行)機能障害への対応:日常生活の援助とケア
 6.行動・心理症状:幻覚・妄想
  6-1 物盗られ妄想
  6-2 嫉妬妄想
  6-3 幻視・誤認・妄想
  6-4 妄想と作話
  Let’s try ! 幻覚・妄想への対応
  Step Up ! 行動・心理症状の評価尺度:DBDスケールとNPI
 7.行動・心理症状:徘徊
  Let’s try ! 徘徊のケア
 8.その他の行動・心理症状とケア
  8-1 不潔行為とケアのポイント
  8-2 攻撃的言動への対応
  8-3 性的言動への対応
 9.脳血管性認知症の症状と経過
  9-1 脳血管性認知症の症状の特徴─どのような症状の場合、脳血管性認知症を疑うか─
  9-2 脳血管性認知症の経過
  Let’s try ! 脳血管性認知症のケアの原則
 10.施設における援助とケア
  10-1 できることに照準を当て、アセスメントする
  10-2 ケアプランに基づいてサービスを実施する
  10-3 定期的な内部研修や会議の実施、外部研修へのスタッフ派遣
  10-4 「気づき」のあるスタッフの育成
  Step Up ! 認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式
  Step Up ! 子育てのコツはケアのコツ
 11.介護者教育で認知症の行動・心理症状(BPSD)を予防
 12.介護者への支援
  12-1 介護を独りで背負わない
  12-2 ゆとりをもつ
  12-3 突然の変化に対応できる場所を確保しておく
  12-4 介護者のQOLや健康も大切に
  12-5 介護サービスを利用することに罪悪感や偏見をもたない
  Step Up ! 成年後見制度と日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)
 13.認知症の終末期とターミナルケア
  13-1 口から食べ続ける工夫
  13-2 胃ろう
  13-3 事前指示書

第3部 脳活性化リハビリテーション
 1.総論:脳活性化で認知症が改善するか?
  1-1 アルツハイマー病の根本的治療が夢ではない時代に
  1-2 回復力:脳の可塑性
  1-3 廃用と病変と可塑性(回復力)のバランス
  Step Up ! 廃用は認知症の原因となるか?
 2.総論:脳活性化リハビリテーション
  2-1 脳活性化とは
  2-2 脳活性化リハビリテーションの原則
  Step Up ! あきらめないで! 脳活性化リハ
 3.総論:快一徹! 意欲の源
  Step Up ! 快感とドパミン
 4.総論:コミュニケーション
  4-1 認知症の言語障害
  4-2 家族や介護者が高感度に受信する:気づき
  4-3 非言語の力
  4-4 コミュニケーションに役立つツール
  4-5 集団の力
 5.総論:能力を引き出すコツ
  5-1 行動強化
  5-2 具体例から学ぶ
 6.総論:笑顔のある生活
  6-1 情動は顔に表れる
  6-2 笑顔の効用
  6-3 脳は鏡
  6-4 最後まで残る微笑む能力
  Step Up ! 認知症の人のQOL
 7.各論:回想法と作業回想法
  7-1 回想法
  7-2 作業回想法
  Step Up ! 自治体での実践:北名古屋市での取り組み
 8.各論:現実見当識訓練
 9.各論:ゲーム
  Step Up ! ゲーム実施例
 10.各論:音読や計算などの学習
 11.各論:アートセラピー
  Step Up ! 認知症の音楽療法:音楽療法士の専門性
 12.各論:趣味活動は認知症を防ぐか?
 13.各論:身体活動による認知症の予防
 14.各論:脳活性化リハビリテーションの実際
  14-1 情報収集
  14-2 準備
  14-3 実践
  14-4 介入効果の検証からわかった直接効果と間接効果
 15.各論:認知症の人が脳卒中を合併した場合や骨折した場合のリハビリテーションの諸問題
  15-1 回復期病棟でのリハビリテーションのポイント
  15-2 維持期でのリハビリテーション

第4部 認知症の評価・診断と治療
 1.認知症の評価尺度
  1-1 認知尺度
  1-2 行動観察尺度
  Step Up ! 介入効果の評価
 2.認知症の鑑別診断手順
  2-1 記憶を含めた認知障害の有無
  2-2 うつ病やせん妄の除外
  2-3 認知症の原因疾患の鑑別
  2-4 診断の実際:アルツハイマー病を例に
  Step Up ! 生活状況の把握
 3.アルツハイマー病の診断
  3-1 アルツハイマー病の診断基準
  3-2 アルツハイマー病の診断根拠
  3-3 アルツハイマー病と脳血管性認知症との関係
  Step Up ! アルツハイマー病の診断と告知
 4.アルツハイマー病の補助診断
  4-1 画像診断
  4-2 脳脊髄液検査
  4-3 脳波検査
  4-4 血液検査
  Step Up ! アルツハイマー病の遺伝子診断
 5.脳血管性認知症の病型と診断
  5-1 脳血管性認知症の診断基準
  5-2 脳血管性認知症とアルツハイマー病の鑑別
  5-3 脳血管性認知症の画像診断
  5-4 脳血管性認知症をきたしやすい脳血管障害
 6.レビー小体型認知症
  6-1 レビー小体型認知症の概要と病態
  6-2 レビー小体型認知症の症状
  6-3 レビー小体型認知症の検査と診断
  6-4 レビー小体型認知症の治療とケア
 7.他の変性型認知症
  7-1 前頭側頭型認知症(前頭側頭葉変性症)
  7-2 神経原線維変化優位型老年期認知症
  7-3 進行性核上性麻痺
  7-4 嗜銀顆粒性認知症
 8.認知症様症状を示す様々な病態
  8-1 脳内病変
  8-2 内科系疾患
  Step Up ! treatable dementiaは認知症?
 9.認知症とうつとアパシー(自発性低下)
  9-1 認知症にみられるうつ症状
  9-2 アルツハイマー病とうつ病の鑑別
  9-3 認知症のうつ尺度
  Step Up ! うつ症状への対応とセロトニン
 10.認知症とせん妄
  10-1 せん妄とは
  10-2 アルツハイマー病のせん妄
  10-3 脳血管性認知症のせん妄
  10-4 脳内病変
  10-5 薬剤誘発性せん妄
  Step Up ! せん妄への対応
 11.行動・心理症状の薬物療法
  11-1 行動・心理症状(周辺症状)を抑制する抗精神病薬の使い方
  11-2 抑肝散
  11-3 認知症の行動・心理症状の背景となる不安と混乱への薬剤
  Step Up ! ドパミンと拮抗する抗精神病薬
 12.認知機能を高める薬物療法
  12-1 アセチルコリンエステラーゼ阻害剤
  12-2 神経細胞保護剤
  12-3 イチョウ葉エキスほか
  12-4 脳血管性認知症に有効な薬剤
  Step Up ! 開発中のアルツハイマー病根治薬剤
 13.認知症リスクを低減するライフスタイル
  13-1 脳血管性認知症を防ぐ食事
  13-2 アルツハイマー病を防ぐ食事
  13-3 その他のライフスタイル

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

介護職・リハビリ職(PT・OT・ST)のためのシンプル回想療法―認知症を予防・進行抑制する心療回想法

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
介護職・リハビリ職(PT・OT・ST)のためのシンプル回想療法―認知症を予防・進行抑制する心療回想法
【内容】
高齢者ケアにおける回想療法の目的と効果、その技術指導を豊富な事例をもとにわかりやすく解説。介護職・リハビリ職必携の実践指導書。パーミングとDCLの実例解説DVD付。
【目次】
第1章 回想療法の基礎
第2章 回想療法の行動科学的理解
第3章 認知症「程度別」回想療法のやり方
第4章 グループ式と個人式の回想療法のやり方
第5章 施設(機関)別の回想療法のやり方
第6章 DCL(初期認知症チェックリスト)
第7章 回想療法の広がり
第8章 回想療法の事例
第9章 内閣総理大臣認証法人「日本回想療法学会」について
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

認知症の作業療法―エビデンスとナラティブの接点に向けて

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
認知症の作業療法―エビデンスとナラティブの接点に向けて


【内容】
●本書は,今日解明されている認知症に関する医学的知識に基づきながら,対象者個々人の生きてきた歴史に目を向けて行う作業療法について,イラストや図表を豊富に使用し,また多くの事例を通してわかりやすくまとめている.
●特に,これまで単に「認知症」とひとくくりにまとめて論じられてきた作業療法の実践を,認知症のタイプ(アルツハイマー型,脳血管性,レビー小体型,前頭側頭型)と生活環境別(病院,介護保健施設,通所)に対応させ,それぞれの豊富な作業療法実践例と,その根拠を提示して具体的に解説.
0●さらに,認知症の作業療法で必須となる医学的視点に加えて,認知症の人には包括的な支援が求められていることから,保健と福祉領域で知っておくべき必要な知識についても掲載した.
【目次】
はじめに
第I章 認知症を考えるにあたって
 老年期のこころ
第II章 認知症の現在―知識の整理
 1.高齢社会と認知症
 2.認知症への取り組みの歴史
 3.認知症発症と関連因子
 4.定義と分類・症状
 5.認知症の人の評価に向けて
 6.薬物療法
 7.非薬物療法
 8.コミュニケーション
第III章 認知症の作業療法の実際
 1.認知症をどう理解するか
 2.評価の実際
 3.作業療法の技術
 4.対応の実際・事例編
  4-1)若年認知症
   若年認知症者に対する役割転換を目標とした作業療法
  4-2)アルツハイマー型認知症/病院
   排泄の訴えが多いアルツハイマー型認知症高齢者への作業療法
  4-3)アルツハイマー型認知症/老健または特養
   徘徊がみられた重度アルツハイマー型認知症への作業療法
  4-4)アルツハイマー型認知症/通所(デイケア)
   環境調整により周辺症状が改善したアルツハイマー型認知症に対する作業療法
  4-5)脳血管性認知症/病院
   混乱の強い脳血管性認知症高齢者への作業療法
  4-6)脳血管性認知症/老健または特養
   徘徊と攻撃的行為が多い重度脳血管性認知症への作業療法
  4-7)脳血管性認知症/通所(デイケア)
   介護者の介護負担の軽減に向けてアプローチした脳血管性認知症に対する作業療法
  4-8)レビー小体型認知症/病院
   幻視を伴うものとられ妄想,暴言・暴力行為が著しいレビー小体型認知症への作業療法
  4-9)レビー小体型認知症/老健または特養
   転倒を繰り返すレビー小体型認知症高齢者の作業療法
  4-10)レビー小体型認知症/通所(デイケア)
   レビー小体型認知症への作業療法
  4-11)前頭側頭型認知症/病院
   食行動異常が著しい前頭側頭型認知症への作業療法
  4-12)前頭側頭型認知症/老健または特養
   前頭側頭葉変性症への作業療法
  4-13)前頭側頭型認知症/通所(デイケア)
   前頭側頭型認知症への作業療法
  4-14)事例編まとめ
   事例の普遍性・再現性
 5.社会的資源
  5-1)認知症の人のための施設
  5-2)認知症と福祉用具
  5-3)家族会・啓発活動
  5-4)関連法規
第IV章 今後の展望
 認知症の作業療法―これからの展望
第V章 まとめ
 1.15年目の手紙―作業療法をとおして出会う人たち
 2.リハビリテーションにつなげること―認知症の人の尊厳

 索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

認知症ケアのためのケアマネジメント

認知症ケアのためのケアマネジメント認知症ケアのためのケアマネジメント
(2008/10)
本間 昭

商品詳細を見る
正式HPはamazonリハビリテーションライブラリー
覗いみて下さいね。
amazonでリハビリ本を1000冊以上取り揃えています
【内容】
認知症のためのケアマネジメントはなにが、どう違うのか? 認知症ケアのプロが考えなければならないケアマネジメントとはなにか、また、なにをアセスメントしなければならないかを記す。
【目次】
第1章 認知症の人のためのケアマネジメント
第2章 認知症の人のためのアセスメントとはなにか
第3章 認知症の診断と治療
第4章 認知症の原因疾患別特徴
第5章 認知症の人に用いられるアセスメント
第6章 認知症の人のアセスメントとケアプランに活かす
    ICFの考え方
第7章 アセスメントからケアプラン作成へ
第8章 認知症ケアの事例
引用
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。