レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 運動器リハビリテーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動器の疾患と外傷

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

運動器の疾患と外傷

【内容】

わが国における有訴率の第1位から第3位は腰痛・肩こり・関節痛であり、運動器疾患が日常生活に支障を与えている。また、運動器の疾患は世界で最も多い疾患であり、身体障害の最も多い原因でもある。さらに高齢者の人口の増加によって関節疾患・骨粗鬆症・関節リウマチ・腰痛など多くの運動器障害を有する患者がますます増えている。
 こうした運動器の疾患や外傷をしっかりと治療するには、解剖をよく熟知することであり、そしてそれらの各部位がどのような機能をもっているかを知ることである。
 本書は以上のことを踏まえて運動器の疾患と外傷を図・写真を多用しわかりやすく解説した。整形外科関連の学生諸氏、研修医はもちろん整形外科医にも必携の書である。


【目次】

Ⅰ部 運動器の機能解剖
四肢体幹の筋における機能解剖学
A. 肩甲帯,肩関節,上腕
B. 脊柱,胸郭,腹部
C. 肘関節,前腕,手関節・手
D. 骨盤,股関節,大腿,下腿
E. 足関節,足部

Ⅱ部 運動器の疾患と外傷
1 章 関節の疾患
1. 変形性関節症
  a. 変形性股関節症
  b. 膝関節
2. 関節リウマチ
3. 痛風
4. 五十肩(肩関節周囲炎)
5. 肩腱板損傷
6. 石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)
7. de Quervain病
8. Dupuytren拘縮
9. Heberden結節
10. 大腿骨頭壊死症
  a. 特発性大腿骨頭壊死症
  b. 症候性大腿骨頭壊死症
11. 外反母趾

2 章 体幹と脊椎の疾患
1. 肩こり
2. 胸郭出口症候群
3. 頚椎椎間板ヘルニア
4. 頚椎後縦靱帯骨化症
5. 変形性頚椎症
6. 急性腰痛症:いわゆる“ぎっくり腰”
7. 変形性腰椎症
8. 腰椎椎間板ヘルニア
9. 腰部脊柱管狭窄症
10. 強直性脊椎炎

3 章 小児の疾患
1. 先天性筋性斜頚
2. 発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)
3. 脊柱側弯症
4. Perthes病
5. 大腿骨頭すべり症
6. 単純性股関節炎
7. いわゆる成長痛
8. 離断性骨軟骨炎
9. 内反足

4 章 感染症
1. 化膿性関節炎
2. 骨髄炎
  a. 急性化膿性骨髄炎
  b. 慢性化膿性骨髄炎
3. 化膿性脊椎炎
4. 結核性骨関節炎
5. 結核性脊椎炎

5 章 外傷:骨折と脱臼
1. 骨折・脱臼・開放骨折の初期治療
2. 頚部捻挫(外傷性頚部症候群)
3. 脊椎骨折
  a. 頚椎の骨折
  b. 脊髄損傷
4. 鎖骨骨折
5. 肩関節脱臼
6. 肩鎖関節脱臼
7. 肘関節脱臼
8. 小児の外傷
  a. 上腕骨顆上骨折
  b. 上腕骨外側顆骨折
  c. 肘内障
9. 三角線維軟骨複合体の損傷
10. 中手骨骨折
  a. 中手骨頚部骨折
  b. 中手骨骨幹部骨折
  c. Bennett(ベネット)骨折(母指CM関節脱臼骨折)
11. 舟状骨骨折
12. 指の切断
13. 手の屈筋腱損傷
14. 高齢者の骨折
  a. 胸・腰椎圧迫骨折
  b. 上腕骨近位端骨折
  c. 橈骨遠位端骨折(Colles骨折)
  d. 大腿骨頚部骨折
15. ガス壊疽
16. 破傷風
17. 外傷性股関節脱臼

6 章 スポーツ外傷と障害
A. 成長期のスポーツ外傷
1. 投球肩(関節)障害
2. 野球肘
3. 成長期脊椎分離症(腰椎分離症)
4. Osgood-Schlatter病
B. 成人期のスポーツ障害
1. 前十字靱帯損傷
2. 半月板損傷
3. 足関節捻挫
4. 筋・腱(付着部)損傷
  a. 肉ばなれ(筋挫傷)
  b. 上腕二頭筋長頭腱断裂
  c. 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  d. 槌(つち)指(突き指)
  e. コンパートメント症候群
  f. アキレス腱断裂

7 章 四肢のしびれと疼痛
A. 上肢の神経損傷と絞扼性神経障害
  末梢神経の損傷と障害
1. 腕神経叢損傷
2. 腋窩神経麻痺
3. 橈骨神経麻痺
4. 正中神経麻痺
  a. 円回内筋症候群
  b. 前骨間神経麻痺
  c. 手根管症候群
5. 尺骨神経麻痺
  a. 肘部管症候群
  b. Guyon管症候群
B. 下肢の神経損傷と絞扼性神経障害
  下肢の神経損傷と絞扼性神経障害
1. 外側大腿皮神経と感覚異常性大腿痛
2. 坐骨神経と梨状筋症候群
3. 伏在神経とHunter管症候群
4. 総腓骨神経絞扼障害
5. 脛骨神経と足根管症候群
6. 総底側趾神経とMorton病
C. 複合性局所疼痛症候群
  複合性局所疼痛症候群
A. 上肢の絞扼性神経障害
B. 下肢の絞扼性神経障害

8 章 腫瘍,骨系統疾患
A. 軟部腫瘍
1. 軟部良性腫瘍
2. 軟部悪性腫瘍
B. 骨腫瘍
1. 原発性良性骨腫瘍
2. 骨腫瘍類似疾患
3. 原発性悪性骨腫瘍
4. 転移性骨腫瘍
5. 脊椎腫瘍
C. 脊髄腫瘍
  脊髄腫瘍
D. 骨系統疾患,脊髄疾患,筋疾患,他
1. 先天性骨系統疾患
2. 内分泌異常による骨疾患
3. いわゆる代謝性骨疾患
4. 系統的脊髄変性疾患
5. 系統的筋疾患
  〔付録〕関節可動域表示ならびに測定法
  Ⅱ章 文献

Ⅲ部 運動器のリハビリテーション
1 章 運動器リハビリテーション
2 章 運動器リハビリテーションの新しい流れ
1. 運動器のアンチエイジング(抗老化)へのアプローチ
2. 食と運動による加齢性筋減弱症の防止
3. 関節軟骨の老化と変形性関節症
4. 関節に対するストレッチングからみたアンチエイジングの可能性
5. 頚椎症の運動療法からみたアンチエイジング
6. 慢性腰痛に対する運動療法
7. 変形性膝関節症と運動
8. 障害者の運動と抗老化


索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

運動器リハビリテーションシラバス 改訂第2版

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
運動器リハビリテーションシラバス 改訂第2版

【内容】

認定「運動器リハビリテーションセラピスト」を目指す人のための必携書.セラピスト講習会に沿った教科書的内容と臨床実地で直ぐに役立つ実際書の性格を併せ持った学会公認テキスト.今改訂では,実践に役立つパスを充実させるとともに,最近の話題に密着したロコモティブシンドローム,運動器不安定症,アスレックチックリハビリテーションの項目を追加.

【序文】

「運動器」とは,体を動かす仕組みのことで,呼吸器や循環器などと同じ範躊の表現であり,骨,関節,筋肉,腱,神経など,体を支えたり動かしたりする器官をまとめて呼ぶ名称です.ギリシアの哲学者アリストテレスが[Life is motion](生きていることは動いていることだ)と述べているように,人生は体を動かすことによってつくられているとも言うことができます.
 運動器の疾患を有する患者さんは身体運動が制限されることになり,仕事,外出,家事などの日常生活動作が困難になり,旅行や趣味の活動にも支障をきたすようになります.さらに病状がすすめば,食事,排泄,入浴といった最も基本的な動作さえも自力ではむずかしくなり,特に高齢者においては運動器疾患が寝たきりや要介護の原因の一つともなっています.運動器疾患を持つ患者さんの心身機能と生活の活動性向上を図る治療が,運動器リハビリテーションといえます.
 一方,高齢社会を迎えたわが国では健康寿命の延伸が重要な課題となり,この健康寿命に大きな影響を与えているのが運動器の障害であるという認識が広まってきています.このような重要な運動器疾患治療のためには,運動器リハビリテーションの知識・技術を高めるための研修が必要であるとの認識を持ち,平成18(2006)年7月から日本運動器リハビリテーション学会は,運動器リハビリテーションセラピスト研修会を開催しています.
 この度,日本運動器リハビリテーション学会,日本臨床整形外科学会の監修のもとに改訂第2版が発刊される運びとなりました.今回の改訂では,運動器リハビリテーションの意義,プロセスとしてのリスク管理などの総論的な部分と,運動器の仕組みとしての解剖や生理,運動機能と生活の評価など基礎的な部分に最新の内容を追加しました.さらに物理療法,運動療法の実践,実際的な上肢・下肢・脊椎のリハビリテーション,新たにロコモティブシンドロームと運動器不安定症,アスレティックリハビリテーションが追加執筆され,11章の構成となり,シラバスとして一層充実した内容となっています.本書を執筆していただいた諸先生に心より御礼を申し上げます.
 このシラバスによってセラピストの皆様の研修がより充実したものとなり,さらに日常診療の実践におけるガイドとなることを,期待する次第です.
2010年5月
編集者一同

【目次】

章 運動器リハビリテーションとは
 1.運動器リハビリテーションとは
 2.高齢社会における運動器疾患-健康寿命の延伸に寄与する運動器リハビリテーション
 3.運動器リハビリテーションにおける診断と評価
 4.運動器疾患における生活機能への影響
 5.運動器リハビリテーションのプロセスと診療チーム
 6.運動器リハビリテーションにおけるリスク管理

II章 運動器リハビリテーションのプロセス
 1.医療安全対策および事故防止(リスク管理)
 2.リハビリテーション治療の流れ(リハビリテーションマネジメント)
 3.介護保険の仕組みと医療と介護の連携

III章 運動の仕組み
 1.解剖
 2.生理
 3.病態

IV章 運動機能と生活の評価
 1.神経機能の評価
 2.痛みの測定
 3.筋・骨格系機能の評価
 4.運動動作の測定
 5.認知症の評価
 6.生活活動の評価
 7.生活の質の測定

V章 物理療法の実施法および適応と禁忌
 1.温熱療法
 2.寒冷療法
 3.超音波療法
 4.低出力レーザー療法
 5.電磁波療法
 6.電気療法
 7.牽引療法
 8.水治療法

VI章 運動器疾患と神経疾患の運動療法
 1.運動処方の原則
 2.関節可動域訓練(ROMエクササイズ)
 3.筋力増強訓練
 4.バランス訓練
 5.歩行訓練
 6.運動器疾患の運動療法

VII章 ロコモティブシンドロームと運動器不安定症
 1.なぜ,ロコモティブシンドロームか?
 2.ロコモティブシンドロームと運動器不安定症
 3.運動器不安定症の定義と診断基準および測定法
 4.ロコモティブシンドロームと運動器不安定症の治療

VIII章 アスレティックリハビリテーション
 1.アスレティックリハビリテーションとは
 2.医学チームの役割
 3.総論
 4.各論

IX章 上肢のリハビリテーション
 1.肩関節
 2.肘関節
 3.手,手関節

X章 下肢のリハビリテーション
 1.股関節
 2.膝関節
 3.足部
 4.切断,装具,杖,車いすについて

XI章 脊椎のリハビリテーション
 1.頚椎
 2.胸椎
 3.腰椎

付録
 1.関節可動域計測法
 2.徒手筋力検査(MMT)
 3.運動器リハビリテーション実技プログラム(3カ月)
 4.ロコモティブシンドローム/ロコチェックとロコトレ
 5.足腰指数25
 6.内科的併存症の管理と運動器リハビリテーション
 7.日本整形外科学会による治療成績判定基準
 8.SF-36
 9.JKOM
 10.JLEQ
 11.RDQ
 12.医療者の倫理
 13.医療安全

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

リハビリテーションプロトコール -整形外科疾患へのアプローチ- 第2版

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

リハビリテーションプロトコール -整形外科疾患へのアプローチ- 第2版

【内容】
“標準的”プロトコールを明快に提示する、実践書の決定版!
ロングセラーの初版発行から、12年の時を経て堂々改版。
各疾患ごとの実施手順(プロトコール)を表にまとめわかりやすく解説
整形外科疾患の診断・治療にも言及、リハビリテーションまでの一連の流れを
学ぶことができる。収載疾患数を倍増し、日常診療で遭遇する整形外科疾患がほぼ
網羅された。各項目の記載を大幅加筆。特にリハビリテーションの根拠となる
解剖学的構造や検査法、骨折の分類など基礎的な解説を充実。加えてスポーツ障害
に関する章を新設。リハビリテーション科医、整形外科医、PT指導者など、
臨床現場の初心者からベテランまで、頼りになる実践書。

【目次】
1 手と手関節の損傷
屈筋腱損傷
ばね指(狭窄性屈筋腱鞘炎)
深指屈筋腱断裂(ジャージー損傷)
伸筋腱損傷
手の骨折と脱臼
第5中手骨頸部骨折(ボクサー骨折)
母指中手指節(MP)関節の尺側側副靱帯損傷(スキーヤー母指)
絞扼性神経障害
手根管症候群
Dupuytren拘縮
関節形成術
手関節の障害
舟状骨骨折
橈骨遠位端骨折
三角線維軟骨複合体損傷
de Quervain腱鞘炎
手関節の腱交差症候群
背側および掌側手根ガングリオン嚢腫


2 肘の損傷
評価
内側側副靱帯(尺側側副靱帯)損傷
肘(肘部管)での尺骨神経損傷
投球競技者における屈曲拘縮(伸展制限)の治療
肘の基礎的訓練プログラム(1日3回実施)
肘関節脱臼の治療とリハビリテーション
外上顆炎と内上顆炎
遠位上腕二頭筋腱の修復
橈骨頭の単独骨折
肘関節形成術
肘頭滑液包炎
外傷後の肘関節硬直

3 肩の損傷
肩と上腕でよくみられる病態の身体所見
背景
肩のリハビリテーションの一般的原則
評価の収集
肩痛の評価における病歴聴取の重要性
肩の診察
一般的な肩リハビリテーションのゴール
インピンジメント症候群
オーバーヘッドアスリートにおける腱板炎
肩腱板断裂
肩関節不安定性
凍結肩(癒着性関節包炎)
肩関節形成術(人工肩関節置換術)後のリハビリテーション
上腕二頭筋障害
肩鎖関節損傷
肩甲骨の運動異常

4 膝の損傷
身体診察
画像検査
前十字靱帯(ACL)損傷
後十字靱帯(PCL)損傷
内側側副靱帯(MCL)損傷
半月板損傷
膝蓋大腿関節障害
膝関節軟骨の治療
Baker(膝窩)嚢腫
膝蓋骨骨折

5 足と足関節の損傷
足関節捻挫
陳旧性足関節外側靱帯損傷:足関節外側靱帯再建術後のリハビリテーション
足底踵部痛(足底腱膜炎)
アキレス腱機能不全
後脛骨筋腱機能不全
中足痛
強剛母趾
第1中足趾節(MTP)関節捻挫(ターフトー)
Morton神経腫(足趾間神経腫)

6 下肢の関節炎
股関節炎
膝関節炎

7 スペシャルトピックス
アスリートのハムストリング損傷
大腿四頭筋の肉ばなれと挫傷
鼡径部痛
受傷したアスリートに対する水治療
ランニング障害
ランナーのシンスプリント
脳震盪後のスポーツ復帰
骨粗鬆症:評価,治療そして運動

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

関節外科基礎と臨床 増刊 研修医のための運動器リハビリテーション 2010年 04月号 [雑誌]

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
関節外科基礎と臨床 増刊 研修医のための運動器リハビリテーション 2010年 04月号

【目次】

特集 研修医のための運動器リハビリテーション

I. 運動器リハビリテーションの基礎知識
 運動器リハビリテーションとは
 リハビリテーションにおけるリスクマネージメント 
 超高齢社会とロコモティブシンドローム
 運動器リハビリテーションと医療・介護保険 
 装具療法の原理と指導法
  -装具の基本的考え方,それを使った運動療法として
   杖歩行やその他の歩行練習の実際-
 装具処方と適合判定  
 運動器疾患に対する物理療法の原理と指導法 

II. 運動器疾患に対するリハビリテーション実践法
 肩関節疾患  
 肘関節・前腕疾患 
 手関節・指疾患
 股関節疾患
 膝関節疾患
 足関節疾患 
 頚椎疾患 
 腰椎疾患
 上肢のスポーツ障害に対するリハビリテーション 
 下肢のスポーツ障害
 骨折:上肢
 骨折:下肢 
 切断
 関節リウマチ

III. 知っておくべき予備知識
 脳血管障害のリハビリテーション
 糖尿病合併例のリハビリテーション 
 高齢者のリハビリテーション
 呼吸器疾患のリハビリテーション

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

整形外科看護2009年秋季増刊  整形外科のリハビリテーションQ&A

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
整形外科看護2009年秋季増刊  整形外科のリハビリテーションQ&A
【内容】
整形外科のリハビリテーションにまつわる疑問を、実際に病棟で働いているナースから集め、リハビリテーション科スタッフが回答。教科書的な「するべき論」を超えた、現場ですぐに使える実践的な書。あなたの疑問をスッキリ解決!

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。