レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新老年学 第3版

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
新老年学 第3版
【内容】
基礎生物学、老年医学、老年社会学、福祉工学を総合した最新老年学のエンサイクロぺディア

老年学における多方面の基礎研究者、臨床家、社会学者、広範の医療従事者のための教育指導書としての必読の書。

【本書の特色】
・この10年の研究の進歩をふまえ高齢社会のさまざまな課題とその対策を網羅した。
・第2版の項目を見直し、242名の執筆者がその研究成果を盛り込み、全面的に書き下ろした。
・百寿者研究や老年医学の項目、高齢者支援機器・技術の新規追加などにより第2版より600ページ増。

【本書の内容】
日本における「老年学」の英知を結集した定評ある大事典、待望の全面改訂第3版。医学的にみて多くの点で成人と異なる高齢者の診療や介護、支援を行うための基礎となる知識を網羅する。研究者、臨床の医師やコメディカル、民間事業者など多くの関係者にとっての必携の一冊となる。全人口の22%を65歳以上が占める超高齢化社会である現在の日本で最も必要とされる基本図書。

【目次】

I 老化の生物学

第1章 老化の理論および機構
1. 老化とはなにか [後藤佐多良]
1.1 さまざまな老化
1.2 老化の定義
1.3 老化と加齢
1.4 老化と寿命
1.5 老化速度
1.6 生理的老化と病的老化
1.7 老化学説・老化仮説
1.8 老化学説に基づく老化制御概説
2. 分子生物学からみた老化
2.1 ゲノムの加齢変化 [小野哲也・上原芳彦・小林潤一郎]
2.2 タンパク質の加齢変化 [石神昭人・後藤佐多良]
2.3 脂質 [板部洋之]
2.4 糖質 [遠藤玉夫]
2.5 アミロイド [樋口京一]
2.6 代謝制御 [樋上賀一]
3. 老化の細胞生物学
3.1 細胞老化 [丸山光生]
3.2 生体膜加齢変化 [岩下淑子]
3.3 細胞内小器官 [田中雅嗣]
3.4 幹細胞老化 [丸山直記]
4. 集団レベルの老化 [須田 斎]
4.1 生存曲線の意味
4.2 老化研究のための解析ツール(数理モデル)
4.3 老化の進化生物学における集団レベルの老化
4.4 老化に及ぼす集団密度効果
4.5 老化と寿命をつなぐ代謝エネルギー

第2章 生体調節機構と老化
1. 神経系の加齢変化 [森 望]
1.1 ニューロンとニューロンをとりまく環境の変化
1.2 ニューロンとシナプスの分子レベルでの加齢変化
1.3 脳機能の加齢変化
2. 内分泌系の加齢変化 [小林裕太]
2.1 内分泌系と加齢
2.2 成長ホルモン(GH)・インスリン/インスリン様成長因子-1(IGH-1)シグナル系と加齢
2.3 生殖内分泌系
2.4 神経内分泌系
2.5 その他のホルモン
3. 免疫系の加齢変化 [磯部健一]
3.1 総論
3.2 造血幹細胞の老化
3.3 T細胞の老化
3.4 T細胞の胸腺での発生
3.5 CD4.T細胞の老化での役割
3.6 CD8.T細胞の老化変化
3.7 B細胞の老化変化
3.8 B細胞の発生における老化変化
3.9 成熟B細胞の老化による変化
3.10 自然免疫系の老化による変化
3.11 免疫系と老化によっておこる疾患との関連

第3章 環境因子と老化
1. 活性酸素・レドックスと老化 [金子孝夫]
1.1 生体と酸素
1.2 活性酸素
1.3 活性酸素の消去
1.4 生体分子の酸化障害
1.5 酸化障害の修復
1.6 レドックス
1.7 生体分子への酸化障害と老化
1.8 抗酸化防御系の老年変化
1.9 カロリー制限と老化
1.10 遺伝子変異体
1.11 活性酸素によるテロメア短縮
2. 放射線・自然環境・ホルミシス [三浦ゆり]
2.1 環境温度と老化
2.2 放射線と老化
2.3 空気環境と老化

第4章 老化遺伝子
1. 老化遺伝子 [清水孝彦・白澤卓二]
1.1 長寿命モデル生物から明らかになった寿命制御遺伝子

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

らくらく運動でこりと痛みをとる本―首や肩のこり、腰痛、膝の痛み……がみるみる解消

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

らくらく運動でこりと痛みをとる本―首や肩のこり、腰痛、膝の痛み……がみるみる解消
【内容】
肩こり、腰痛、膝痛など不快症状に効く簡単な動作、体操を、写真とイラストでわかりやすく紹介。中高年や運動不足の人でも、特別な道具なしで自分で無理なく楽にできる!

“こり”や“痛み”は、筋肉が縮んだままかたくなることがきっかけで起こります。そんな筋肉の収縮を解消するのにいちばんいいのは、筋肉を鍛えること。つまり、運動によって筋肉に刺激を与えて、こわばった筋肉をほぐし、血行をよくすることです。本書は、肩こり、腰痛、膝痛などの症状別に、“こり”や“痛み”に効く運動法をたくさん集めました。また、頭痛、冷え、便秘などの不快な症状を改善する運動法も紹介しました。運動とはいっても、ワンポーズ、ワンアクションでできる簡単で安全な体操や動作ばかり。中高年や、ふだん運動不足の人でも無理なく楽に行え、特別な道具なしで自分で手軽にできます。やり方も、写真やイラストを見ながらやさしく行えるよう工夫しました。まずは、自分にあったもの、できそうなものを選び、日常生活のなかにとり入れてみてください。気がついたときには、こりや痛み、不快症状がやわらぎ、改善し、解消していることでしょう。
【目次】
1 これが効く!こり・痛み別らくらく運動(肩や首のこり
五十肩
腰痛
股関節痛・坐骨神経痛 ほか)
2 不快な症状をとるらくらく運動のコツ(頭痛
生理痛・生理不順
便秘
冷え症 ほか)
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

ストレスと筋疼痛障害 -慢性作業関連性筋痛症

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

ストレスと筋疼痛障害 -慢性作業関連性筋痛症
【内容】
職場環境や心理社会的要因から生じる筋肉・骨・関節等の慢性的な痛みや不快感について、病態メカニズムを明らかにしつつ、疫学・生理学・病理学など各分野の研究成果に基づき、臨床・治療に不可欠な知見を集約。医師やリハビリテーション医学・東洋医学・ストレス治療関係者のために。
【目次】
序 章 日本と世界各国における作業関連性筋骨格系障害の現状

1 序論
2 慢性作業関連性筋痛症の神経筋メカニズム
3 作業関連性上肢障害
4 ストレス
5 ストレス、環境適応不全症と筋骨格系症状
6 作業関連性筋痛症の発症における課題関連性生体力学的制約の寄与
7 筋痛と筋過負荷に関連する形態学的特徴
8 頸肩部痛
9 低強度作業中の代謝的・機械的変化と作業関連性疼痛との関係
10 シンデレラ仮説
11 運動単位動員と筋肉痛発症との関係
12 筋肉痛と運動制御との間の相互作用
13 作業関連性筋痛症の神経生理学的メカニズム
14 実験的筋肉痛が H 反射と伸張反射に及ぼす影響
15 固有感覚に対する身体作業負荷の影響
16 めまいの発症メカニズムとヒトの頸部が頭位方向性を決めるのに果たす役割
17 筋求心性グループIII-IV神経線維が脊髄ニューロンのバイアスとゲインに及 ぼす短期的影響
18 神経可塑性と慢性疼痛の調節
19 痛み関連性の大脳皮質活動変化と可塑性
20 作業関連性筋痛症発症における筋交感神経活動の役割
21 交感神経系と筋機能との相互作用,および交感神経系の運動制御への関与
22 交感神経系による感覚制御と慢性痛への関与
23 交感神経による骨格筋への長期間栄養的影響
24 反射性交感神経性ジストロフィー

終 章 慢性作業関連性筋痛症の統合モデル
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

がんばれリハビリくん 病院編

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
がんばれリハビリくん 病院編
【内容】
リハビリは「苦」or「笑」? 突然の脳内出血で、身体の自由を奪われたリハビリくん。理学療法、作業療法、言語療法など、リハビリ中によくあるエピソードを描いた、笑える4コマ漫画集。
【目次】
ヨーイドン
股間力
反動
たしかめて
訓練
条件反射
おたくはすごい
おもての教材
空いてます
べつにいいけど〔ほか〕
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 整形外科学

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 整形外科学

【序文】
運動器疾患とは,一般的に整形外科で対象とする疾患を指し,骨,関節,靱帯などの骨格系器官や神経・筋に関する疾患や外傷による疾患である.整形外科は検査法および外科的方法の画期的進歩を遂げる一方で,術後という立場からリハビリテーション医療(以下,「リハ医療」と略す)は後療法といわれてきた.
 リハ医療の対象となる運動器疾患に特徴的な障害は,関節拘縮,筋力低下・持久力低下,疼痛,歩行障害,日常生活活動(ADL)障害である.また,リハ医学とは,「従来の臓器別の生命維持のための臨床医学とは次元を異にし,人間に備わった二本足歩行,手の使用という知的・創造的な機能(津山直一),さらに言語を媒介としての意思の疎通をはかる人間独特な機能を対象とする医学」であり,人間らしさを求める医学であると考える.
 リハ医療のなかで,理学療法士(PT)は運動療法および物理療法を駆使し治療するスペシャリストであり,作業療法士(OT)は作業という媒介を使い治療するスペシャリストである.運動器疾患を学ぶことは,運動器の基礎知識をもっていれば,それほど難しいものではない.しかしながら,近年になり疾患の詳細な分類,高度な手術法,および材料によりきめ細かな対応が求められてきているため,PT・OTにおいてもそれに順じ応ずべきである.
 改訂第3版では,本書のオリジナルな特徴を生かしながら,さらに学習しやすいように図表を多く取り入れ整理している.また,「Advanced Studies」「NOTE」の充実,セルフアセスメントの追加も行った.目次こそ変更はないが,本文も細部にわたり確認・見直しを行い,PT・OTを目指す学生諸君にとって必要かつ十分な内容になったと自負している.
 「リハにおいてはその人が何を喪ったかが問題ではなく,その人に何が残されているかが問題なのである」(Rusk, H.A.),「患者自身が自分を治すこと,それこそまさに理学療法の奥義である」(Cotlon, F.J.,津山直一訳)という名言がある.最大限に学んだ知識を駆使し,しかしおごらず,謙虚な態度で温かく診療にあたっていただくことを願っている次第である.

 2009年12月
 立野 勝彦

【目次】
序説 PT・OTと整形外科のかかわり
 1 整形外科基礎知識
 2 運動器の評価および検査法
 3 整形外科的治療法

整形外科疾病論
 4 炎症性疾患
 5 代謝・内分泌性疾患,退行性疾患
 6 先天性骨・関節疾患
 7 循環障害と壊死性疾患
 8 骨・軟部腫瘍
 9 神経・筋疾患
 10 脊椎の疾患

外傷性疾患
 11 骨折
 12 脊髄損傷
 13 関節における外傷性疾患
 14 末梢神経における外傷性疾患
 15 腱・靱帯における外傷性疾患
 16 スポーツ傷害
 17 熱傷
 18 切断および離断

  セルフアセスメント
  索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

マンガでわかるリハビリ病棟―リハビリ看護で患者さんを元気にする!

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
マンガでわかるリハビリ病棟―リハビリ看護で患者さんを元気にする!
【内容】
救急ナースを夢見る、元気いっぱい新人ナースの在原理恵子。でも配属されたのは…リハビリ病棟!?リハビリ病棟では何をするの?新米ナースが繰り広げる、笑いあり・涙ありのドタバタ奮闘記。マンガを通してリハビリ看護が楽しく学べる1冊!
【目次】
Lesson1:プロローグ--リハビリ病棟ってどんなところ?
〔解説〕リハビリ(看護)とリハビリの流れを理解しよう
Lesson2:リハビリナースも"ナース"です
〔解説〕リハビリナースの病棟業務とリスク管理
Lesson3:リハビリ病棟はチーム医療
〔解説〕リハビリ専門職とチームアプローチ
Lesson4:食べるためのリハビリとは
〔解説〕摂食・嚥下障害とリハビリテーション
Lesson5:リハビリ病棟ではトイレ動作獲得が目標!
〔解説〕リハビリと排泄ケア
Lesson6:重度障害をもつ患者さんへのリハビリ
〔解説〕重度障害であっても積極的にリハビリを!
Lesson7:エピローグ--回復期から維持期へ
〔解説〕回復期から維持期へ、切れ目のないリハビリ


索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

病医院のための患者満足度向上マニュアル

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
病医院のための患者満足度向上マニュアル
【内容】
患者の満足度をいかに高め、集患に結びつけるか。成功ノウハウをこの一冊に満載しました。
来院中の患者や受診をやめてしまった患者の「本音」を探るテクニック、医師のコミュニケーション能力を
高める患者との「話し方」、スタッフの「採用術」「接遇教育」まで、豊富な成功事例を基に
最新テクニックを徹底解説。病医院の患者増を実現する必携書です。

本書の特徴
●接遇・職員採用、院内研修資料など、先進施設が実際に使用しているマニュアル・書式を一挙公開
●患者、病医院への独自調査で浮き彫りになったサービス向上策の落とし穴、患者の不満解消の
ポイントを徹底解説
●満足度を高める説明ツールや各種グッズ、設備、スタッフの配置体制など、すぐに役立つ最新手法を満載
●患者の声を吸い上げ、改善に生かすユニークな工夫の数々を紹介
【目次】
第1章 患者サービス向上への5つの視点

1.患者の心に寄り添う
2.組織的に患者の心を拾う
3.患者の情報を生かす
4.地域の事業者と連携する
5.職員の満足度を高める


第2章 患者の声に耳を傾ける
1.通院・入院先への不満の実態
2.患者満足度調査のノウハウ
3.患者の本音をつかむ様々な手法

第3章 医師のコミュニケーション技術を高める

・「聞く」と「聴く」は別物
・「相手に合わせる」で安心感を与える
・患者に共感を示す基本技術
・患者の本音を引き出す質問術
・治療への積極性を促す
・患者の言葉を“翻訳”する
・自分の思いを伝え、患者の意欲を喚起
・反発を招かずに強く依頼する技術
・雰囲気を損なわずに話を中断させる
・最後に話を要約し、三つの確認を
・三つのステップで患者を後押し
・目標達成のメリットを自覚させる
・数値化で「できる」計画を立てる
・約束と報告で患者の行動を促す
・患者の挑戦を側面から支援する
・落ち込んでいる患者の励まし方
・患者が安心できる雰囲気づくり ほか

第4章 職員の患者応対力を高める
1.サービスマインドのある職員の採用術
2.サービス提供力高める職員教育のノウハウ
3.診療所の接遇教育の実践例
4.病院の接遇教育の実践例
5.先進施設の患者応対マニュアル

第5章 コミュニケーションツールを活用する
1.クリティカルパスの運用法
2.地域連携クリティカルパスの運用法
3.読まれるパンフレット・院内誌を作る
4.受診中断患者へのアプローチ法

第6章 先進事例に学ぶ患者サービス強化策
1.福井県済生会病院(福井市)
サービスの専門スタッフ配しきめ細かに対応
2.相良病院(鹿児島市)
女性患者の心に寄り添うサービスを追求
3.藤原眼科(広島県世羅町)
ユニークな手法でニーズ探り満足度高める
4.大川こども&内科クリニック(東京都大田区)
個々の患者の状況に応じた対応を徹底
5.両国東口クリニック(東京都墨田区)
目の肥えた患者も満足できるサービス

第7章 療養環境向上へのヒント
1.診療所外来の設計の工夫
2.病棟の療養環境改善の工夫

第8章 患者の心をつかむアイデア集
1.患者特性を考慮した専門サービス
2.不満や苦痛を軽減させる快適サービス
3.個別性を追求した情報提供サービス
4.患者との距離を縮めるコミュニケーション

第9章 患者満足度向上策の失敗・誤算事例に学ぶ
1.診療所における失敗・誤算の実態
2.病院における失敗・誤算の実態

第10章 診療所院長のための経営相談室
1.患者への情報提供
2.アメニティー改善策
3.待ち時間対策・診療時間の設定
4.患者応対法

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

心臓リハビリテーション実践マニュアル―評価・処方・患者指導

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

心臓リハビリテーション実践マニュアル―評価・処方・患者指導
【内容】
心臓リハビリテーションによる生命予後やQOLについてのエビデンスが揃いはじめ,今,注目を集めている.本書では,目の前の心疾患患者をいかに評価しリハビリテーション計画を作成するか,そして実際に行うにあたっての注意点やリスク管理まで詳述.運動負荷試験については,読み取りからプログラム作成まで,症例を提示し具体的に解説した.さらに栄養指導を含めた,きめ細かい患者指導についてもふれた.
【目次】
1章 心臓リハビリテーションとは
(心臓リハビリテーションの歴史と定義・目的心臓リハビリテーシヨンのエビデンス)
2章 心臓リハビリテーションに必要な病態の評価
(虚血性心疾患心臓外科手術後)
3章 運動機能評価と運動プログラム作成
(ベッドサイド(病棟)での運動機能評価運動負荷試験の種類と使い分け ほか)
4章 心臓リハビリテーションを運営する
(保健診療必要な施設と機材 ほか)

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

まごころの介護食―「お母さんおいしいですか?」

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
まごころの介護食―「お母さんおいしいですか?」
【内容】
91歳の母は、最後の28か月間「寝たきり」でした。栄養剤を胃に流し込む、延命治療を拒否し、退院した母の命が尽きるときまで、自分の口から食べられるように、食事内容を工夫し、穏やかな在宅介護を続けました。―あきらめない!ひとさじの力を。
【目次】
序章 看取りのとき
1章 母の老いと介護生活の始まり
2章 「要介護5」でも在宅介護で暮らそう
3章 200以上の頻脈と呼吸苦で入院
4章 胃ろう拒否
5章 在宅介護に戻そう
6章 何を食べてもらえるだろう?
終章 ホームページの食の情報
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

三流になった日本の医療

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

三流になった日本の医療

【内容】
海外の病院で盲腸炎を手術したらいくらかかるか?
アメリカなら2泊3日で約200万円、ヨーロッパなら同じく約100万円。
日本だと1週間の入院で約30万円、自己負担3割なら10万円弱だ。
これは日本の医療費が「公定価格」で、
国の医療予算を節約するために世界の常識から外れた不当に安い値段で現場に高度医療を強要しているせいだ。
その結果、何が起こったか。
日本の大病院のスタッフはアメリカの10分の1、相次ぐ病院の倒産・閉鎖、医療事故の多発、医師の自殺、看護師の「燃え尽き」症候群、
産婦人科医・小児科医の激減、妊婦のたらい回し、等々。
日本はすでに国際的に見て「医療三流国」なのだ。
本書は、先進国として恥かしい、たった9兆円の予算しか負担しない政府の不勉強・不見識を、医療現場の怒りを代表して告発した問題作。
著者は創立125年の伝統を誇る日本初の眼科専門病院の院長であり、日本屈指の「神の手」をもつ眼科専門医。
【目次】
第1章 日本の医療費は安すぎる
第2章 医療費三四兆円は国際的に高すぎるのか
第3章 医者と看護師の涙ぐましい献身
第4章 若者が産婦人科医、小児科医になりたがらない理由
第5章 医師不足は産婦人科、小児科ばかりではない
第6章 現場で見る日本の医療の現状
第7章 国民の権利意識の向上
第8章 国民が求めるほんとうの医療
第9章 住民の健康を重視する自治体、しない自治体
第10章 一流の条件と三流になった日本の医療
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

自分で治す!痛み・こり・しびれ

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
自分で治す!痛み・こり・しびれ<健康体操と食で改善>
【内容】
加齢とともに気になる、さまざまな身体の変調・・・そんな悩みは、ちょっとした空きの時間でできる、かんたんな体操で解消しましょう!
健康的な毎日を送るうえで欠かせない、食事のアドバイス&レシピも掲載しました!
【目次】

[健康体操]
第1章 上半身編/肩こり、眼精疲労等の症状
第2章 下半身編/腰痛、便秘、尿漏れ等の症状
第3章 末梢編/ひじ、ひざ、関節炎等の症状 [ヘルシーコラム&レシピ]
・バランス+よく噛む=健康(きんぴらのまぜごはん 他)
・旬が、いちばんの健康食品(冬野菜のポトフ 他)
・健康は、一日にしてならず(豆腐ステーキ 他)
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

呼吸器ケア Vol.8No.2―呼吸ケアの臨床・教育専門誌

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
呼吸器ケア Vol.8No.2―呼吸ケアの臨床・教育専門誌

【目次】
◆Theme1 呼吸アセスメントのための手技
神戸百年記念病院 佐々木麻巳子 婦木亜紀子 松本慶吾 松本栄始 尾孝平

◆Theme2 呼吸練習
富士宮市立病院 磯野靖夫

◆Theme3 徒手的呼吸介助手技
日本工学院専門学校 医療カレッジ 真寿田三葉 栗田英明

◆Theme4 気道クリアランスのための手技
市立札幌病院 高橋正浩 伊藤妙 杉浦宏和 鶴間奈津子

◆Theme5 胸郭可動域練習
公立陶生病院 有薗信一 長谷川隆一 小川智也 渡邉文子 寶門玲美 平澤 純

◆Theme6 体位呼吸療法
済生会熊本病院 森下一樹 岡田大輔


[第二特集]対応がチャートでわかる!結核治療のUp-To-Date
プランナー : 札幌市立大学 淵本雅昭

◆Theme1 結核とは? 結核治療の“いま”
札幌医科大学 高橋弘毅

◆Theme2 人工呼吸センターにおける結核対策 ― 早期発見への取り組み
特定医療法人井上病院 田郁美 林朝子 森松靜 石谷利光

◆Theme3 結核患者への対応(1) 結核病棟を有する病院での対応
独立行政法人国立病院機構 札幌南病院 掛水智子

◆Theme4 結核患者への対応(2) 結核病棟がない病院での対応
東邦大学医療センター大森病院 荒木弥生


■連載
●FRONT ESSAY
・小児アレルギー認定エデュケーター制度
地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 亀田誠

●決定版!Q&Aでわかる長期人工呼吸器装着患者のケア
・長期人工呼吸管理中の栄養管理
聖路加看護大学 四本竜一

●マンガで解説!RSTと実践するコラボレーションケア
・舌苔が付着している人工呼吸器装着患者の口腔ケアについて
兵庫医科大学病院 ICU RST(呼吸ケアチーム)

●アメリカの呼吸ケアの今がわかる Pick Up Topics from AARC Times
・NICU における人工呼吸器関連肺炎(VAP)の予防
NPO 法人日本呼吸ケアネットワーク

●合格しました!呼吸療法認定士 -3 学会合同呼吸療法認定士 受験体験記-
独立行政法人国立病院機構 盛岡病院 室岡惠子

●解きながらマスター!呼吸ケア基本知識チェックテスト 2010
・呼吸機能検査について
滋賀県立成人病センター 松本修一

●Quiz 呼吸ケアのための画像診断
名古屋大学医学部附属病院 今井直幸 今泉和良 長谷川好規

●研究会Report 呼吸ケアがつなぐ 地域連携の道しるべ
・沖縄で花開く呼吸ケアへの情熱
沖縄呼吸ケア研究会

●看護の現場のあんなこと・こんなこと 認定看護師の呼吸ケアないしょ話
・気管吸引は何を吸引しているの?
聖マリアンナ医科大学病院 渡邊真貴

●はびきのの丘の上から 呼吸器看護専門外来より
・人とのふれあいは元気の源!
地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 竹川幸恵


■その他
●呼吸器ケア情報掲示板

●呼吸器ケア読者のページ

●投稿論文募集

●Information





索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

理学療法士のための運動処方マニュアル 2版

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
理学療法士のための運動処方マニュアル 2版
【内容】
本書は序・実地編・基本編から構成され,序では運動の功罪,実地編では健康の維持・増進のための運動処方とその対象となる各種疾患,そして基本編では運動生理学的基礎と運動処方に関連した基本的知識を紹介している.今回の第2版を出版するにあたり,実地編に「介護予防の運動処方」と「メタボリックシンドローム」を新たに追加,また,全般的に臨床データを刷新し,一部の専門用語を最新のものに改めている.理学療法士必読の1冊.
☆図版108点,表組100点,写真1点
【目次】

序 運動の功罪
  I.生活習慣病と医療費の増大
  II.生活習慣病に対する運動の効果
  III.中高年の運動中の事故とその対処
実地編─各種疾患,障害者に対する運動処方
 第1章 健康維持・増進のための運動処方
  A 中高年齢者の健康維持・増進のための運動処方
  I.中高年齢者の特徴とは何か
  II.運動をなぜするのか? どのくらい効くか?
  III.運動処方の適応と禁忌
  IV.運動処方の実際
  V.運動処方で気をつけることと,問題となること
  B 女性のための運動処方
  I.女性の特徴とは何か?
  II.若年女性のスポーツはなぜいいか,どのくらい効くか?
  III.中高年齢女性の運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の実際
  V.運動処方の注意点,問題点
  C 介護予防のための運動処方
  I.介護予防とは
  II.介護予防の必要性
  III.介護予防の発生原因
  IV.老年症候群(geriatric syndrome)
  V.加齢に伴う機能低下(体力測定要素から)
  VI.高齢者における酸素利用能力
  VII.高齢者における歩行能力の意味
  場Q.介護予防事業実施前の必要事項
  場R.介護予防における運動機能向上事業での評価項目
  場S.実際のプログラムについて
 第2章 各種疾患の運動処方
  A メタボリックシンドローム
  I.メタボリックシンドロームの概念
  II.特定健診・特定保健指導
  B 肥満者の減量のための運動処方
  I.肥満とは何か? どう判定するか?
  II.肥満をいかに治療するか?
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  C 糖尿病患者に対する運動処方
  I.糖尿病患者の病態の特徴に応じた負荷試験の計画
  II.糖尿病患者に対する運動負荷試験
  III.実際の運動負荷試験
  IV.運動負荷試験および運動処方の実際
  V.糖尿病患者の運動処方の整理
  D 脂質異常症の運動処方
  I.脂質異常症とはどういう病気か
  II.脂質異常症をどう治療するか
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  E 高尿酸血症(痛風)の運動処方
  I.高尿酸血症とはどういう病気か
  II.高尿酸血症をどう治療するか
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌(含むメディカルチェック)
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  F 高血圧症の運動処方
  I.高血圧症とはどういう病気か
  II.高血圧症をどう治療するか
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  G 虚血性心疾患の運動処方
  I.虚血性心疾患とはどういう病気か
  II.虚血性心疾患をどう治療するか?
  III.運動はなぜ心疾患患者に勧められるか
  IV.虚血性心疾患の運動機能評価
  V.運動療法の適応と除外基準
  VI.運動処方の実際
  H その他の心疾患の運動処方
  I.運動処方が有効な心疾患にはどういう病気があるか
  II.運動処方が有効な心疾患をどう治療するか?
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?(疾患別の意義と効果について)
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.レジスタンストレーニング処方の実際
  VII.運動処方で気をつけることと,問題となること
  I 呼吸器疾患の運動処方
  I.運動処方が有効な呼吸器疾患にはどういう病気があるか
  II.運動処方が有効な呼吸器疾患をどう治療するか?
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  J 腎疾患の運動処方
  I.運動処方が有効な腎疾患にはどういう病気があるか
  II.運動処方が有効な腎疾患をどう治療するか?
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  K 肝疾患の運動処方
  I.運動処方が有効な肝疾患にはどういう病気があるか
  II.運動処方が有効な肝疾患をどう治療するか?
  III.運動はなぜいいか,どのくらい効くか?
  IV.運動処方の適応と禁忌
  V.運動処方の実際
  VI.運動処方で気をつけることと,問題となること
  L 脳卒中片麻痺患者の対する運動処方
  I.脳卒中片麻痺患者の体力の特徴
  II.脳卒中片麻痺患者に対する運動負荷試験
  III.実際の運動負荷試験
  IV.運動負荷試験後のデータの処理
  V.運動負荷試験および運動処方の実際
  VI.理学療法中の運動強度
  VII.脳卒中片麻痺患者に対する全身持久力改善を目的とした理学療法の効果
基本編
 第1章 運動処方の運動生理学的基礎
  I.運動と呼吸・循環機能
  II.運動時のエネルギー代謝
 第2章 運動処方総論
  I.運動処方とは─運動処方の発想─
  II.運動処方作成の手順
  III.運動処方の作成
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

理学療法データブック

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
理学療法データブック (文庫)
【内容】
理学療法士の使命であるクライエントが抱える問題を解決するその過程においては,必要とされる知識の量は膨大となり,記憶しきれない知識(データ)は非常に多い.あやふやな記憶(知識)によるあいまいな意思決定を行うのではなく,確かなデータを活用して質の高い理学療法を提供しなければならない.
本書は,理学療法士に必要な知識と膨大な情報量を,携帯に便利なコンパクトなサイズに集約.臨床現場では白衣のポケットに常備して診療や臨床実習における思考を支え,また,教育現場では学生の「活用力」を育成する教材となることを目指した.
本書の内容は大きく2編で構成され,共通編では主に臨床検査,運動機能検査,生理・精神機能,ADLおよび補装具のデータを,疾患別編では神経,筋,精神,骨関節,循環器,呼吸器,代謝の疾患・外傷データを掲載した.
☆図版94点,表組423点,写真132点

【目次】

索引
I.共通編
 1.基本データ
 2.臨床検査データ
 3.運動機能検査
  A.形態
  B.関節運動・機能
  C.筋力
  D.感覚
  E.反射
  F.バランス・協調性
  G.筋緊張
  H.運動耐容能・持久力
 4.生理・精神機能
  A.呼吸機能
  B.循環機能
  C.精神機能
 5.ADLおよび補装具
  A.ADL
  B.車いす
  C.歩行補助具
  D.装具
  E.歩行
 6.関連法規
  A.身体障害者手帳
  B.介護保険
II.疾患別編
 1.中枢神経疾患・外傷
  A.脳血管障害
  B.脳および髄膜炎
  C.脳・脊髄腫瘍
  D.パーキンソン病 Parkinson disease
  E.ハンチントン病 Huntignton disease
  F.脊髄小脳変性症 SCD
  G.筋萎縮性側索硬化症 ALS
  H.多発性硬化症 MS
  I. 頭部外傷
  J.水頭症
  K.脳性麻痺 CP
 2.末梢神経疾患・外傷
  A.ギラン・バレー症候群
  B.絞扼性ニューロパチー
  C.神経叢障害
  D.ベル麻痺 Bell’s palsy
 3.自律神経障害
  A.自律神経障害
  B.シャイドレガー症候群 SDS
  C.起立性低血圧
  D.反射性交感神経性ジストロフィー RSD
 4.筋疾患
  A.筋ジストロフィー
  B.デゥシェンヌ型筋ジストロフィー DMD
  C.多発性筋炎 PM
  D.周期性四肢麻痺
  E.重症筋無力症 MG
 5.精神疾患(認知症 demetia)
  A.脳血管性認知症
  B.アルツハイマー病
  C.ピック病
  D.レヴィー小体型認知症
  E.正常圧水頭症 NPH
 6.上肢の骨関節疾患・外傷
  I.肩関節障害
  A.肩関節不安定症
  B.変形・変性疾患
  C.スポーツ傷害・障害:投球障害
  D.外傷
  II.肘関節・前腕の障害
  A.変形・変性疾患
  B.スポーツ障害
  C.外傷
  III.手関節障害
  A.変形・拘縮
  B.外傷
 7.下肢の骨関節疾患・外傷
  I.股関節障害
  A.変形・変性疾患
  B.外傷
  II.膝関節・下腿の障害
  A.変形・変性疾患
  B.外傷
  C.スポーツ障害
  III.足関節および足趾障害
  A.変形・変性疾患
  B.外傷
 8.体幹の骨関節疾患・外傷
  A.頸椎および頸髄障害
  B.脊髄の障害
  C.胸腰椎の障害
  D.腰椎の障害
 9.全身性の骨関節疾患・外傷
  A.関節リウマチ
  B.若年性関節リウマチ
  C.骨粗鬆症
  D.ビタミンD欠乏症(骨軟化症,くる病)
  E.骨腫瘍
  F.熱傷
 10.心疾患・循環器疾患
  A.末梢循環障害
  B.心疾患
  C.虚血性心疾患 IHD
  D.弁膜疾患
  E.先天性心疾患
 11.呼吸器疾患
  A.感染性呼吸器疾患
  B.一般的呼吸器疾患
  C.慢性閉塞性肺疾患 COPD
  D.拘束性肺疾患
  E.腫瘍
  F.胸膜疾患
 12.代謝疾患
  A.肥満
  B.糖尿病
  C.脂質異常症
  D.痛風

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif


理学療法学ゴールド・マスター・テキスト 1

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
理学療法学ゴールド・マスター・テキスト 1 (単行本) <br />

【内容】
本シリーズは,理学療法について知識のない学生の方々でもわかりやすいように,読みやすく解説した理学療法学専門分野のテキストである。「1 理学療法評価学」については,学生が身につけるべき基本的な評価法を丁寧に解説し,そのうえで障害領域ごとの評価法を掲載した。
本書巻頭には「Introduction」を設けており,「理学療法評価」の考え方や全体像を把握しやすいようにしてある。さらに,重要ポイントを解説した「Check・Point」,用語・補足説明の「用語アラカルト」や「MEMO」,日常生活に基づく「エピソード」などを随所に入れており,理解の促進を図った。豊富なイラスト・図表・囲み記事を盛り込んでおり,講義で使うだけでなく,ひとりでも着実に学べるテキストとした。
是非,イラストとともに読み進めて,臨床・応用にも役立つような理学療法の知識を身につけて欲しい!
【序文】
理学療法専門分野をすべて網羅したテキスト「ゴールド・マスター・テキスト」が上梓されました。本テキストシリーズは「理学療法評価学」・「運動療法学」・「物理療法学」・「整形外科系理学療法学」・「中枢神経系理学療法学」・「内部障害系理学療法学」・「地域理学療法学」の全7巻から構成されています。
 本シリーズの特色は,“臨床知識につながる高度な内容を,レベルを落とさず一読で理解できる内容”にこだわったことにあります。いままでの理学療法の教科書や参考書・テキストは学問的に優れた内容ではありますが,その内容が実際のところ臨床とどのようにリンクされているかがあまりにも不明瞭・不親切な記載が数多くみられます。本シリーズでは,このような不適切なことのないような配慮のもとに編集されました。
 「Introduction」では,これを一読するだけで「これから何を学ぶのか」ということを理解できるような内容を全巻それぞれに盛り込んであります。「各論」では“基礎・原理”に続き「よって,どのような治療法・対処法が必要になるのか」ということにストーリー性を持たせた構成で,論理的に理解できる工夫が施されています。執筆者には「どうすれば短期間に効率よく確実に理解できるか」を絶えず念頭に置いての執筆に心がけて頂きました。また勉強の流れを妨げる“唐突な専門用語”は「用語解説」として欄外に示すなどの工夫を加えました。
 本書は理学療法学科・専攻の学生を対象にした内容に特化することで,理学療法学科・専攻の教員にも納得できる内容かつ教えやすい編集にこだわりました。このため,効率よく学生に教授することが可能ならしめると確信しています。
 本書の不備な点などがあれば,読者諸氏のご教示をお願いします。

2009年7月 
首都大学東京 柳澤 健

【目次】
0 Introduction
1 理学療法評価の基本的理解
2 基本的評価法
3 障害別評価法


索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

コミュニティケア 137

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
コミュニティケア 137
【目次】
●特集
今年はチャレンジ! 開業ナース

〈インタビュー〉
知ってほしい、広まってほしい“開業ナース”/村松静子

〈報告1 原田訪問看護センター〉
訪問看護ステーションを開設して/原田典子
〈Column〉開業ナース・開業セラピストとして働くこと

〈報告2〉
小規模多機能型居宅介護で開業して/田口アキ子

〈報告3〉
“在宅の視点”で介護セミナーを企画・運営して/松浦みゆき

〈レポート〉
主体性のある「看護の力」を地域で発揮する開業ナースたち
──「開業ナース育成研修20周年セミナー」が開催/栗原知女


●第2特集
訪問看護・特養で役立つ
呼吸リハビリテーションのコツ

〈インタビュー〉
しっかり学んだ訪問看護師の呼吸リハは一味違う/上野桂子

〈レポート〉
講義と演習で充実した1日
――「呼吸理学療法研修会~しっかり学ぼう呼吸リハ」/青木茂美

〈受講生の声1〉
利用者の誤嚥時に呼吸リハで入院を回避/望月あづさ

〈受講生の声2〉
訪問看護の場で早速役立てられた/古本正美

●新春対談

在宅ケアの未来を語る――「あおぞら診療所」の10年の実践から
/日野原重明・和田忠志

●シリーズ

[新連載]地域看護専門看護師リレー・エッセー コミュニティで輝く/馬庭恭子
ひかり輝く“看護”を実感する

コミュニティケア探訪/村上紀美子
望む人はすべて家で最期を迎えられる! バックアップがあれば緩和ケアの意識が育つ
NPO法人ホームホスピス宮崎「かあさんの家」~理事長・市原美穂さん(宮崎市)

在宅・施設で生かす 看護職が行う指圧・マッサージ/河内香久子
リンパ浮腫のケアを学ぼう1 ~浮腫の基礎知識

看護職が担う高齢者虐待の対応と予防~実践事例・活動から学ぶ/角田陽子
松戸市高齢者虐待防止ネットワーク──多職種連携の実際と看護職が担う役割

日本訪問看護振興財団からのお知らせ
ステーションに"相談相手"を派遣します! ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
訪問看護事業所における事故の状況 ほか


●COLUMN

ニュース手帳/編集部

Review City/池田省三
零細介護事業者の中堅企業への再編成を

高齢者ケアの風景/甘利てる代
デンマークの高齢者福祉が豊かな理由

押川眞喜子の“メッセージ from St.Luke”/押川眞喜子
ちょっとつらい? ヘルパーさんへの共感や受容


●PEOPLE

所澤いづみさん
医療依存度の高い人の症状緩和をめざして
──メディカルアロマセラピーを実践


索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

医療従事者のための医用工学概論

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
医療従事者のための医用工学概論
【内容】
臨床工学技士、理学療法士、看護師など、医師ではないが医療に携わる職業に就くには医療機器の取扱い、医療データの管理などにおいてある一定程度の工学的な知識が求められる。
 本書は、これらの医療従事者を目指す大学、専門学校の学生を対象として、「医(用)工学」を概括的にわかりやすく解説した教科書。
【目次】
第1部 基礎論
1章 医用工学とは
2章 医療のための化学
3章 医療のための物理学
4章 人間工学
5章 医療統計学

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

解剖トレーニングノート 第4版

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

解剖トレーニングノート 第4版
【内容】
楽しい!やる気がでる!と評判の、書き込み式「解剖トレーニングノート」が新しくなりました。

第4版では、ついにすべてのイラストがフルカラー化。「書いて覚える」という初版から変わらないコンセプトはそのままに、イラストはよりわかりやすく、答えはより書き込みやすく、今回はさらに新しいイラストも加わって、ますます使いやすくなりました。「解剖学は苦手、覚えられない…」という人にこそ、おすすめしたい一冊です。
【目次】
1 人体の部位
2 骨
3 消化器
4 呼吸器
5 循環器
6 泌尿器
7 生殖器
8 関節と筋
9 脊髄神経
10 脳と脊髄
11 感覚器
12 脳神経
13 自律神経
14 内分泌

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養―栄養ケアがリハを変える

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。


PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養―栄養ケアがリハを変える
【内容】
NSTに関わるPT・OT・STの人数が増えている.廃用症候群と解釈している患者が,実はマラスムス型や混合型の栄養障害のこともある.このような患者に安易に筋力トレーニングを行うと,かえって筋力が低下する可能性があるが,リハの知識をどのようにNSTや臨床栄養管理に活用していけばよいかの栄養の与える知識をわかりやすく解説して,適切で効果的なリハビリテーションについて解説している.
【目次】
CHAPTER1 リハビリテーションと栄養
 1 リハビリテーションと栄養
  なぜリハビリテーションに栄養が必要か
  ICFと栄養
  訓練効果を高める栄養
 2 栄養不良時の代謝
  同化と異化
  5大栄養素の基本
  飢餓時の代謝
  侵襲時の代謝
 3 運動栄養学とリハビリテーション
  筋萎縮の原因と対応
  栄養と運動のタイミング
  筋力を高める栄養
  持久力を高める栄養
  訓練効果を高めるスケジュール
 4 栄養不良時のリハビリテーション
  機能改善か機能維持か
  栄養指標の目安
  栄養不良時の訓練
 コラム
  Prehabilitation
  サプリメントとリハビリテーション
  Sarcopenic obesity
  機能訓練室に栄養剤を
CHAPTER2 リハビリテーション栄養ケアマネジメント
 1 リハビリテーション栄養ケアマネジメント
  マネジメントとは
  セルフマネジメント
  リハビリテーション栄養ケアマネジメントとは
 2 リハビリテーション栄養スクリーニング
  SGA
  MNA
  疾患・障害名で行うリハビリテーション栄養スクリーニング
  初期評価時に行うリハビリテーション栄養スクリーニング
  検査値で行うリハビリテーション栄養スクリーニング
 3 リハビリテーション栄養アセスメント
  身体計測
  検査値
  筋萎縮の原因と程度
  摂食・嚥下機能評価
  リハビリテーションの種類・内容・時間
  エネルギー消費量
  エネルギー摂取量
 4 リハビリテーション栄養ケアプラン
  リハビリテーション栄養のゴール設定
  投与ルート
  推定エネルギー必要量
  リハビリテーションの種類・内容・時間
 コラム
  リハビリテーション栄養とEBCP
  リハビリテーション栄養と臨床研究
  あなたの栄養足りていますか
  Refeeding症候群
CHAPTER3 NST
 1 NST
  NSTとは
  NSTとリハビリテーションの関連
  チーム形態の種類
  PT・OT・STの役割
 2 地域一体型NST
  地域一体型NSTとは
  地域連携パス
 コラム
  NST専門療法士
  スポーツ栄養士
CHAPTER4 主な疾患のリハビリテーション栄養
 1─廃用症候群
 2─脳卒中
 3─パーキンソン病
 4─がん
 5─誤嚥性肺炎
 6─褥瘡
 7─大腿骨頸部骨折
 8─関節リウマチ
 9─慢性閉塞性肺疾患
 10─慢性心不全
 コラム
  筋萎縮による摂食・嚥下障害
  脳性麻痺とリハビリテーション栄養
  在宅リハビリテーション栄養
  半固形化栄養とリハビリテーション
  ERAS
  日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
  神経性食思不振症とリハビリテーション栄養

 自己学習したいPT・OT・STのための推奨サイトと推奨図書

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

対談集 旅は最高のリハビリ!―失語症海外旅行団の軌跡

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
対談集 旅は最高のリハビリ!―失語症海外旅行団の軌跡
【内容】
アメリカ・イギリス・スイス・オーストラリア。
世界各国の失語症者との感動的な交流の数々。
「世の中にこんな楽しいことがあるのに死んでなんかいられない」
旅行団に参加して生きる力が湧いてくる参加者たち。
太田仁史医師・遠藤尚志言語聴覚士と参加家族が旅を振り返る。
【目次】
第1章 私と失語症友の会海外旅行団との出会い
第2章 失語症者の海外旅行団が始まるまで
第3章 大田仁史先生と「障害のある方の旅」との出会い
第4章 車椅子による失語症者の海外旅行の準備
第5章 60名でロンドンとスイスへ
第6章 失語症者の日英交流会
第7章 美しい国スイス―絶景のマッターホルン
インサイドストーリー 国際交流会の発展
第8章 旅の成果
第9章 旅は最高のリハビリ
寄稿1 「旅行会社として・障害のある方の参加される旅行を担当して」
寄稿2 「旅をしよう!『旅』で人生が変わる」
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

〈ケアをひらく〉リハビリの夜

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
〈ケアをひらく〉リハビリの夜
【内容】
痛いのは困る。気持ちいいのがいい。
現役の小児科医にして脳性まひ当事者である著者は、あるとき「健常な動き」を目指すリハビリを諦めた。そして、《他者》や《モノ》との身体接触をたよりに「官能的」にみずからの運動を立ち上げてきた。リハビリキャンプでの過酷で耽美な体験、初めて電動車いすに乗ったときのめくるめく感覚などを、全身全霊で語り尽くした驚愕の書。
【目次】
序章 リハビリキャンプ
第一章 脳性まひという体験
 1 脳内バーチャルリアリティ
 2 緊張しやすい体
 3 折りたたみナイフ現象の快楽
 4 動きを取り込み、人をあやつる
第二章 トレイナーとトレイニー
 1 ほどかれる体
 2 まなざされる体
 3 見捨てられる体
 4 心への介入が体をこわばらせる
 5 体への介入が暴力へと転じるとき
 6 女子大生トレイナーとの「ランバダ」
第三章 リハビリの夜
 1 夕暮れ
 2 歩かない子の部屋
 3 歩く子の部屋
 4 女風呂
 5 自慰にふける少年
第四章 耽り
 1 対比に萌える
 2 取り込めないセックス
 3 規範・緊張・官能
 4 打たれる少女
第五章 動きの誕生
 1 モノと作り上げる動き
 2 人と作り上げる動き
 3 「大枠の目標設定」が重要な理由
 4 世界にそそぐまなざしの共有
 5 助け合いから暴力へ
第六章 隙間に「自由」が宿る-もうひとつの発達論
 1 両生類と爬虫類の中間くらい?
 2 便意という他者
 3 身体に救われる
 4 むすんでひらいてつながって
 5 衰えに向けて

 注
 文献

 あとがき

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

在宅・訪問リハビリテーションリスク管理実践テキスト

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
在宅・訪問リハビリテーションリスク管理実践テキスト
【内容】
施設医療から在宅医療への法的整備に伴い訪問リハも活発に行われるようになった.現場のリハスタッフが困難な状態に陥らないための具体的ノウハウをわかりやすく解説する.
【目次】

PART I 総 論

1 在宅・訪問リハビリテーションにおけるリスク管理の目的
A. 訪問リハの法的背景
B. 医療と生活の場におけるリハビリ
C. 在宅・訪問リハビリテーションにおけるリスク
D. リスク管理の歴史
E. 安全管理マニュアルの作成と職員教育
2 在宅・訪問リハビリテーションにおけるリスク管理の必要性
A. 医療訴訟の動向と現場の課題
B. リスクマネジメント
C. 在宅・訪問リハビリテーションにおけるリスク管理
D. リスク管理の準備
3 在宅・訪問リハビリテーションにおける事故の実際
A. 在宅・訪問リハビリテーションにおける事故の現状
B. 医療事故に関わる法的責任
C. 医療事故における訴訟の傾向と対策
D. 在宅・訪問リハビリテーションにおける具体的なリスク管理対策
4 他職種との連携におけるリスク管理
A. 在宅・訪問リハビリテーションの現場での連携
B. 書類などにおける連携上のリスク
C. ルールの確立
D. 各職種との付き合い方のポイント
5 ホスピタリティ・接遇・人間関係
A. 在宅・訪問リハビリテーションにおけるホスピタリティ概念の重要性
B. 顧客満足と在宅・訪問リハビリテーション
C. 症例提示

PART II 各 論

6 フィジカルアセスメント
A. 訪問時のフィジカルアセスメントの実際(準備から記録まで)
B. 基礎知識
C. フィジカルアセスメントからわかる症状
D. モニタリング機器
E. 医療処置への注意点
F. 感染予防
7 与薬に関する注意事項
A. 服用時点
B. 剤 形
C. 薬の効果持続時間
D. コンプライアンスを保つ工夫
E. コンプライアンスを向上させること
8 摂食・嚥下障害と脱水および低栄養在宅高齢者に対する食の危機の発見
A. 摂食・嚥下障害
B. 脱水および低栄養の危険:高齢者が食べられない時の対応
9 転倒の評価
A. 転倒歴
B. 起立性低血圧
C. 視力障害
D. 歩行能力
E. バランス能力
10 住環境・住宅設備
A. 住環境整備の概念
B. 住環境整備におけるリスクと要因
C. 支援プロセスに沿ったリスク管理
D. 整備のポイント

PART III 疾患特異的な観察

11 心疾患
A. 心疾患の危険因子を把握する
B. 心疾患における身体(理学的)所見の重要性
C. 心疾患の病態・症状・身体所見を識る
D. 心疾患の自覚症状
E. 緊急時の血圧測定
F. 心疾患を有する利用者における運動時の一般的注意
12 呼吸器疾患
A. 急性増悪とは
B. 問 診
C. 息切れの評価
D. 息切れと低酸素血症
E. 喀痰の評価
F. 視診・触診
G. 聴 診
H. その他の観察
13 糖尿病
A. 在宅・訪問リハビリテーションにおけるトラブル
B. 血糖自己測定
C. 血糖コントロールの指標
14 整形外科
A. 骨 折
B. 脱 臼
C. トラブルに遭遇した場合の対応
15 脳血管疾患
A. 脳血管疾患患者の医学的リスクと転倒リスク管理の必要性
B. 脳血管疾患患者の医学的リスク
C. 脳血管疾患患者の医学的リスク管理とモニタリング
D. 医学的リスクの関連要因
E. 在宅CVA患者の医学的リスク管理の実際
F. 脳血管疾患患者の転倒リスク管理
16 神経難病
A. 神経難病の在宅・訪問リハビリテーション
B. 神経難病に共通したリスク管理
C. 各疾患別リスク管理

PART IV 付 録

訪問リハビリテーション実施の訪問看護ステーションにおける
アクシデント・インシデント報告集計
A. 調査方法
B. 結 果
C. 考 察

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

理学療法学ゴールド・マスター・テキスト 5

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

理学療法学ゴールド・マスター・テキスト 5
【内容】
本シリーズは,理学療法について知識のない学生さんでもわかりやすいように,読みやすく解説した理学療法学専門分野のテキストである。「5 中枢神経系理学療法学」については,中枢神経に関する一般的な知識より始まり,中枢神経系の各疾患のメカニズム,またその治療を根拠と共に示した。適宜,症例や身近なエピソードも盛り込んである。
是非,イラストとともに読み進めて,臨床・応用にも役立つような理学療法の知識を身につけて欲しい!

【序文】
理学療法専門分野をすべて網羅したテキスト「ゴールド・マスター・テキスト」が上梓されました。本テキストシリーズは「理学療法評価学」・「運動療法学」・「物理療法学」・「整形外科系理学療法学」・「中枢神経系理学療法学」・「内部障害系理学療法学」・「地域理学療法学」の全7巻から構成されています。
 本シリーズの特色は,“臨床知識につながる高度な内容を,レベルを落とさず一読で理解できる内容”にこだわったことにあります。いままでの理学療法の教科書や参考書・テキストは学問的に優れた内容ではありますが,その内容が実際のところ臨床とどのようにリンクされているかがあまりにも不明瞭・不親切な記載が数多くみられます。本シリーズでは,このような不適切なことのないような配慮のもとに編集されました。
 「Introduction」では,これを一読するだけで「これから何を学ぶのか」ということを理解できるような内容を全巻それぞれに盛り込んであります。「各論」では“基礎・原理”に続き「よって,どのような治療法・対処法が必要になるのか」ということにストーリー性を持たせた構成で,論理的に理解できる工夫が施されています。執筆者には「どうすれば短期間に効率よく確実に理解できるか」を絶えず念頭に置いての執筆に心がけて頂きました。また勉強の流れを妨げる“唐突な専門用語”は「用語解説」として欄外に示すなどの工夫を加えました。
 本書は理学療法学科・専攻の学生を対象にした内容に特化することで,理学療法学科・専攻の教員にも納得できる内容かつ教えやすい編集にこだわりました。このため,効率よく学生に教授することが可能ならしめると確信しています。
 本書の不備な点などがあれば,読者諸氏のご教示をお願いします。

2009年7月 
首都大学東京 柳澤 健

【目次】
0 Introduction
1 中枢神経系理学療法学総論
2 脳卒中の理学療法
3 失語症の理学療法
4 進行性疾患における理学療法
5 小児中枢神経障害の理学療法

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

つかう本

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
つかう本
【内容】
一葉の写真が記憶を呼び起こし、詩の一節が世界を広げていく。ネットのような速さはないけれど、ゆっくりと、繰り返し、私たちに働きかける本。本書は、あるリハビリ病院の本棚から生まれた、新しいブックガイド&ワークブック集。写真集、絵本、名言集など選りすぐりの44冊が登場します。
【目次】
まずはやってみる編(さかさまぬり絵してみます?『せんのほん』
数えてみましょう『count and see』 ほか)
やわらかあたま編(これは、なんなんだ!?『bird』
こんな絶景ゴルフコース、ごいっしょしませんか?『GOLF COURSES』 ほか)
集中してみよう編(あの人がこんなことを言いました『世界名言集』
なつかしいあの風景を、さあぬってみましょう『ぬりどき日本列島』 ほか)
ちょっと難しいけど編(家族写真、撮ってみませんか?『浅田家』
あるお坊さんが、話していました『抱くことば』 ほか)
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

〈神経心理学コレクション〉認知症の「みかた」

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
〈神経心理学コレクション〉認知症の「みかた」
【内容】
認知症をどう捉え、どう診るか。精神科医と神経内科医が議論する。
高齢化社会のなか、神経心理学において認知症は重要性が増し続けているテーマである。認知症について、疾患概念をどう捉えるか、臨床でどう診るか、患者とのかかわりをどう考えるか。それらの問題を、認知症に関する神経心理学的アプローチや脳機能に通じた精神科医と神経内科医のディスカッションによりみつめ直し、認知症の臨床のこれからを考える。認知症の「みかた」を変える1冊。

【序文】
本書は山鳥 重先生,河村 満先生と私の3人で行った鼎談をもとに再構成したものである。本書の冒頭でもその経緯について触れているくだりがあるが,もともとこの話は「神経心理学コレクション」の企画にも携わっておられた故・田邉敬貴先生から,先生と私の対談形式で行う形でいただいた。この企画の草案を最初に田邉先生から伺ったのはたしか先生が会長を務められた2003年の第27回日本神経心理学会総会のときであったと記憶している。この総会では,ちょうど先生の親しい友人であるブルース・ミラー教授が“Behavioral Neurology in Dementia”と題する特別講演をされたところでもあったが,同様の内容について,田邉先生と私とで自由に話し合うという主旨であった。当然,私が聞き役であって,当時,「ピック病」を中心に次々とお仕事を発表されていた田邉先生から,認知症のbehaviorについての真髄を引き出そうと考えていた。
 この第27回日本神経心理学会総会について,私が『臨床精神医学』(第33巻14号)に書いた学会印象記を田邉先生はことのほか喜んでくださり,対談も楽しみにしてくださっていた。今,あらためてこの印象記を読み返してみても,道後温泉の懇親会でしきりと扇子を使う風呂あがりの先生の姿が鮮明に思い出される。秋晴れに映える松山城から見た雲とともに。その田邉先生は急逝されてしまった。私は田邉先生の弟子ではなかったし,事情はまったく違うのであるが,どうしても懇親会で大橋博司先生の思い出を語っては涙していた先生の姿が思い出されるのである。もはや実現不可能になってしまったが,この対談企画は何か遺された宿題のような感じになっていた。その気持ちはおそらく田邉先生の盟友であった医学書院の樋口 覚氏も同様だったのではないかと推測している。ある日,樋口氏から,この対談を山鳥先生,河村先生との鼎談という形で復活してはというご提案をいただいた。私にとってはもとより望外のことである。
 私は1992年に本書の中でもたびたび出てくるボストンのマーティン・アルバート教授のもとに留学したが,その際,山鳥先生に推薦状を書いていただいている。当時,私はまだ山鳥先生とほとんどおつきあいがなかったが,山鳥先生ご自身,私の推薦状の中で「この先生のことはまだよく知らない,でもこれから知るようになるだろう」といった趣旨のことをお書きになった。先生は正直な方である。このような知っていることは知っている,知らないことは知らないとする態度は,おそらく先生の臨床神経心理学的診察の姿勢にも通じるだろうと勝手に想像している。このような先生に,『神経心理学入門』 (医学書院)の中ではあえて取り上げなかった「痴呆」(認知症)について,ぜひ本音をうかがってみたいと常々考えていた。この鼎談を通じて,日本の神経心理学をリードする山鳥先生,河村先生というお二人の古今東西にわたる該博な知識に触れるとともに,患者さんを見守る暖かいまなざしを垣間見ることができたのは,私にとって大変幸せなことであった。
 本書が日の目を見たのは,医学書院の方々の不断の力添えのおかげである。心から御礼申し上げる。本来,この本はもっと早く完成させ,田邉先生にもご報告したいと思っていた。しかし,筆者の怠慢により,ずいぶんと時間が経ってしまった。謹んで田邉先生の墓前に供したい。

 秋晴れの 城山を見て まづ嬉し   今井つる女(高浜虚子の姪)

 2009年9月
 三村 將

【目次】
第1章 疾患概念をみる
 個別性をみる-神経心理学と診断基準
 『神経心理学入門』刊行当時と認知症
 CBD(大脳皮質基底核変性症)
 システム障害としての認知症
 認知症をどう定義するか
 executive function(実行機能)
 局在論と認知症-どこが「大事」か?

第2章 中核症状をみる
 記憶障害を考える
 軽度認知障害(MCI)
 意味記憶の障害(意味性認知症)
 記憶障害の病変部位
 言語障害を考える
 発達性サヴァン
 失行と失認

第3章 周辺症状をみる
 物盗られ妄想
 カプグラ症候群
 幻の同居人
 作話
 病識-病態失認
 うつ

第4章 患者へのかかわりをみる
 認知症の告知
 認知症のケア
 鼎談のおわりに-田邉先生のこと

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

作業療法の面接技術―ストーリーの共有を目指して

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

作業療法の面接技術―ストーリーの共有を目指して
【内容】
広く作業療法士にとって必要な面接技術を、「インテーク面接」「評価面接」「作業面接」「質問紙を用いた面接」などいくつかの領域別に取り上げ解説する。『作業療法ジャーナル』連載を加筆修正し、再編して書籍化。
【目次】
1.作業療法士にとっての面接
2.インテーク面接のコツ:精神障害
3.インテーク面接のコツ:発達障害
4.作業面接のコツ
5.評価面接・作業面接のコツ:精神障害(1)
6.評価面接・作業面接のコツ:精神障害(2)
7.評価面接・作業面接のコツ:身体障害
8.質問紙を用いた面接のコツ(1)
9.質問紙を用いた面接のコツ(2)
10.治療経過を振り返る面接のコツ:精神障害
11.治療経過を振り返る面接のコツ:身体障害
12.家族面接のコツ:身体障害
13.家族面接のコツ:精神障害・認知症
14.発達障害のある子どもと家族を支える家族面接のコツ
15.面接の流れ:身体障害
16.面接の流れ:精神障害

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。