レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 認知症の医療とケア―「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症の医療とケア―「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦

正式HPはamazonリハビリテーションライブラリー
覗いみて下さいね。
amazonでリハビリ本を1000冊以上取り揃えています
認知症の医療とケア―「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦認知症の医療とケア―「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦
(2008/10)
藤本 直規

商品詳細を見る

【内容】
●「認知症になったことはあきらめるが、これからの人生はあきらめない」と決めた人々と真正面から向き合うクリニックの取り組みとは――。
滋賀県立成人病センターで日本初ともいえる「もの忘れチェック外来」を開設した著者が、独立後に開設した「藤本クリニック」の10年のあゆみ、活動から見えてくるこれからの「認知症医療」と「ケア」に迫る。
【目次】
プロローグ

もの忘れクリニックに続く道
 ―認知症患者さんと家族を支える六つの力

1 正確な診断が認知症を治す:医療の力
2 一人ひとりの気持ちに配慮したケア:理にかなった
  ケアの力
3 症状の特徴について配慮するケア:ケア
  スタッフの力
4 仲間とともに過ごす:仲間の力と本人の力
5 通院についての家族会とピア・カウン
  セリング:仲間の力と家族の力

認知症患者さんと家族への支援基地としてのクリニック
 ―認知症患者さんの声が届く場所、介護する家族の
  思いがかなう場所
〈診察部門〉
1 認知症になったことはあきらめるが、これからの
  人生はあきらめない
2 患者さんと家族との両方を支援すること
3 もの忘れ外来の実際
…認知症患者さんへ
 1 見せかけの認知症と治る認知症を見逃すな
 2 認知症の早期発見―MCIから軽度認知症まで
  (1)本人はどんな訴えで受診するのか?
  (2)家族はどんな症状で異変に気がつくか?
  (3)認知症の早期発見のために
 3 病名告知
 4 中等度から重度認知症患者さんに必要な援助は何か?
 5 一人暮らしの認知症患者さん
 6 認知症患者さんへの往診
 7 認知症患者さんへの訪問看護
 8 認知症患者さんへの治療
  (1)薬物治療
  (2)身体疾患の治療
  (3)非薬物療法(治療的介護)
…介護する家族へ
 1 家族心理教育
 2 介護者への治療
 3 ピアカウンセリング
 4 本人・家族交流会
 5 若年認知症の本人の会・家族会「サルビアの会」

〈相談部門〉
1 個別相談
 1 受診前相談
 2 受診後相談
 3 受診後の家族調整
2 滋賀県認知症高齢者・家族支援センター
  (通称:もの忘れサポートセンター・しが)の活動
 (1)相談方法/(2)相談件数/(3)相談内容
 (4)現地相談/(5)専門職への研修
 (6)相談活動のまとめ
3 もの忘れサポートセンター・しがに寄せられた
  家族の声から
 (1)第1期:とまどい、不安、否定の時期
 (2) 第2期:混乱と拒否の時期
 (3)第3期:あきらめの時期
 (4)第4期:受容の時期

〈連携部門〉
1 ケアマネジャーや他の介護事業所との連携で
  重度認知症患者さんと家族を支えた
2 滋賀認知症ケア・ネットワークを考える会
 (1)なぜ、「滋賀認知症ケア・ネットワークを
    考える会」を始めたか?
 (2)さあ、「滋賀認知症ケア・ネットワークを
    考える会」を始めよう
 (3)人と人とのネットワークと情報のネットワーク
3 医師会が動くと認知症医療が変わっていく
4 地域連携・多職種協働推進連絡会議
   ~地域で認知症の人と家族を支える~

もの忘れカフェという名の認知症ケア
 ―“自分でできて、仲間がいて、社会とつながっている”
〈介護部門〉
1 日々の小さなこだわりの積み重ねが認知症
  ケアをつくる
2 若年認知症デイケア“本人と家族とスタッフが
  協働して築いた若年認知症ケア”
 (1)若年認知症デイケアが始まった
 (2)若年認知症デイケアの八つのエピソード
 (3)若年認知症デイケアから学んだこと
3 認知症専用デイサービス
 ―居心地が良い場所で、居心地の良い時間を。
  そして、やりたいことに気づけること―
 (1)軽度認知症デイサービスを始めよう
4 若年・軽度認知症専用デイサービス
  「もの忘れカフェ:第1期」
 (1)自分でできて、お互いが助け合って、
    社会とつながっている場所
 (2)もの忘れカフェスタートの1日
 (3)もの忘れカフェのつくり方
 (4)もの忘れカフェの日々
5 もの忘れカフェの新たな展開
  「もの忘れカフェ:第2期」
 (1)症状進行に伴って参加者の自主的活動を
    どう支えるか
 (2)「もの忘れカフェ:第2期」の実際
6 「クリニックのデイサービス」を読み
  解く:「人」と「病気」を知り、根拠のあるケアへ
 (1)「人」についての理解から考える認知症ケア
 (2)「病気」の理解から考える認知症ケア
 (3)認知症患者さんの声から考える認知症ケア
 (4)デンマークの取り組みから考える認知症ケア
 (5)若年認知症を考える
7 駅前通りのデイサービス
8 室伏君士先生からの手紙

エピローグ
引用
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。