レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 絵で見る脳と神経 第3版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵で見る脳と神経 第3版

正式HPはリハビリテーションライブラリです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
絵で見る脳と神経 第3版
【序文】
いま,この「前書き」を執筆しながら,前回(第2版)の前書きを書いた時のことを思い出しています.それは筆者がまだ50代半ばのことでした.本書が多くの読者に読まれていることを知るにつれ,もっとわかりやすい文章に改めなければ,と痛感しておりました.また筆者の浅薄な知識のために誤った記述をそのままにしていて,読者からその誤りをご指摘いただくこともしばしばありました.そこで約3年の年月をかけて2001年6月に改訂第2版を上梓させていただきました.
 そもそも本書は当初,脳神経疾患の神経障害発症のメカニズムを解説するために『看護学雑誌』に約2年間連載され,これに基礎編として脳神経の解剖を加えて「しくみと障害のメカニズム」という副題を付け,1990年に『JJNスペシャル』の一冊として出版されました.さらに翌1991年,『JJNブックス』シリーズの一冊として初版が刊行されました.
 そして第2版の刊行から早くも8年が経ってしまいました.この間に医療を取り巻く環境の変化は著しいものがありました.新卒医師の卒後研修医制度の導入に伴う,地方の医師不足の問題,また高齢化社会に伴う認知症の急増と,それに追いつかない福祉行政の歪みなど,未だ解決できない多くの問題を抱えています.こうした中で,筆者は近年,摂食・嚥下障害にかかわる勉強会への参加や講演をする機会を多く与えられ,この障害について解説して参りました.また,著者の日常の診療の中で,認知機能障害(認知症)の高齢者を診療する機会が非常に多くなりました.これらのことから筆者は,特に高齢の患者さんの医療にかかわる方々やリハビリテーションにかかわっておられる方々の中には,本書の記述がいささか物足りないと思っておられる方もおいでになったのではないか,と感じるようになりました.
 そこでこのたび,本書を8年ぶりに改訂させていただきました.大きな改訂箇所として,「頭痛」「血管障害」の項に最新の資料を取り入れて書き改めました.「頭痛」の項では2004年に改訂された国際頭痛学会の国際頭痛分類第2版をもとに,特に片頭痛の発症の新しい学説を解説し,またその他の頭痛の診断基準などについて述べました.さらに,前述のような高齢者の介護に携わる方々からの要望に応えて,「嚥下障害」「認知症 知的機能障害」の章を新たに追加しました.特に「嚥下障害」はまったく新たに加えた章で,第2版に記載されていた尾側脳神経の機能,および脳幹(特に延髄)の構造と神経機構を整理しつつ,摂食・嚥下という複雑な機能を詳細に,できるだけわかりやすく記載いたしました.嚥下障害を持つ患者さんの介護に携わる方は,この神経機構を理解することで,嚥下リハビリに役立てていただける,と信じています.また認知症は早期発見により,進行をいくらかでも遅らせることができるので,「認知症」の箇所では専門医でなくても容易に診断できる診断基準についても解説いたしました.
 今回の改訂でも『NOTE』の項をふんだんに掲載致しました.本文に記載するには多少専門的な内容や,ちょっと知っておくと得する内容などをここに掲載したつもりです.索引も大幅に拡大し充実させてありますので,辞書代わりに使用してください.こうして,今回の改訂では第2版より20ページ増となってしまいました.あまり厚くなると携帯に不便なのですが,それ以上に内容の充実に期待して,是非すべてのページに目を通していただきたいと思います.そして本書から得られた知識が,神経疾患の患者さんの日常診療・介護の中でいくらかでもお役に立ったとすれば,それこそ著者の本望とするところです.
2009年1月 初春の久が原にて
馬場 元毅
【目次】
■巻頭カラーイラスト
 序文

I 中枢神経系のしくみ
■中枢神経系を取り巻く環境
 中枢神経系を守るしくみ
■中枢神経系と末梢神経系
 中枢神経と末梢神経の違い
 中枢神経と末梢神経の境目
■大脳
 大脳の構成
 大脳皮質
 間脳
 大脳基底核
 大脳辺縁系
■小脳
 小脳のしくみ
 小脳の働き
■脳幹
 脳幹のしくみ
 脳幹の内部構造
■脊髄
 脊髄のしくみ
 脊髄の働き
■脳循環
 脳循環のしくみ
 脳循環の調節
■脳脊髄液循環
 脳脊髄液循環のしくみ
 脳脊髄液循環の働き

II 障害のメカニズム
■意識障害
 意識を保つためのしくみと働き
 意識障害をみるポイント
■脳ヘルニア
 脳ヘルニアのメカニズムと病態
 脳ヘルニアに特徴的なバイタルサインの変化
 意識障害患者の神経症状のみかた
■言語障害
 言葉をあやつる脳
 言語障害のメカニズム
■認知症 知的神経機能障害
 脳組織の生理的老化
 認知症の定義
 認知症の原因疾患の分類
 アルツハイマー型認知症の症状
 アルツハイマー型認知症の治療
■運動麻痺
 運動神経経路のしくみ
 反射
 運動麻痺の分類
 障害部位ごとにみた運動麻痺の症状
 錐体外路障害
 運動麻痺患者のケア
■知覚障害
 知覚を感じるしくみ
 知覚の種類とその特徴
 知覚伝導路のしくみ
 部位ごとにみた知覚障害の特徴
■脳神経障害
 脳神経の構成
 第1脳神経(I)(嗅神経)
 第2脳神経(II)(視神経)
 眼球運動を支配する脳神経 第3脳神経(III)(動眼神経),
  第4脳神経(IV)(滑車神経),第6脳神経(VI)(外転神経)
 第5脳神経(V)(三叉神経)
 第7脳神経(VII)(顔面神経)
 第8脳神経(VIII)(聴神経)
 尾側脳神経群(第9~12脳神経)
■摂食・嚥下障害
 摂食の神経機能
 嚥下の神経機構
■小脳の障害
 小脳失調
 小脳疾患の治療
 小脳疾患患者のケア
■排尿障害
 排尿のメカニズム
 神経因性膀胱のメカニズム
 膀胱機能障害の診断法
 排尿障害のケア
■脳血管障害
 脳血管障害の分類
 出血性脳血管障害(1) 高血圧性脳内出血
 出血性脳血管障害(2) くも膜下出血
 脳動脈瘤
 閉塞性脳血管障害(脳梗塞)
■髄液循環障害
 髄液循環障害と水頭症
 部位ごとにみた髄液循環障害
 年齢による水頭症の病態
 水頭症の症候と診断
 水頭症の治療

 参考文献
 索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。