レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 運動療法学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動療法学

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

運動療法学運動療法学
(2008/03)
不明

商品詳細を見る


【内容】
本書では,運動療法を行う場合の基礎知識として最初に歴史,運動学,骨,関節,筋,神経,呼吸,循環,代謝,運動学習,発達,老化の12項目に関して述べた.次に各種障害にに対する運動療法の理論と実際として,関節可動域制限,筋力低下,中枢神経性運動麻痺,末梢神経性運動麻痺,感覚障害,バランス障害,協調性運動障害,姿勢障害,歩行障害,高次脳機能障害,痛み,発達障害,呼吸障害,循環障害,代謝機能障害,嚥下機能障害,加齢による機能障害の18項目の障害別運動療法について述べた.各種疾患患者を評価し治療する場合に関わるほぼすべての障害に対する運動療法について網羅.特に,「障害がどう分類されるか?」「どのように評価を進めていくか?」「運動療法の理論にはどのようなものがあるか?」「運動療法をどう進めていくか?」に焦点を絞って記載した.
☆図表613点,写真49点
【目次】

I.運動療法の基礎知識
(1)運動療法とは
(2)運動学の基礎知識
(3)骨の構造と機能
(4)関節の構造と機能
(5)筋の構造と機能
(6)神経の構造と機能
(7)運動と呼吸機能
(8)運動と循環機能
(9)運動と代謝機能
(10)運動と学習
(11)発達と運動機能
(12)老化と運動機能
II.各種障害に対する運動療法の理論と実際
(1)関節可動域障害に対する運動療法
(2)筋力低下に対する運動療法
(3)持久力低下に対する運動療法
(4)中枢神経性運動麻痺に対する運動療法
(5)末梢神経性運動麻痺に対する運動療法
(6)感覚障害に対する運動療法
(7)バランス障害に対する運動療法
(8)協調性運動障害に対する運動療法
(9)姿勢障害に対する運動療法             
(10)歩行障害に対する運動療法
(11)高次脳機能障害に対する運動療法
(12)痛みに対する運動療法
(13)発達障害に対する運動療法
(14)呼吸障害に対する運動療法
(15)循環障害に対する運動療法
(16)代謝機能障害に対する運動療法
(17)嚥下機能障害に対する運動療法
(18)加齢による機能障害に対する運動療法
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

banner2.gif









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。