レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 医療のための脳・神経解剖学の基礎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療のための脳・神経解剖学の基礎

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。
医療のための脳・神経解剖学の基礎
【内容】
本書は2001年に初版発行以来、多くの医療研究者や、医療系の学生さんたちに読み継がれてきましたが、追加補遺と修正を必要とする個所が生じたため、従来の内容をより充実させ、勉強しやすく、使い勝手のよい構成に再編集しました。
本書は、脳と脊髄の横断標本を用いた中枢神経系の肉眼、顕微鏡的な解説はもとより末梢神経系全域に及び、これらの関係を一巻して、美しい解剖アトラスを掲げて記述している。
また、その内容は基本的な事項を系統解剖学の順序に従って記述し、専門的な事項や最近の新しい解析法によるMRI像、電子顕微鏡像、脳血管造影像、脳のカラー写真など、豊富に収録。
さらに、臨床上参考になる重要な神経疾患の症状と、それに関連する部位についても詳述している。
【目次】
総論(神経系の区分
神経系の構成
神経系の通常用語)
中枢神経系(脊髄
脳)
末梢神経系(脳神経
脊髄神経
自律神経
脳と脊髄の被膜、脈管及び脳室)
索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。