レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 高次脳機能障害の症候辞典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高次脳機能障害の症候辞典

正式HPはリハビリテーションライブラリーです。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

高次脳機能障害の症候辞典
【内容】
●この症候辞典の主な特徴
●神経心理関係疾患に注目が高まるなか,医療現場では高次脳機能障害は「症候が多彩でわからない」とか「診断に迷う」とのスタッフの声も多く,今こそ正しい高次脳機能障害の診断力が求められている.
●本書は,高次脳機能障害者に関わる医師・リハスタッフ,看護師,薬剤師など様々な分野や立場の医療者のために,知っておきたい約200余りの症候をわかりやすく,簡便で,白衣のポケットに入れて,いつでも引くことが可能なように,コンパクトにまとめたものである.
●注目されている用語を含め,その症候項目に関連する参照項目なども掲載し,全文を読み通すことで,高次脳機能障害の症候の全貌が理解できるようにも考慮してある.
【序文】
この本は,「辞典」という形式で刊行します.時々意味のわからない用語を引くために役立つように,様々な工夫をして造りました.しかし,できれば全文を読み通す,という積極的な読者の姿勢をもっと期待したいと思います.そうすれば,高次脳機能障害の症候の全貌が理解できるようにも考慮してあります.
 私たちはこの本を,医師,リハスタッフ,看護師,薬剤師,など様々な分野や立場の医療者のために書きました.特に重視したのは,高次脳機能障害の患者さんに直接関わる神経内科医とリハビリテーション分野の専門家です.
 今でこそ「高次脳機能障害」という用語は,たびたび新聞紙上に現れるようになり,一般的になりつつあります.しかし,私たちがこの領域に最初に関わったおよそ25年前には医師のなかでも正確にこの用語の意味を述べることのできる人はほとんどいなかったと思います.最も大きな理由は,高次脳機能障害の症候を理解することの難しさにあったのです.たとえば,「観念運動性失行」という用語を初めて聞いた人の誰が,上肢のパントマイム動作や模倣障害を示す症候の患者さんを思い浮かべることができたでしょうか.
 困ったことにその状況は,現在でも相変わらず続いています.そのような状況で,高次脳機能障害の患者さんに関わる医療スタッフにとっては,わかりやすく,簡便で,白衣のポケットにも入れることができて,いつでも引くことの可能な辞書が必要なのです.
 発行までには多くの方々の協力を得ましたが,特に医歯薬出版の関係者にはお世話になりました.この場を借りて感謝の意を示したいと思います.
 本書が,いつでも多くの方々の身近にあって,大いに活用されることを強く願っています.
 2009年(平成21年)4月
 河村 満
 高橋伸佳
索 引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。