レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 第3分野摂食・嚥下障害の評価

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3分野摂食・嚥下障害の評価

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

第3分野摂食・嚥下障害の評価

【内容】

●学会認定士の重要な申請要件の一つとして,同学会ではインターネット学習システム(eラーニング)のカリキュラムを作成しており,本書は,このカリキュラムによる学習をサポートする内容になっています.
●目次はeラーニングコンテンツを踏襲した内容で構成され,摂食・嚥下領域の基礎知識について,体系的に6分野78項目に分類された最重要事項をわかりやすく解説していますので,摂食・嚥下リハビリテーションにかかわるすべての医療スタッフに最適なリファレンスマニュアルとしてご活用できます.
●コンテンツはほぼ分野ごとに1冊の書籍としてまとめられており,本書はこのうち「第3分野 摂食・嚥下障害の評価」で,摂食・嚥下機能の評価とそのポイントを簡潔にわかりやすく解説しています.

【目次】

シリーズ刊行に寄せて
 緒言
 本書をお読みになる前に
 eラーニング受講方法
§7 患者観察のポイント
 22 問診・主訴・病歴(青柳陽一郎)2
   Chapter 1 病歴聴取・問診(医療面接)の目的
   Chapter 2 摂食・嚥下障害の主訴1 ─先行期~口腔期の障害が疑われる訴え─
   Chapter 3 摂食・嚥下障害の主訴2 ─咽頭期,食道期の障害が疑われる訴え─
   Chapter 4 病歴聴取
   Chapter 5 病歴聴取のポイント1
   Chapter 6 病歴聴取のポイント2
   Chapter 7 問 診
   Chapter 8 摂食・嚥下障害を疑うおもな症状
   Chapter 9 湿声嗄声
   Chapter 10 栄養・食事の摂取状況
   Chapter 11 摂食状況スケール
   Chapter 12 薬物の使用
   Chapter 13 認知能力
 23 全身症状,局所症状(石井雅之)7
   Chapter 1 摂食・嚥下障害を疑う患者の全身症状
   Chapter 2 摂食・嚥下障害を疑う患者の呼吸器症状
   Chapter 3 摂食・嚥下障害を疑う患者の口腔内所見
   Chapter 4 摂食・嚥下障害を疑う患者の神経学的所見(1) 意識障害
   Chapter 5 摂食・嚥下障害を疑う患者の神経学的所見(2) 認知機能障害
   Chapter 6 摂食・嚥下障害を疑う患者の神経学的所見(3)
   Chapter 7 摂食・嚥下と関係する三叉神経(・)のポイント
   Chapter 8 摂食・嚥下と関係する顔面神経(・)のポイント
   Chapter 9 摂食・嚥下と関係する舌咽神経(・)のポイント
   Chapter 10 摂食・嚥下と関係する迷走神経(・)のポイント
   Chapter 11 摂食・嚥下と関係する舌下神経(・)のポイント
   Chapter 12 摂食・嚥下障害を疑う患者の構音評価のポイント
   Chapter 13 摂食・嚥下障害を疑う患者の運動機能所見のポイント
§8 スクリーニングテスト
 24 質問紙(深田順子)14
   Chapter 1 スクリーニング検査で用いる質問紙の条件
   Chapter 2 国内における質問紙
   Chapter 3 聖隷式嚥下質問紙の構造・信頼性・精度
   Chapter 4 聖隷式嚥下質問紙の評価・判断方法
   Chapter 5 嚥下障害リスク評価尺度改訂版の構造・信頼性・精度
   Chapter 6 嚥下障害リスク評価尺度改訂版の評価・判断方法
   Chapter 7 嚥下障害リスク他者評価尺度の構造・信頼性・精度
   Chapter 8 嚥下障害リスク他者評価尺度の評価・判定方法
   Chapter 9 質問紙を用いた問診実施時の留意点
 25 摂食・嚥下障害の評価(スクリーニングテスト)(戸原 玄)19
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 スクリーニングテストとは
   Chapter 3 感度・特異度・有病正診率
   Chapter 4 反復唾液嚥下テスト(RSST:Repetitive Saliva Swallowing Test)
   Chapter 5 水飲みテスト
   Chapter 6 改訂水飲みテスト(MWST: Modified Water Swallowing Test)
   Chapter 7 フードテスト(Food Test)
   Chapter 8 改訂水飲みテストおよびフードテストの評価の流れ
   Chapter 9 嚥下前・後レントゲン撮影(SwXP: Pre and Post Swallowing XP)
   Chapter 10 咳テスト
   Chapter 11 非VF系摂食・嚥下障害評価フローチャート
   Chapter 12 咳テストとMWSTの組み合わせ
   Chapter 13 スクリーニングテストの考え方
   Chapter 14 スクリーニングテストの適用の仕方
 26 その他のスクリーニングテスト(高橋浩二)25
  1:水飲みテスト
   Chapter 1 各種の水飲みテスト
   Chapter 2 水飲みテスト(窪田)の手順
   Chapter 3 その他の水飲みテスト
  2:頸部聴診
   Chapter 4 頸部聴診
   Chapter 5 聴診手技の例
  3:エバンス ブルー ダイテスト
   Chapter 6 エバンス ブルー ダイテスト(Evan's Blue Dye Test) 改訂エバンス ブルー ダイテスト(Modified Evan's Blue Dye Test)
  4:パルスオキシメトリ
   Chapter 7 SpO2;パルスオキシメトリの酸素飽和度
§9 嚥下内視鏡検査
 27 概要・必要物品・管理(野原幹司)32
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 嚥下内視鏡検査とは
   Chapter 3 嚥下内視鏡検査の利点と欠点,嚥下内視鏡と嚥下造影の比較
   Chapter 4 電子スコープとファイバースコープ
   Chapter 5 嚥下内視鏡検査のユニットの一例
   Chapter 6 内視鏡取り扱いの注意
   Chapter 7 内視鏡画像の特徴
   Chapter 8 嚥下内視鏡検査
   Chapter 9 挿入時の麻酔
   Chapter 10 検査用食品
   Chapter 11 食用色素の利用と内視鏡画像
   Chapter 12 緊急時のための準備物
   Chapter 13 消毒方法
 28 検査の実際・合併症とその対策(馬場 尊)40
  1:検査の実際
   Chapter 1 内視鏡および周辺機器の準備・問診
   Chapter 2 用意したい物品
   Chapter 3 挿入時に必要なピンセット・吸引器
   Chapter 4 内視鏡の挿入
   Chapter 5 内視鏡の挿入 下鼻甲介下方から
   Chapter 6 内視鏡の挿入 下鼻甲介下方からの挿入例
   Chapter 7 内視鏡の挿入 下鼻甲介上方から
   Chapter 8 除痛
   Chapter 9 付着物への対処法
  2:合併症とその対策
   Chapter 10 失神発作
   Chapter 11 鼻出血・咽頭出血
   Chapter 12 声帯損傷・咽頭痙攣
 29 正常所見と異常所見(太田喜久夫)46
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 内視鏡画像のオリエンテーション
   Chapter 3 嚥下内視鏡の観察部位
   Chapter 4 嚥下内視鏡での観察:正常所見
   Chapter 5 鼻咽頭(上咽頭)・鼻腔閉鎖機能の観察
   Chapter 6 口腔咽頭(中咽頭)・喉頭蓋の観察
   Chapter 7 喉頭蓋後方からの観察
   Chapter 8 喉頭閉鎖機能の間接的評価
   Chapter 9 健常者の嚥下内視鏡画像の実際
   Chapter 10 唾液誤嚥例(急性期脳出血患者の動画)
   Chapter 11 液体誤嚥例
   Chapter 12 NG─tubeによる嚥下機能の弊害
   Chapter 13 反回神経麻痺(Wallenberg症候群)
 30 小児に対する嚥下内視鏡検査の要点(木下憲治)55
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 小児に対する本検査の要点
   Chapter 3 観察項目1 鼻咽腔の評価;鼻咽腔閉鎖機能
   Chapter 4 観察項目2 咽頭腔の評価;上気道の狭窄
   Chapter 5 観察項目3 喉頭前庭,下咽頭部;披裂部の腫脹
   Chapter 6 観察項目4 喉頭前庭,下咽頭部;唾液の貯留
   Chapter 7 観察項目5 咽頭腔;経管栄養チューブの走行
   Chapter 8 観察項目6 嚥下の評価
   Chapter 9 観察項目7 嚥下の評価;誤嚥
§10 嚥下造影
 31 概要・必要物品・造影剤(谷本啓二)62
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 嚥下造影とは(概要)
   Chapter 3 検査の目的
   Chapter 4 必要物品(1)
   Chapter 5 必要物品(2)
   Chapter 6 検査椅子・観察システム
   Chapter 7 記録速度
   Chapter 8 造影剤
   Chapter 9 造影剤の副作用について
   Chapter 10 造影剤の種類と特徴
   Chapter 11 造影剤の誤嚥による死亡事故報告例
   Chapter 12 造影剤誤嚥の動物実験
   Chapter 13 造影剤加模擬食品
 32 検査の実際・合併症とその対策(柴田斉子)69
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 検査の説明と同意
   Chapter 3 機器の設置
   Chapter 4 検査開始前に
   Chapter 5 照射野と照射のタイミング
   Chapter 6 開始時の患者体位
   Chapter 7 経鼻経管栄養チューブの扱い
   Chapter 8 気管カニューレの扱い
   Chapter 9 検査の順序
   Chapter 10 難易度の調整
   Chapter 10 咀嚼負荷嚥下法
   Chapter 12 VF中に行う代償手段(姿勢調節)
   Chapter 13 VF中に行う代償手段(嚥下手技)
   Chapter 14 誤嚥の対処方法と検査の中止基準
   Chapter 15 合併症とその対策
 33 嚥下造影の正常像・異常像(馬場 尊)78
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 嚥下造影でみる解剖(側面)
   Chapter 3 嚥下造影でみる解剖(正面)
   Chapter 4 正常の嚥下造影 液体嚥下(10mL側面)
   Chapter 5 正常の嚥下造影 液体嚥下(10mL正面)
   Chapter 6 正常の嚥下造影 咀嚼嚥下(側面)
   Chapter 7 正常の嚥下造影 咀嚼嚥下(正面)
   Chapter 8 誤嚥の嚥下造影 嚥下前誤嚥
   Chapter 9 誤嚥の嚥下造影 嚥下中誤嚥
   Chapter 10 誤嚥の嚥下造影 嚥下後誤嚥
   Chapter 11 咀嚼嚥下における混合物の誤嚥
   Chapter 12 咽頭残留
   Chapter 13 頸部回旋の効果
 34 小児に対する嚥下造影の要点(北住映二)88
   Chapter 1 小児の嚥下造影(VF)の進め方の基本
   Chapter 2 姿勢
   Chapter 3 これからの経口摂取を検討する場合の姿勢の設定─上体角度
   Chapter 4 姿勢の設定─頸の角度
   Chapter 5 造影剤─種類
   Chapter 6 造影剤,造影剤加模擬食品─量
   Chapter 7 造影剤,造影剤加模擬食品の性状(texture)について
   Chapter 8 その他の手順や観察
   Chapter 9 嚥下造影の結果の解釈と臨床方針への適用
§11 重症度分類
 35 摂食・嚥下障害臨床的重症度分類,摂食・嚥下能力グレード・摂食状態による評価(加賀谷 斉)98
   Chapter 1 はじめに
   Chapter 2 摂食・嚥下臨床的重症度分類(Dysphagia severity scale)
   Chapter 3 DSSと食事
   Chapter 4 DSSと対応方法
   Chapter 5 DSSの判定
   Chapter 6 摂食状況スケール
   Chapter 7 摂食・嚥下能力グレード/摂食・嚥下状況のレベル
   Chapter 8 摂食・嚥下能力グレード
   Chapter 9 摂食・嚥下状況のレベル
   Chapter 10 摂食・嚥下能力グレード/摂食・嚥下状況のレベルの判定

 索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。