レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 短期精神療法の理論と実際

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期精神療法の理論と実際

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

短期精神療法の理論と実際

【内容】

本書のいう短期療法の「短期」とは、期間の短さではなく、「目標を明確化する」ことにあり、主要な6短期療法(認知療法、行動療法、解決志向療法、対人関係療法、期間限定力動的精神療法、カップルセラピー)の概要と適応を症例とともに解説し、さらに各精神療法に共通する因子や能力などについても考察する。極めて実践的な内容にしぼられ、明日からの臨床にすぐに活かせる。精神療法を実践する臨床家にとって必読の書であり、自らは実践しない臨床家にとっても極めて役立つ書である。

【目次】

第1部 6種類の主要な短期療法(認知療法―理論と実践
短期行動療法
解決志向短期療法―有効なことを行う
短期対人関係療法
期間限定力動的精神療法―フォーミュレーションと介入
短期カップルセラピー)
第2部 特定のトピックス(奏功する精神療法のための必須要素―共通要因の作用
多文化的背景における短期精神療法
短期精神療法と薬物療法の併用
短期療法における能力評価)
第3部 概観と統合(治療を短期に行うこと―概観と統合)



索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。