レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 標準高次動作性検査―失行症を中心として

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標準高次動作性検査―失行症を中心として

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

標準高次動作性検査―失行症を中心として

【内容】

個々の患者における動作の臨床観察を、統一された形で実現することを目的として作成された検査法。今回の改訂にあたって、新たな様式のプロフィルを追加、麻痺や失語の影響、誤反応得点の算出、プロフィルの記入の3点を反映させた。

【目次】

1 高次動作性検査の作製方針
2 検査法作製の概要
3 完成版「標準高次動作性検査」実施成績
4 標準高次動作性検査の概要
5 各検査の内容と問題
6 症例の検査結果
7 資料(項目選択のための統計分析
失行、非失行、非脳損傷群別成績
年齢別成績
失行タイプ別成績)



索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。