レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 高次脳機能障害CD-ROMで情報提供

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高次脳機能障害CD-ROMで情報提供

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

高次脳機能障害CD-ROMで情報提供

【内容】

●厚生労働省が「高次脳機能障害者支援モデル事業」に着手(平成13年)してから,高次脳機能障害に対する調査(どのような障害か,発症原因,障害者数,必要な支援と対応策,等々)が展開され,社会的理解も深まった.
●その結果,高次脳機能障害者の社会参加の機会も増えてきた.しかし,高次脳機能障害には,多様な症状があり,一人ひとり異なる障害像を呈する.そのために,病院でのリハビリテーションを終え,地域で生活を再開した高次脳機能障害者と向き合う行政,福祉の専門職,あるいは家族の戸惑いは大きい.なぜこのような症状を呈するのか,同じ疾患でもなぜ症状が異なるのか,どのように対応したらよいのかという戸惑いである.
●そこで,従来の「障害名」→「症状」という枠組みではなく,個々の高次脳機能障害に起因する日常生活上の問題点(日常生活場面で呈するさまざまな症状)とその対応策を列記し,必要な項目を取捨選択し,第三者へ平易に伝えるための情報提供書が必要となる.
●本書および情報提供書作成支援ツールとしてのCD-ROMは,高次脳機能障害者の社会参加に役立つ1冊.著者陣は,医師・ST・OT・PT・家族より構成.

【目次】

はじめに(渡邉 修)
 本書の構成(渡邉 修)
第1章 高次脳機能障害を“伝える”ために
 第1節 なぜ情報提供が必要なのか(渡邉 修)
  1 高次脳機能障害は人それぞれ異なります
  2 高次脳機能障害は気づかれにくい障害
  3 生活の場をすごしやすくすることが回復につながります
  4 高次脳機能障害の現れ方は場の状況によって異なります
 第2節 高次脳機能障害者の重複する障害像(渡邉 修)
  1 道順を覚えられない
  2 料理ができない
 第3節 年齢による社会環境の相違(渡邉 修)
 第4節 疾患による相違(渡邉 修)
  1 脳梗塞
  2 脳出血
  3 くも膜下出血
  4 脳外傷
  5 低酸素脳症
  6 脳腫瘍
  7 脳炎などの感染症
 第5節 “伝える”ために家族が感じること(細見みゑ)
  1 病院や施設と“自宅”では,高次脳機能障害の現れ方に違いがあること
  2 医療機関よりも“家族の声”で障害や症状が判明することも多い
  3 脳を損傷するということは,“自分の健康管理が困難になる”ということ
  4 オーダーメイドの支援を
  5 家族の介護負担感
第2章 情報提供の内容
 第1節 生活全般に関わる高次脳機能障害による症状と対応策(廣實真弓)
  記憶について
  集中力について
  計画性について
  感情や行動について
  自発性について
  コミュニケーションについて
  その他
 第2節 日常生活動作(ADL)の問題点と対応策(斎藤和夫・斎藤祐美子)
  1 従来の日常生活動作評価表
  2 運動機能
  3 日常生活動作の項目と手助けの種類
   1 食事動作は,用意された食事を咀嚼して嚥下し最後まで食べる行為を意味します
   2 トイレ動作は,下衣,下着の上げ下げ,後始末を含むトイレの行為と,尿意,便意の有無をさします
   3 乗り移り動作は,ベッドと車いす間の移動について取り上げます
   4 車いすでの室内移動は,室内での車いす移動とエレベーター利用を取り上げます.車いすをこぐこと・ブレーキや足台の操作を含みます
   5 歩行での室内移動は,室内での歩行と階段・エレベーター利用を取り上げます
   6 手洗いは,洗面台で手を洗うことと手を拭く行為をさします
   7 歯みがきは,歯ブラシに歯みがき粉をつけて,歯をみがき,口をゆすぐ行為をさします
   8 ひげ剃りは,電気カミソリでひげを剃る行為をさします
   9 化粧は,口紅やファンデーションを塗る行為を意味します
   10 上衣(肌着,上着)の更衣は,上衣(肌着,上着)を着る,脱ぐ行為を意味します
   11 下衣(肌着,ズボン)の更衣は,下衣をはく,脱ぐ行為を意味します
   12 入浴は,脱衣所で衣服の着脱,浴室への移動,体を洗う動作,体を拭く動作,浴槽への移動をさします
   13 外出は,屋外の移動とバスや電車の利用について取り上げます
第3章 情報提供の実践例
 第1節 情報提供書 作成支援ソフト(CD-ROM)活用例(渡邉 修)
  1 家族⇒行政窓口に提出する場合(地域の福祉施設のデイサービスを利用するため)
  2 病院スタッフ⇒家族にお渡しする場合(回復期病棟を退院し,在宅生活を開始するにあたり)
 第2節 問診表(廣實真弓)
  問診表を実施する目的
  問診表の活用例
第4章 付録
 第1節 高次脳機能障害の概要(渡邉 修)
  1 主に左右の前頭葉損傷の症状として,注意障害と遂行機能障害があります
  2 主に左大脳半球の損傷によってみられやすい症状に,失語症,失行症,失算があります
  3 主に右大脳半球の損傷によってみられやすい症状に,左半側空間無視,左半側身体失認,地誌的障害,着衣失行があります
  4 その他
 第2節 高次脳機能障害へのアプローチ(渡邉 修)
  1 記憶障害へのアプローチ
  2 注意障害へのアプローチ
  3 行動と感情の障害へのアプローチ
 第3節 高次脳機能障害関連団体リスト(細見みゑ)
 第4節 情報提供書 作成支援ソフト(CD-ROM)取扱説明書
  1 はじめに
  2 利用規定と注意事項
  3 動作条件
  4 インストール(ソフトのセットアップ)手順
  5 ソフトの起動と終了
  6 各画面の名称と機能
  7 ソフトの使い方1:情報提供書の作成方法
  8 ソフトの使い方2:以前に保存した情報提供書を読み込む,変更する
  9 ソフトの使い方3:作成した情報提供書の文面を修正する,追加する
  10 本ソフトについてのお問い合わせ先

 COLUMN
  ・メモを使いこなせる人(渡邉 修)
  ・記憶障害(廣實真弓)
  ・記憶障害のある人の服薬管理の例(廣實真弓)
  ・記憶障害のある人に渡すメモの作り方(廣實真弓)
  ・記憶障害のある人のスケジュール表の作り方(廣實真弓)
  ・記憶障害のある人に役立つグッズ(廣實真弓)
  ・「自分で計画を立てる」ための援助(廣實真弓)
  ・「自分で問題解決をする」ための援助(廣實真弓)
  ・環境調整とは(渡邉 修)
  ・病識の低下(渡邉 修)

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。