レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 筋膜マニピュレーション 理論編―筋骨格系疼痛治療

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋膜マニピュレーション 理論編―筋骨格系疼痛治療

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

筋膜マニピュレーション 理論編―筋骨格系疼痛治療

【内容】

●筋膜とは,骨格筋やその群を包む結合組織性の薄い膜のことで,全身をくまなく連結し,第2の骨格ともいわれる.筋膜は運動器官の構造のすべてに連結されているので,運動器官の機能障害を左右する可能性がある.
●外傷,廃用,循環不全による運動不足,長期間にわたる不良姿勢などは,コラーゲン束のねじれによって最終的には脱水が生じ,収縮して基質がゲル状になる原因となる.これは腱・筋・筋膜の短縮と機能障害を引き起こす.
●筋膜機能異常に対する筋膜マニピュレーションとは,摩擦法によって熱を生み出し,基質に正常な流動性を回復し(ゲル状態からゾル状態への移行),筋膜の順応性を活用することによって,コラーゲン線維間の癒着を除去することを目的とした徒手療法である.
●本書「理論編」では,筋膜の解剖学的な構造,全身の筋膜の連結,および連結と機能異常との関係などについて解説されている.徒手療法や筋膜に興味のある理学療法士・作業療法士・マッサージ師・柔道整復師などの方々には,ぜひ手にとっていただきたい一冊.

【目次】

訳者序文
  序文
  謝辞
  略記号
 序論
 基本原理
  筋膜の肉眼的構造
   1)浅筋膜
   2)深筋膜
   3)筋外膜
  筋膜の顕微鏡的構造
第1部 筋膜単位
 第1章 筋膜単位の解剖学
  筋膜単位の構造
   単関節筋線維および二関節筋線維
   筋内膜と筋周膜と筋外膜
  筋膜単位の用語
  筋膜単位:動筋(アゴニスト)と拮抗筋(アンタゴニスト)
 第2章 筋膜単位の進化
  3面における運動の進化
  分節の独立の進化
  筋節中隔から筋膜単位まで
 第3章 筋膜単位の生理学
  協調中心と認知中心
   協調中心と関連痛
  筋膜単位の回路
  動筋と拮抗筋:筋膜の役割
   単関節筋線維の直接抑制
   能動的伸張による抑制
   受動的伸張による抑制
 第4章 上肢の筋膜単位
  協調中心の局在
  ほかの手技における点と協調中心との比較
  上肢の前方運動の筋膜単位
  上肢の後方運動の筋膜単位
  上肢の内方運動の筋膜単位
  上肢の外方運動の筋膜単位
  上肢の内旋運動の筋膜単位
  上肢の外旋運動の筋膜単位
 第5章 体幹の筋膜単位
   矢状面
   前額面
   水平面
   頭部の筋膜単位
  体幹の前方運動の筋膜単位
  体幹の後方運動の筋膜単位
  体幹の内方運動の筋膜単位
  体幹の外方運動の筋膜単位
  体幹の内旋(内方回旋)運動の筋膜単位
  体幹の外旋(外方回旋)運動の筋膜単位
 第6章 下肢の筋膜単位
  運動用語の違い
   鍼経脈による違い
  下肢の前方運動の筋膜単位
  下肢の後方運動の筋膜単位
  下肢の内方運動の筋膜単位
  下肢の外方運動の筋膜単位
  下肢の内旋運動の筋膜単位
  下肢の外旋運動の筋膜単位
 第7章 筋膜単位のマニピュレーション
  筋膜の可塑性と順応性
  評価チャートの編集
  データ
  仮説
  検証
  治療
  治療後起こりうる反応
  結果と予後
  臨床的症例研究
第2部 筋膜配列
 第8章 筋膜配列の解剖学
  筋膜配列の構造
   体幹の配列の外部構造
  配列と空間平面
   姿勢の配列と管理
   空間平面上の配列と代償
  四肢の配列終端
   上肢の終端
   下肢の終端
   頭部の終端
 第9章 筋膜配列の進化
  肢節の深層筋の進化
  肢節の浅層筋の進化
  空間定位と認知の進化
 第10章 筋膜配列の生理学
  筋膜配列の張力
  筋膜区画と運動の方向
   体幹の筋膜区画
   上肢の筋膜区画
   下肢の筋膜区画
  筋膜配列と静的姿勢
  筋膜配列と姿勢代償
 第11章 上肢の筋膜配列
  上肢の前方運動配列
  上肢の後方運動配列
  上肢の内方運動配列
  上肢の外方運動配列
  上肢の内旋運動配列
  上肢の外旋運動配列
 第12章 体幹の筋膜配列
  体幹の前方運動配列
  体幹の後方運動配列
  体幹の内方運動配列
  体幹の外方運動配列
  体幹の内旋(内方回旋)運動配列
  体幹の外旋(外方回旋)運動配列
 第13章 下肢の筋膜配列
  下肢の前方運動配列
  下肢の後方運動配列
  下肢の内方運動配列
  下肢の外方運動配列
  下肢の内旋運動配列
  下肢の外旋運動配列
 第14章 筋膜配列のマニピュレーション
  総合評価チャートの編集
   データ
   代償と反対平衡(カウンター・バランシング)
   随伴する以前の疼痛
   仮説
   検証
   治療
  筋膜マニピュレーションがどこにどのように作用するか
   症例研究
第3部 筋膜螺旋
 第15章 筋膜螺旋の解剖学
  分節性運動方式
  対角線
  螺旋
  分節性協調中心と融合協調中心との違い
 第16章 筋膜螺旋の進化
  運動方式の形成
  筋膜対角線の進化
  筋膜螺旋の進化
 第17章 筋膜螺旋の生理学
  筋膜対角線と運動方式
  筋膜螺旋と反射的活動
  筋膜視点からの歩行分析
  筋膜螺旋と運動活性
  筋膜螺旋と経筋
 第18章 上肢の筋膜螺旋
  母指-後方-外方螺旋
  母指-後方-外方螺旋の筋膜単位
  手指-後方-内方螺旋
  手指-後方-内方螺旋の筋膜単位
  母指-前方-内方螺旋
  母指-前方-内方螺旋の筋膜単位
  手指-前方-外方螺旋
  手指-前方-外方螺旋の筋膜単位
 第19章 体幹の筋膜螺旋
  体幹の融合協調中心
  螺旋間の連続性を保証する筋群
  頭部-前方-外方螺旋
  頭部-前方-外方螺旋の筋膜単位
  頭部-後方-外方螺旋
  頭部-後方-外方螺旋の筋膜単位
 第20章 下肢の筋膜螺旋
  足趾-後方-外方螺旋
  足趾-後方-外方螺旋の筋膜単位
  足趾-後方-内方螺旋
  足趾-後方-内方螺旋の筋膜単位
  足趾-前方-外方螺旋
  足趾-前方-外方螺旋の筋膜単位
  足趾-前方-内方螺旋
  足趾-前方-内方螺旋の筋膜単位
 第21章 筋膜螺旋のマニピュレーション
  データ
  筋膜マニピュレーションの臨床適応
   筋膜マニピュレーションの禁忌
  仮説
  検証
  治療
  患者からの質問
  臨床症例
   螺旋インバランス
   全節性インバランス

 結論
 付録
  まとめの図表
  用語集
  文献

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。