レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 脳損傷のリハビリテーション 高次脳機能障害支援―病院から在宅へ、そしてその先へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳損傷のリハビリテーション 高次脳機能障害支援―病院から在宅へ、そしてその先へ

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

脳損傷のリハビリテーション 高次脳機能障害支援―病院から在宅へ、そしてその先へ


【内容】

●厚労省は1998年,全国10箇所程度の医療機関を指定して「高次脳機能障害支援モデル事業」を推進した.この事業は,後天性脳損傷後の高次脳機能障害のために困難を抱えていた当事者とその家族,および支援者に大きな変化をもたらした.事業以降,高次脳機能障害に関連する書籍や学術報告,研修会などが増加したのである.この事業は現在,「高次脳機能障害支援普及事業」に引き継がれ,さらに大きく展開されている.
●しかし,後天性脳損傷者の生活の困難さは複雑で多様な問題を含んでいる.加えて必要が生じたとき即座に対応できる,きめ細かな支援が求められるが,それを単独の医療機関で行うには無理がある.当事者とその家族,施設,専門職の連携が必要になる.
●本書は,神奈川リハ病院が上記「支援モデル事業」の一環として,2000年から始めた「高次脳機能障害セミナー」をもとに執筆されたものである.一医療機関の実際をまとめたものではあるが,「脳外傷などによる高次脳機能障害」のリハに関して,他に類をみない数の症例を含み,その治療経験が詰まったものとなった.
●多職種の能力を最大限に活用し,地域の専門機関や当事者組織とも連携しながら,継続的な支援を行うことができるチームが全国に育ってくれることを願った本書は,全国のリハ・スタッフ(OT・PT・ST・臨床心理士・行政担当者)の方々に,ぜひ手にとっていただきたい一冊.

【目次】

はじめに
序章 病院からその先へ
 I 神奈川リハビリテーション病院と関連スタッフ
  1 神奈川リハビリテーション病院
  2 脳損傷病棟
  3 高次脳機能障害に関わるスタッフ
 II 当院における取り組みの実際
  1 急性期医療段階
  2 医学的リハ段階
  3 社会的リハ段階
  4 職業リハ・社会参加支援段階
 おわりに
第1章 脳外傷による障害の理解と支援
 I 医学的評価の留意点
  1 脳外傷の種類
  2 脳外傷急性期の医療情報
  3 神経画像検査
  4 神経心理学的検査
  5 患者と家族の語り
 II 障害をもつ人たち
  1 脳損傷病棟の実績
  2 小児期受傷者の長期経過
  3 小児期脳外傷の2例
 III 脳科学から見た障害
  1 びまん性の神経回路不全
  2 前頭葉と遂行機能
  3 社会的知能と気づき
 IV 気づきを促す支援
  1 気づきがある障害の場合
  2 気づきがない障害の場合
  3 知る・気づく・身につける
 おわりに
第2章 臨床心理士の取組み
 I 脳外傷後にあらわれる問題
  1 脳機能からみた前頭葉損傷の問題
  2 認知機能および行動上の問題
 II 心理アセスメント
  1 心理アセスメント
  2 脳外傷による症状をどう評価するか
  3 アセスメントの実際
  4 脳外傷の特徴
  5 軽症脳外傷の評価と対応
  6 フィードバック
 III 心理支援
  1 支援のコンセプト:「知ること」「気づくこと」「身につけること」
  2 リハビリテーションステップ
  3 個別の心理セッション
  4 グループ療法
 IV 家族支援
  1 家族の機能
  2 家族とセラピスト
  3 家族への心理教育
  4 当院における心理教育プログラム
 おわりに
第3章 理学療法士の取り組み
 I 理学療法の基本的な考え方
 II 患者像のとらえ方
  1 記憶障害
  2 注意障害
  3 遂行機能障害
  4 社会的行動障害
 III 理学療法を構成する
  1 安定
  2 身体イメージ
  3 状況把握への配慮
  4 目的への配慮
 IV ライフステージに沿った支援
  1 急性期:拘縮への対応
  2 入院時:環境不適応と通過症候群への対応
  3 入院初期:表在化する高次脳機能障害への対応
  4 入院中期:環境構造化への対応
  5 入院終期:退院前不安への対応
  6 通院期:長期支援導入の対応
  7 社会参加の時期:“離れ“と“顔出し”の対応
 おわりに
第4章 作業療法士の取り組み
 I 治療環境の構造化
  1 患者に座ってもらう位置
  2 スタッフや家族が注意すべきこと
 II 個別訓練課題
  1 どんな訓練課題が望ましいか
  2 課題を行うときの関わり方
 III 患者の集団訓練
  1 入院中の集団訓練
  2 外来での集団訓練
 おわりに
第5章 就労支援
 I 就職・復職における問題点と連続・継続的な支援の必要性
 II 外来通院による社会・認知リハビリテーション
  1 就職・復職支援に向けた基本条件
  2 地域生活状況の把握
  3 地域生活への課題
  4 地域福祉施設の活用
 III 職能科における評価・訓練
  1 個別訓練
  2 集団訓練
  3 職場内リハビリテーション
 IV 就労支援ネットワーク
  1 地域福祉施設から職業リハビリテーションへの移行
  2 職能科における職業リハビリテーション機関への移行の目安
  3 職能科における連携の実際
 おわりに
第6章 相談支援
 I 情報収集とアセスメント
  1 情報収集
  2 支援を描く
  3 専門的医療機関の活用
  4 面談を行うときの配慮
 II 社会保障制度の活用
  1 医療費負担軽減
  2 自動車保険
  3 労災保険
  4 公的年金
  5 雇用保険
  6 障害者手帳
  7 障害者自立支援法
  8 介護保険
 III 当事者への支援
  1 当事者が抱く困惑
  2 生活障害の確認と方略の検討
  3 当事者の内実
 IV 家族への支援
  1 生活に伴う負担
  2 波及していく負担
  3 一体的に行われる当事者支援と家族支援
 V 地域福祉サービスの活用
 VI おわりに
第7章 当事者団体の取り組み
 I 協働事業室
  1 体験の共有による相互支援(ピアサポート)
  2 高次能機能障害に関する生活相談(ソーシャルワーカー等との協働)
  3 情報収集と提供
  4 本人の学習・作業活動の開催(社会参加への支援)
 II 家族会の活動
  1 家族会の設立
  2 障害者団体としての出発
  3 行政への働きかけ
  4 「その他の障害」からの脱却
  5 居場所のない当事者への支援
  6 全国実態調査の実施
  7 全国組織としての取り組み
 III おわりに

索引
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。