レンタルオフィス 札幌市 賃貸 理学療法・作業療法・言語療法の勉強に役立つリハビリテーション本専門店【Amazon】 リハビリナース2011年秋季増刊 脳卒中リハビリテーション看護

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリナース2011年秋季増刊 脳卒中リハビリテーション看護

正式HPは★リハビリテーションライブラリー★です。
覗いて見て下さいね。
リハビリ本を1000冊以上取り揃えています。

リハビリナース2011年秋季増刊 脳卒中リハビリテーション看護

【内容】

「しているADL」を「するADL」にするのがリハビリ看護のおもしろさ。患者さんの力を引き出し、生活の立て直しをうながすためのかかわりを取り上げる。知識を整理する総論とともに、55もの事例が載っているので、病棟で困っている事例のヒントが必ず見つかる。

【目次】

・はじめに


■1章 おさらいの基礎知識
●A 日本での脳卒中の動向

●B 脳卒中のメカニズム

●C 脳卒中が引き起こす障害の特徴

●D 指導者としてのリハビリテーション看護師
・1 患者・家族の行動変容へのサポート
・2 患者の学習支援に関する理論

●E 脳卒中リハビリテーション看護で生かす患者・家族の危機理論


■2章 廃用症候群予防への支援
●A 活動性増加とリスク管理
・1 長期の人工呼吸管理、臥床生活のためうつ状態になっているAさん
・2 転院後、動こうとしなかったBさん
・3 重度意識障害でも集団認知療法で反応が引き出せたCさん
・4 しびれと熱感で、パニックになったDさん

●B 体位変換・早期座位保持から立位保持への支援
・1 不安・心不全があり、リハビリがすすまないAさん
・2 痛みを訴えるBさん
・3 座位保持がうまくできないCさん

●C 移乗・移動動作の支援
・1 1人でトイレに行きたいという思いをもっていたAさん
・2 下肢装具の装着を嫌がるBさん
・3 リハビリを拒否して離床が進まないCさん


■3章 生活の再構築のための支援
●A日常生活活動(ADL)自立への支援
・1 やらされている感が強かったAさん
・2 訓練をすれば完全に治ると思い、活動制限にストレスを感じているBさん
・3 行動変容へのきっかけづくりをしたCさん
・4 自己尊重低下を来したDさん
・5 経口摂取が進まないEさん
・6 嚥下造影検査で設定された条件で食事を開始したがむせてしまったFさん
・7 食べこぼしが多く、次々に口に運んでしまうGさん
・8 PEG造設を嫌がっていたHさん
・9 移乗の際の恐怖心を軽減できたIさん
・10 車椅子から突然立ち上がってしまうJさん
・11 整容に気持ちが向かなかったKさん
・12 食事の自立から歯磨き・整髪も可能となったLさん
・13 希望へのかかわりをとおして前向きな気持ちを引き出したMさん
・14 シャワーをきっかけに覚醒がうながされたNさん
・15 トイレットペーパーがうまく切れないOさん
・16 夜間の排泄が自立できないPさん
・17 段階的なかかわりで、更衣が自立したQさん
・18 口を使った更衣を受け入れられなかったRさん

●B 運動機能障害患者の生活再構築支援
・1 自分の将来イメージから生活習慣改善の目標を見つけたAさん
・2 脳卒中再発予防教室への参加をとおして意識が変わったBさん
・3 空の薬袋をとっておくことで服薬自己管理につながったCさん
・4 服薬動作を工夫したDさん
・5 転倒を繰り返すEさん
・6 インスリンと腹膜透析の自己管理が必要だったFさん
・7 せん妄と失語のため妻が近寄れなかったGさん

●C 高次脳機能障害患者の生活再構築支援
・1 コミュニケーションをあきらめている失語のAさん
・2 外泊訓練後、妻が不安を感じていたBさん
・3 泣いてばかりいる失語患者のCさん
・4 すべての質問にうなずく全失語のDさん
・5 「壁から手が出てくるから食堂に行きたくない」と話したEさん
・6 将来を悲観してうつ状態となっているFさん
・7 注意を転換することでスムーズに入浴できるようになったGさん
・8 食事環境調整と化粧を取り入れた注意障害のあるHさん
・9 半側空間無視があり不安が強いI さん
・10 趣味を生かしたかかわりで、高次脳機能障害が改善したJさん
・11 記憶障害のあったKさん
・12 言葉が伝わらなくても、自発的な訴えが増えたLさん
・13 麻痺側への意識づけをした身体失認があるMさん
・14 失語のためコミュニケーションがむずかしかったNさん


■4章 在宅生活に向けての支援
●A 役割創出と社会参加支援
・1 退院後の役割を見据えてできることを積み重ねたAさん
・2 その人らしい生活を支援したBさん

●B 社会資源の活用
・1 退院に対して不安を感じているAさん
・2 家族にかける負担に心を痛めていたBさん

●C 地域の多職種との連携
・1 急性期と回復期で情報を共有したAさん
・2 急性期病棟で退院調整を行ったBさん


・執筆者一覧
・Key Word一覧

索引

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
フリーエリア
おススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。